華和家の四姉妹-第6話のあらすじとネタバレ

NEWSの加藤成亮が出演するTBSのドラマ「華和家の四姉妹(はなわけのよんしまい)」の第6話のあらすとネタバレのあらすじ編です。

第5話のあらすじは「華和家の四姉妹-第5話のあらすじ」をご覧下さい。主題歌や原作は、「『華和家の四姉妹』の主題歌と原作」をご覧下さい。

元夫の山根克彦(田中哲司)の自宅へ戻ってきた華和桜子(貫地谷しほり)は、益子正三郎(NEWSの加藤成亮)と一晩中写真を撮影していたと説明するが、山根克彦は不信感を抱いていた。

一方、帰宅した益子正三郎(NEWSの加藤成亮)は華和桜子(貫地谷しほり)に、「仕事でトラブルになり一晩中職場に居た」と話したが、華和桜子は不信感を抱く。

ある日、華和藤子(吉瀬美智子)はお見合いパーティーを取材していると、医者の小野寺(葛山信吾)にナンパされた。

一方、華和竹美(観月ありさ)は子供を連れて路上を歩いていると、女性に声をかけられた。女性は山根克彦(田中哲司)の秘書を務める森綾子(森脇英理子)だった。

森綾子(森脇英理子)は「もう克彦さんと会わないで下さい」と告げると、華和竹美(観月ありさ)は「大丈夫、私たちはもう終わっているから」と答えた。

あるとき、華和藤子(吉瀬美智子)は、お見合いパーティーでナンパされた医師・小野寺(葛山信吾)と食事する。小野寺は華和藤子に「結婚を前向きに考えて欲しい」とプロポーズした。

一方、吉安コージ(勝信)は華和うめ(川島海荷)に「飲み会のことを何も覚えていない」と打ち明ける。華和うめは、キスしたことも覚えていないことにショックを受けて、大学を飛び出す。

華和うめ(川島海荷)が街中で落ち込んでいると、ミスキャンパスの畑野ゆかり(鈴木ちなみ)が男とホテルへ入っていく様子を目撃する。華和うめは、その様子を携帯電話で動画撮影した。

翌日、華和竹美(観月ありさ)が公園で子供たちを遊ばせていると、カメラマンの益子正三郎(NEWSの加藤成亮)がやってきた。2人はベンチに座って話す。

子供たちは、益子正三郎が華和竹美の新しい彼氏だと思い、父親の山根克彦(田中哲司)に携帯電話で2人を写真撮影してメールする。

そのころ、山根克彦(田中哲司)は大株主との重要な会議へ向かっていたが、子供から写メールを受け取ると、会議を放りだして、華和竹美(観月ありさ)が居る公園へと向かった。

益子正三郎(NEWSの加藤成亮)は「俺の側に居て欲しい」と告白するが、華和竹美(観月ありさ)は「私は1人が楽。これからも1人で生きていく」と答えた。

そこへ、山根克彦(田中哲司)がやってくる。山根克彦が益子正三郎に「2人だけにして欲しい」とい告げると、益子正三郎は「諦めませんから」と言い残して立ち去った。

山根克彦(田中哲司)は華和竹美(観月ありさ)に「桜子ちゃんの彼氏だろ。あいつに何されたの」と詰め寄ると、華和竹美は「2年前に別れた時と同じ。あのときから全然かわってない」と答えた。

そこで、山根克彦(田中哲司)の携帯電話が鳴る。共同経営者の宮下からの電話だったが、山根克彦は電話に出ず、華和竹美(観月ありさ)にプロポーズした。「華和家の四姉妹-第6話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。