南極物語で樺太犬タロとジロが誕生するあらすじ

菊池徹や樺太犬のタロ・ジロが登場する実話「南極物語」のあらすじとネタバレの「樺太犬タロとジロの誕生秘話のネタバレ」です。目次は「実話『南極物語』のあらすじとネタバレ」です。

このページは「南極物語で第1次越冬隊が誕生した理由のネタバレ」からの続きです。

1956年1月、南極観測隊に犬ぞりを使用することが正式に決定する。当初の計画では、雪上車を使用するため、犬ぞりを使う計画は無かった。

しかし、南極観測隊の副隊長として後から加わった西堀栄三郎が犬ぞりの重要性を指摘し、第1次南極観測隊は犬ぞりを採用することになった。

日本初の南極探検隊「白瀬探検隊」も樺太犬の犬ぞりを使用していたし、各国の探検隊がハスキーやサモエドの犬ぞりを使用していた。ある意味、南極探検に犬ぞりは付き物だった。

西堀栄三郎は、北海道大学に居る極地研究の第1人者・加納一郎と相談しており、加納一郎も犬ぞりの使用を勧めていた。

西堀栄三郎には、京都大学山岳部の後輩で、犬ぞりの研究をした梅棹忠夫がいた。

梅棹忠夫が日本で唯一、樺太犬と犬ぞりに関する論文を発表していた。梅棹忠夫の犬ぞり論文を雑誌に取り上げたのが、加納一郎だった。

外国のチームはハスキーやサモエドを犬ぞりに使用していたが、西堀栄三郎は「日本には樺太犬がいる。樺太犬の素晴らしさを世界に教えよう」と言い、犬ぞりに樺太犬を採用することを決めた。

北海道大学には生態学の権威・犬飼哲夫が居た。犬飼哲夫は樺太犬研究の第1人者でもあり、西堀栄三郎は犬飼哲夫に頼めば、樺太犬は何とかなるだろうと考えていた。

樺太犬の採用が正式に決定すると、西堀栄三郎は北海道へ飛び、北海道大学の犬飼哲夫に樺太犬集めを依頼する。しかし、樺太犬を購入するお金は用意できていなかった。

西堀栄三郎が南極観測計画に加わった時には、既に南極観測事業の予算が組まれており、新たな計画に割り当てる予算は無かった。

このため、第1次南極観測隊が越冬する準備には、朝日新聞が寄附した1億円や国民からの募金4500万円があてられている。

南極観測は国家事業になったため、何をするにしても手続きに時間がかかった。国家事業ゆえの欠点だった。

とはいえ、樺太犬の訓練に時間が必用だった。手続きなど待っていられない。1956年(昭和31年)1月、北海道に飛んだ西堀栄三郎は「お金は何とかする」と言い、犬飼哲夫に樺太犬集めを頼んだ。

しかし、樺太犬集めも簡単ではなかった。樺太犬とは樺太や千島列島に生息する犬だが、第2次世界大戦で敗北した日本は南樺太などを放棄しており、樺太で樺太犬を調達することはできなかった。

このため、犬飼哲夫は北海道内で樺太犬を調達することになる。当時、北海道内に生息する樺太犬は991頭だけだった。そのうち、犬ぞりに適した樺太犬は49頭しかいなかった。

犬飼哲夫は銀行でお金を借り、犬ぞりに適した樺太犬49頭を集める。そして、北海道稚内市の公園裏山に「南極学術探検・樺太犬訓練所」を開設する。訓練所は稚内市が好意で提供してくれた場所だった。
1956年(昭和31年)3月20日より、「南極学術探検・樺太犬訓練所」で犬ぞりの訓練が始まる。もう春が訪れようとしており、残雪を使っての訓練だった。

訓練を開始した樺太犬49頭の中にはタロやジロも居る。こうして、樺太犬のタロとジロと運命の針が進み始めた。

そして、ある日、菊池徹や北村泰一らは犬係として、稚内市にある樺太犬訓練所に呼ばれるのであった。「南極物語で中部日本新聞社の飛行機が墜落」へ続く。

南極物語で樺太犬タロとジロが誕生するあらすじへのコメント

いい話だ。かんどうするーー

  • 投稿者-
  • キャサリン
  • -2012年8月29日