それでも、生きてゆく-第5話の感想

大竹しのぶが出演するフジテレビの木曜10時ドラマ「それでも、生きてゆく」の第5話「居場所を求めて」の視聴率と感想です。視聴率は「2011年夏ドラマの視聴率」をご覧下さい。

第5話のあらすじは「それでも、生きてゆく-第5話のあらすじ」をご覧下さい。

ドラマ「それでも、生きてゆく」の第5話は面倒だった。暑くなるってくると、考えるドラマは面倒だ。夏はヒューマンドラマよりも、ゾッとするようなミステリーの方が良い。

さて、野本響子(大竹しのぶ)は、娘の深見亜季(信太真紀)が殺された湖で自殺しようとしたが、思いとどまって帰宅した。

娘を亡くした母親は、母親でも人間でもなく、野本響子(大竹しのぶ)はただ息をしているだけの存在でしかなかった。

自殺を図った野本響子(大竹しのぶ)は、夢の中に少年Aこと三崎文哉(ジャニーズJr.の風間俊介)が登場し、三崎文哉も自分と同じ「人を止めた人間」だと気付いた。

そして、このまま死んでしまうと深見亜季(信太真紀)が悲しむと思った野本響子(大竹しのぶ)は、自殺を思いとどまり、三崎文哉(風間俊介)に会うことを決意していた。

野本響子(大竹しのぶ)が自殺を図ったという直接的な表現はないが、台詞を考えると、深見亜季(信太真紀)が殺された湖で睡眠薬を飲んで自殺を図ったと考えるのが自然だろう。

野本響子(大竹しのぶ)は長台詞で心境を独白していた。大変だったとは思うが、私の部屋は暑いし、もう眠かったので、長台詞は邪魔だった。適当なところで打ち切って欲しかった。

野本響子の事を思って頑張っていた日垣耕平(田中圭)の努力は無駄だった。自分を責めたり、事件を忘れるだけでは、何も解決しないということだろう。

野本響子(大竹しのぶ)が出て行くことは、野本響子にとっても、日垣耕平(田中圭)の家族にとっても良いことだと思う。

日垣耕平(田中圭)は妻・日垣由佳(村川絵梨)の実家に住むマスオ状態で、野本響子(大竹しのぶ)も居候させてもらっている状態だった。

日垣由佳(村川絵梨)は実家なのに、日垣耕平(田中圭)や野本響子(大竹しのぶ)に気を遣っていたので、かわいそうだった。だから、野本響子が出て行って良かったと思う。

一方、遠山隆美(風吹ジュン)は、人殺しだから三崎文哉(ジャニーズJr.の風間俊介)を嫌いというわけではなく、初めて会った時から嫌いだったようだ。

遠山隆美(風吹ジュン)が手を握っても、三崎文哉(風間俊介)は握りかえしてくれなかったので、何か違和感を感じていたようだ。

三崎文哉(風間俊介)は父・三崎駿輔(時任三郎)の再婚に、抑鬱とした感情を抱いていたのだろう。三崎文哉が深見亜季(信太真紀)を殺害した動機は、父・三崎駿輔の再婚にあるのかもしれない。

さて、藤村五月(倉科カナ)は深見洋貴(瑛太)の事が好きになったようだ。少し唐突な感じもするが、同じ被害者同士なので、共感するものがあったのかもしれない。

深見洋貴(瑛太)と藤村五月(倉科カナ)と遠山双葉(満島ひかり)の3角関係に発展するのだろうか。

ただ、遠山双葉(満島ひかり)は「被害者家族は幸せになってはいけない」と考えているようだ。

遠山双葉が女の子らしい服を着ないところは、そういう思想の現れだろう。だから、遠山双葉の心境の変化は服装に現れるかもしれない。

深見洋貴(瑛太)は、妹・深見亜季(信太真紀)が殺されていた時にレンタルビデオ店でアダルトビデオを借りていたことがトラウマになり、童貞を続けている。

2人のチンチクリンな関係が、変な喋り方に反映されているのだろうか。藤村五月(倉科カナ)は2人の間に割っては入り、どんどん暴れて欲しい。

さて、三崎文哉(ジャニーズJr.の風間俊介)が医療少年院に入っていたとき、三崎文哉を担当していた看護師・東雪恵は行方不明になっている。

東雪恵は三崎文哉(風間俊介)に殺されたのだろうか。気になる人物である。第6話が楽しみだ。「それでも、生きてゆく-第6話のあらすじとネタバレ」へ続く。

ドラマ「それでも、生きてゆく」の主題歌や原作は、「それでも、生きてゆくの主題歌や原作」をご覧下さい。