「私が恋愛できない理由」のあらすじとネタバレ

香里奈が主演するフジテレビの月曜9時ドラマ「私が恋愛できない理由」の第1話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

ドラマ「私が恋愛できない理由」の主題歌や原作については「『私が恋愛できない理由』の原作や主題歌」をご覧ください。お薦め原作は「お薦めの原作」をご覧ください。

ある日の夜。女性たちだけで、高校時代の演劇部の同窓会が行われた。お店を変えて、2次会へ行こうと提案するが、みんな「家で旦那が待っている」「彼氏と待ち合わせしてて」などと口々にする。

女の友情はハムより薄い。2次会へ出席したのは、藤井恵美(香里奈)と後輩の小倉咲(吉高由里子)の2人だけだった。

小倉咲(吉高由里子)は「最近、1人で暗い部屋へ帰るのが寂しい。ルームシェアなら家賃も半分になる」と言い、藤井恵美(香里奈)にルームシェアを提案した。

藤井恵美(香里奈)はルームシェアに賛成する。小倉咲(吉高由里子)は「2人だと割れた時に最悪。南極の越冬隊でも女は奇数にするのよ。偶数だと割れるから」と言い、越冬隊員もう1人探すことになる。

ある日、藤井恵美(香里奈)が勤務するイベント照明会社「ライティングワークス」に、アメリカ研修から長谷川優(田中圭)が帰ってきた。長谷川優は、藤井恵美の元恋人だった。

一方、小倉咲(吉高由里子)は3人目の越冬隊員(ルームシェアする人)を見つけていた。その人は、小倉咲の2年後輩で、「チェーホフの真子」と呼ばれる半沢真子(AKB48の大島優子)だった。

ある日、越冬隊員3人が集まり、ルームシェアする家へ向かう。同居する家は、海外に居る半沢真子(AKB48の大島優子)の叔母の一軒家だった。家は広く、部屋も3部屋あった。

藤井恵美(香里奈)らは早速、引越し、3人による越冬生活が始まる。そして、3人は居間で女子会を開く。豪勢な料理が並んでいたが、半沢真子(AKB48の大島優子)が1人500円の予算で作ったものだった。

女子会をする度に1人500円を貯金箱に入れる。それが、藤井恵美(香里奈)ら越冬隊3人の決まりになった。

半沢真子(AKB48の大島優子)は女子会の最中に携帯電話を気にする。半沢真子は会社で憧れの先輩・木崎俊哉(中村竜)から連絡先を聞かれており、メールアドレスを教えていたのだった。

小倉咲(吉高由里子)は「重すぎ。絶対に連絡しちゃ駄目だよ。男はハンターなの。自分から連絡してくるような女に狩猟本能をかき立て垂れると思う?ハンターは身軽な女が好きなの」と忠告する。

重くなったら恋愛は終わり。「マンションを買ったら終わり」「犬を飼い始めたら終わり」「浮気したら終わり」これが小倉咲(吉高由里子)の恋愛3箇条だった。

藤井恵美(香里奈)は3年前に付き合っていた男性が居た事を明かす。しかし、「お前とは友達でいたい」と言われ、わずか1週間でふられていた。

半沢真子(大島優子)は、3人は恋愛砂漠で、わびしい女子会トークになってしまうことに肩を落とす。

翌日の夜、帰宅した小倉咲(吉高由里子)が合コンの約束を取り付けてくるが、藤井恵美(香里奈)は「着ていく服がない」と言い出す。小倉咲が藤井恵美のクローゼットを確認するが、地味な服しかない。

翌日、小倉咲(吉高由里子)は藤井恵美(香里奈)を連れて服を買いに行く。藤井恵美は高級ブランドで流行の服をチェックし、安い店で似たような服を見つける。そして、バッグはレンタルした。

藤井恵美(香里奈)はバッグがレンタルできることに、「ビデオ以外でレンタルしたのは初めてよ」と驚く。

ショッピングをしていると夜になる。藤井恵美(香里奈)が「食事でもしていかない」と誘うが、小倉咲(吉高由里子)は「今晩は予定があるから」と言い、2人は別れる。

1人になった藤井恵美(香里奈)は半沢真子(AKB48の大島優子)に電話を掛けて食事に誘うが、半沢真子は「取り込み中なの。ごめんなさい」と言って、電話を切ってしまった。

そのとき、半沢真子(AKB48の大島優子)は憧れの先輩・木崎俊哉(中村竜)から誘われ、レストランで食事をしているところだった。

食事が終わると、木崎俊哉は「送っていくよ」と誘うが、半沢真子は「大丈夫です」と断ってしまうのであった。「『私が恋愛できない理由』のあらすじとネタバレの後編」へ続く。