鈴木亜美が桜蘭高校ホスト部に出演

鈴木亜美が出演するドラマ「桜蘭高校ホスト部」の第1話の視聴率と感想です。

第1話のあらすじは「桜蘭高校ホスト部のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。

ドラマ「桜蘭高校ホスト部」の第1話は面白かった。桜蘭高校ホスト部を観るつもりはなかったのだが、つまらないドラマの視聴を打ち切りにしたら、時間が空いたので、ドラマ「桜蘭高校ホスト部」を観た。

ドラマ「桜蘭高校ホスト部」は30分ドラマなのでテンポ良く話しが進み、面白かった。ホスト部員の簡単な紹介もあり、一通りの状況は理解できた。

ただ、貧乏の藤岡ハルヒ(川口春奈)が、セレブ学校の桜蘭高校へ入学した経緯が分からなかった。藤岡ハルヒは、奨学金で入学したので、頭は良いのだろうが、桜蘭高校を選んだ理由が分からない。

実は、第1話の前にエピソード0を放送していたようだ。私はエピソード0を観ていないので、エピソード0の内容は分からないが、エピソード0で色々と状況説明があったのかもしれない。

さて、ドラマ「桜蘭高校ホスト部」の第1話には、往年のアイドル鈴木亜美が出演しているというので、楽しみにしていたのだが、鈴木亜美を判別できなかった。

29歳の鈴木亜美に女子高生役は無理だろうと考え、女子高生を排除しならが記憶をたどっていくと、残った登場人物は藤岡ハルヒ(川口春奈)の母親・藤岡琴子だけだった。

藤岡ハルヒ(川口春奈)の母親・藤岡琴子は10年前に死んでいるので、写真での登場だった。鈴木亜美の顔は変わり果てていた。

母親の藤岡琴子に、アイドルだったころの鈴木亜美の面影は無かったが、久しぶりに鈴木亜美を観られて良かった。死人役なら紺野まひるでも良かったかもしれない。

ドラマ「桜蘭高校ホスト部」の原作や主題歌は「2011年7月期の夏ドラマの一覧」をご覧下さい。