うぬぼれ刑事の最終回の犯人ネタバレ

ドラマ「うぬぼれ刑事(デカ)」の最終回「赤い彗星」のあらすじとネタバレ後半です。前半は「うぬぼれ刑事の最終回『赤い彗星』のあらすじとネタバレ」です。

桜市太郎と日暮里恵の関連について調べる。桜市太郎は日暮里恵の1歳下の弟だった。借金に苦しんでした両親は、日暮里恵が13歳の時に離婚した。日暮里恵は父親に引き取られ、桜市太郎は母親に引き取られていた。

うぬぼれ刑事は桜市太郎の取り調べを始める。日暮里恵は高校卒業後専門学校を経て、ひばり銀行へ就職した。

無職だった桜市太郎がお金の無心に行くと、日暮里恵は温めていた計画を打ち明けた。

そして、日暮里恵は掲示板で仲間を募集した。桜市太郎が「神」になりすまして「月」「無」へ指示を出し、日暮里恵が内部から手引きしてお金を奪った。これが「ひばり銀行強盗事件」の真相だった。

その後、日暮里恵はひばり銀行を辞めた。そこまでは計画通りだった。

しばらくして、「空き家を見張らせてください」と言って、うぬぼれ刑事が部屋にやってきた。日暮里恵は警察の情報を探るために、うぬぼれ刑事と付き合った。しかし、そのうち、本当に好きになってしまった。

日暮里恵は、自分は犯罪者だと告白してもうぬぼれ刑事は変らずに自分のことを愛してくれると知っていた。それが辛くて、1年前にうぬぼれ刑事と別れた。

そして、日暮里恵は冴木優(荒川良々)と付き合い始めた。今度は絶対に刑事を好きにならない自信はあったが、冴木優がうぬぼれ刑事とコンビを組んだので、再びうぬぼれ刑事のことが気になっていたのだった。

そこへ、日暮里恵が捕まったという情報が入る。福島県で旅一座と一緒に居るところを確保されたという。

うぬぼれ刑事はうぬぼれ5のメンバーに土下座して計画への協力を頼む。栗橋誠(坂東三津五郎)が「彼女を本気で幸せにしたいんだな。クビになる覚悟なんだな」と決意を確かめる。うぬぼれ刑事は「犯罪者だけを愛してきたケジメです。彼女を幸せに出来るのは僕だけです。」と答える。

うぬぼれ5のメンバーは警察から搬送中の日暮里恵を略奪する。日暮里恵を連れて行った先は、うぬぼれ刑事が待つ教会だった。

ウエディングドレスを着た日暮里恵が左手を差し出すと、うぬぼれ刑事は指輪ではなく手錠をかけた。

うぬぼれ刑事は「君は犯罪者だ。しかし、犯罪が無ければ僕と君は出会わなかった。君の犯した罪が僕たちの仲を取り持った。つまり、この逮捕は結婚よりも重い」と語る。

そして、「僕のぶんは書いておいた。君のぶんは拘置所で記入して弁護士に渡してくれ。それで僕たちは夫婦だ」と言って結婚届を差し出した。

日暮里恵は「ありがとう」と答えた。うぬぼれ刑事はベールを上げて唇を覆った。

記念写真を終えると日暮里恵をウエディングドレスのままパトカーに乗り込んだ。日暮里恵は最後に「会津磐梯山(あいずばんだいさん)よりも愛してる」とうぬぼれ刑事に告白した。

結婚したうぬぼれ刑事の視センサーは犯罪者に反応せず、一目惚れしなくなっていた。うぬぼれから卒業するのかと思われたが、冴木優の後任として配属された女刑事・高峰(酒井若菜)に視センサーが反応し、一目惚れしてしまうのだった。

本城サダメは日米合作のゾンビ役に抜擢された。

月影葉造(西田敏行)が畑で仕事をしていると、万札を加えた木村さん家のジョンがやってきた。月影葉造が、ジョンが示した場所を掘ると、ひばり銀行強盗事件で奪われた3~4億円が出て来た。

さて、ドラマ「うぬぼれ刑事」最終回を迎えて終了しました。全話を通じた感想は「うぬぼれ刑事の最終回の感想」をご覧下さい。

プレゼントクイズの答えは「うぬぼれとの結婚式のあと、里恵がうぬぼれに告げた言葉は?」をご覧下さい。