美男ですね-第10話のあらすじとネタバレ

Kis-My-Ft2(キスマイ)の玉森裕太が出演するTBSのイケメンドラマ「美男ですね(イケメンですね)」の第10話のあらすとネタバレのあらすじ編です。

第9話のあらすじは「美男ですね-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。主題歌や原作は、「『美男ですね(イケメンですね)』の主題歌や原作」をご覧下さい。

週刊誌の記者・出口(六角精児)から、桜庭美子(瀧本美織)と桜庭美男(瀧本美織=1人2役)のツーショット写真での取材を申し込まれ、A.N.JELL(エーエンジェル)のマネージャー馬淵始(柳沢慎吾)は苦悩していた。

困った馬淵始(柳沢慎吾)は、沖縄でのサイン会を引き受ける。記者を避けるには東京を離れるのが1番だったからだ。

しかし、桜庭美子(瀧本美織)と距離を置く桂木廉(Kis-My-Ft2の玉森裕太)は、沖縄行きを断り、桜庭美子(瀧本美織)ら3人だけで沖縄へ向かう。

翌日、水沢麗子(萬田久子)は桂木廉(玉森裕太)に、「美子は私の友人だった」と明かし、封筒を手渡す。

その日夜、藤城柊(Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔)は沖縄のホテルで桜庭美子(瀧本美織)に、「ずっと好きだった。俺じゃ廉(れん)の代わりになれないか」と問う。

桜庭美子(瀧本美織)は「いつも思ってくれてありがとうございます。でも、ごめんなさい。私の気持ちは変わりません」と答えて立ち去ろうとする。すると、藤城柊(藤ヶ谷太輔)は桜庭美子を抱きしめた。

沖縄まで追いかけてきた桂木廉(玉森裕太)は、偶然その様子を目撃してしまう。藤城柊(藤ヶ谷太輔)は桂木廉が観ていることに気付き、桜庭美子(瀧本美織)を抱きしめたのだった。

桂木廉(玉森裕太)は踵を返して立ち去る。桜庭美子(瀧本美織)がホテルへ戻ると、ボーイは「廉様から、お預かりしました」と言い、封筒を渡す。

桜庭美子(瀧本美織)が封筒を開けると、なかから1枚の写真が出てきた。写真には1人の女性が写っていた。桜庭美子(瀧本美織)はホテルを出て桂木廉(玉森裕太)を追いかける。

桂木廉(玉森裕太)は星を見ていた。桜庭美子(瀧本美織)が写真について問うと、桂木廉は「お前の母親だ。俺の母親の友人で、歌手を目指していたらしい」と教えた。

桜庭美子は「私の母親のせいで、廉さんが捨てられた。私も廉さんの顔を見るのが辛いです。一緒に星を見ていたかったけど、私は廉さんの見えない場所へ行きます。私が居ると、廉さんも苦しむと思うから」と告げると、桂木廉は「そうか」と言い立ち去った。

翌日、エーエンジェルの沖縄サイン会が終わると、出発までは自由行動になった。桂木廉(玉森裕太)は「俺は先に帰る」と言い、立ち去ろうとすると、藤城柊(藤ヶ谷太輔)が桂木廉を呼び止めた。

藤城柊(藤ヶ谷太輔)は桂木廉(玉森裕太)に、「美子にふられたよ。お前をぶん殴ってやりたいが、仲間は嫌いになれない。だから頼む。美子を泣かせるようなことはしないでくれ」と頼んだ。

一方、本郷勇気(Hey! Say! JUMPの八乙女光)は桜庭美子(瀧本美織)に、「廉さんは変わった。昔は尖ってた。美子に出会って、ありのままの廉さんで居られるようになったんだね。廉さんは信じていい人だよ」と告げた。

桂木廉(玉森裕太)が東京へ戻ると、NANA(AKB48の小嶋陽菜)に呼び出される。NANAは、週刊誌の記者が桜庭美子(瀧本美織)の正体に気付いて張り込んでいることを教えた。

そして、NANAは「私と付き合っていることにすれば、廉は何も知らなかったって証言してあげる」と持ちかけるが、桂木廉は「ありがとう…とでも言うと思ったのか」と答えた。

NANA(小嶋陽菜)は「私の嘘は見破るのに、どうして本当の気持ちには気付かないの」と訴えると、桂木廉(玉森裕太)は「最後まで嘘つき妖精で通せよ。それがお前のやり方だろ」と答えて立ち去った。

NANA(小嶋陽菜)は桂木廉(玉森裕太)の背中に向かって「ふってやるわよ。あんたなんて、だいっ嫌い」と叫んだ。一筋の滴がNANAの頬をつたう。

美男ですね-第10話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。