「夜明けの街で」のネタバレ感想文

深田恭子が出演する映画「夜明けの街で」の原作となる、東野圭吾の小説「夜明けの街で」を読んだ、あらすじとネタバレを含んだ読書感想文の後篇です。

このページは「「夜明けの街で」のあらすじとネタバレ」からの続きです。

このぺーじには、東野圭吾の原作小説「夜明けの街で」のあらすじやネタバレを含んでいるので、あらすじやネタバレを知りたく無い人は閲覧にご注意ください。

仲西秋葉はバー「蝶の巣」で、15年前の事件の真相を追っている釘宮真紀子に質問されたとき、酔っぱらって寝ていた。しかし、これは演技で本当は起きていた。

仲西秋葉は15年前の事件の後、父親から「気を失って倒れたと説明するように」と言われていた。仲西秋葉は15年間も嘘をつき続け、演技し続けていたのだろう。

仲西秋葉は不倫中も含めて、どこからどこまでが演技で、どこが本当の仲西秋葉だったのだろうか、と思うと切なくなった。

東野圭吾の原作小説「夜明けの街で」の結末を読んで、東野圭吾の小説「秘密」の結末を思い出した。そう言う意味では、「夜明けの街で」は東野圭吾らしい小説だと思った。

原作小説「夜明けの街で」は「不倫+15年前の殺人事件」というミステリ小説なのだが、不倫がメーンで、15年前の殺人事件の部分は少し弱い。

それに、渡部と仲西秋葉の2人に魅力を感じなかった。渡部は「不倫をするやつば馬鹿だと思う」と考えていたので、渡部にとっては不倫は大きな壁だと思う。

そう考えると、仲西秋葉に不倫という障壁を上回るほどの魅力を感じなかったので、不倫が始まるまでの部分が少し強引な気がした。

私は、15年前の殺人事件の真犯人に期待しながら読んでいたので、読み終わった時に多少物足りないと思ったが、不倫の部分だけでも十分に楽しめた。

渡部が愛人の仲西秋葉とクリスマスイブを過ごすために工作したり、仲西秋葉から結婚を迫られて狼狽する様子は非常に滑稽だった。

だから、東野圭吾の原作小説「夜明けの街で」は秀作とは評価できないが、男性でも女性でも十分に楽しめる小説だと思う。

最後に、全てが終わって自宅に戻った渡部は、自宅にある段ボールの中で、妻・渡部有美子が卵の殻で作ったクリスマス用のサンタを見つける。卵で作ったサンタは全て壊れていた。

妻・渡部有美子は、夫・渡部が不倫をしているのを、全て見抜いており、そのうえで、家庭を守るために、平然を装っていたのだろう。

妻・渡部有美子が夫・渡部の布団に潜り込み、セックスを求めるシーンがあった。このとき、妻・渡部有美子はもう、夫の不倫に気付いていたと思う。

妻・渡部有美子はどういう思いで、不倫をしている夫とセックスをしたのだろうか。やはり、家庭を守るためだったのだろうか。

そう考えると、愛人の仲西秋葉とは違った、妻としての怖さがを感じる。やはり、原作は映画よりも面白い。

【送料無料】夜明けの街で(楽天)

「夜明けの街で」のネタバレ感想文へのコメント

今日先ほど、映画をBS日テレで見て、最後良く分からなかったんですが、ここを見て良く分かりました(人´∀`)

  • 投稿者-
  • キラ☆
  • -2014年11月9日