イケメンですね-最終回と結末のあらすじとネタバレ

Kis-My-Ft2(キスマイ)の玉森裕太が出演するTBSの日本版ドラマ「美男ですね(イケメンですね)」の最終回(第11話)のあらすじとネタバレのネタバレ編です。

このページは「美男ですね-最終回のあらすじとネタバレ」からの続きです。

あるとき、桜庭美子(瀧本美織)は桜庭シゲ子(井森美幸)からの電話を受ける。桜庭シゲ子は「リーダーにお墓の場所を教えた。今行けば会えるかもしれないよ」と教える。

電話を切った桜庭美子(瀧本美織)は悩んだが、意を決すると、部屋を飛び出した。桜庭美子が父親のお墓へ行くと、墓前に花とCDが添えてあった。

桜庭美子(瀧本美織)は「MISS YOU」と書いたCDを抱きしめて、「お母さん、廉さんって優しい人でしょ。私と一緒に居たら、廉さんも苦しむから、さよならするしかないの」と涙を流した。

翌日、桜庭美子(瀧本美織)は水沢麗子(萬田久子)に呼ばれて、病室へ向かう。水沢麗子は桜庭美子に謝罪し、母親のことを話す。桜庭美子は水沢麗子を許し、1つだけ頼み事をした。

桜庭美子(瀧本美織)が帰ると、水沢麗子(萬田久子)は桂木廉(玉森裕太)に電話し、桜庭美子から「今まで寂しい思いをしてきた廉を、2度と1人にしないでくれ」と頼まれたことを明かした。

そして、水沢麗子(萬田久子)は「愛する人と気持ちが通じ合うことほど、幸せなことはない。だから、大切にして欲しい。貴方には後悔して欲しくない」と告げた。

桂木廉(玉森裕太)は「貴方の声を忘れないようにするよ。母さん」と答えると、水沢麗子(萬田久子)は「ありがとう」と声を詰まらせる。

電話を切った桂木廉(玉森裕太)は、児童養護施設「青空学園」へ向かうが、既に桜庭美子(瀧本美織)の姿はなかった。青空学園の室内は、星の飾り物で一杯になっていた。

桂木廉(玉森裕太)が女の子に桜庭美子(瀧本美織)のことを尋ねると、女の子は「一番好きな星を見に行くんだって」と答えた。

そのころ、桜庭美子(瀧本美織)の姿はコンサート会場の客席にあった。NANA(AKB48の小嶋陽菜)もコンサート会場にやってくる。

急いでコンサート会場へ向かった桂木廉(玉森裕太)はステージから桜庭美子(瀧本美織)を探すが、見つからない。

控え室に戻った桂木廉(玉森裕太)は、A.N.JELLのメンバーに、1曲目に披露する曲を変更したいと頼んだ。

A.N.JELLのコンサートが始まる。桂木廉(玉森裕太)が最初に選んだ曲は「MISS YOU」だった。「MISS YOU」が終わると、桂木廉(玉森裕太)は「居るんだろ」と客席に語りかける。

お前は俺を星だと言ったけど、お前も俺の心をいつも照らしてくれてた。お前がいない世界は、俺には暗すぎて何も見えない。「近くにいろ」と言ったのになぜ側に居ない。俺はお前を見失うわけにはいかない。お前の姿が見たいんだ。許可してくれ。

客席のライトが付き、桂木廉(玉森裕太)は客席に桜庭美子(瀧本美織)の姿を見つける。

桂木廉(玉森裕太)はファンをかき分けて桜庭美子(瀧本美織)の元へたどり着くと、「心から願えば、星も掴めると教えてくれたのはお前だ。愛してる」と言って、桜庭美子を抱きしめた。

その日の夜、2人の姿は空港にあった。アフリカへ旅立つ桜庭美子は「アフリカでも星は見られます。星を見て廉さんを思い出します」と話すと、桂木廉は「もっと近くで星を見られるようにしてやる」と言う。

桂木廉は空に手を伸ばして星をつかむと、その手を桜庭美子の前に差し出した。桂木廉がその手を広げると、星の付いたペンダントが現れた。

桂木廉(玉森裕太)は「俺も大事な星を絶対に手放さない」と言い、桜庭美子(瀧本美織)に唇を重ねた。

2年後、星のペンダントを付けた桜庭美子(瀧本美織)が飛行機を降りる。桜庭美子(瀧本美織)が空港を出ると、待っていた桂木廉(玉森裕太)は「お帰り」と微笑むのであった。

美男ですね(イケメンですね)の最終回の感想」へ続く。

イケメンですね-最終回と結末のあらすじとネタバレへのコメント

最終回がすごく良くてl回やってほしいです

  • 投稿者-
  • マロすむ
  • -2011年9月25日