「蜜の味 A Taste Of Honey」の視聴率と感想

ARATAが出演するフジテレビの木曜10時ドラマ「蜜の味 A Taste Of Honey」の第2話の視聴率と感想です第2話の視聴率は8.2%です。その他の視聴率は「秋ドラマの視聴率一覧」をご覧ください。

ドラマ「蜜の味」の第2話のあらすじは「蜜の味-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「蜜の味 A Taste Of Honey」の第2話は面白かった。期待したとおり、ドロドロした感じのドラマに成ってきた。

榮倉奈々が菅野美穂を追い詰めていくのかと心配していたのだが、正妻になる菅野美穂が榮倉奈々を排除する形になったので安心した。やはり、菅野美穂は人を追い詰める方が似合っている。

原田彩(菅野美穂)が風邪をひいた森本直子(榮倉奈々)のアパートを訪れ、森本直子を診察して薬を渡すシーンがあった。

原田彩(菅野美穂)が森本直子(榮倉奈々)を診察したのは、森本直子のアパートを訪れた時が初めてである。にもかかわらず、原田彩は既に森本直子のための薬を用意していた。

つまり、原田彩(菅野美穂)は森本直子(榮倉奈々)を診察する前に、薬を処方していたことになる。

あの薬は毒が入っているに違いない。森本直子(榮倉奈々)が薬を飲んだら死ぬのではないかと期待していたのだが、残念ながら森本直子が薬を飲むシーンは無かった。

菅野美穂が持参した物は怖い。菅野美穂はドラマ「ギルティー」で次々と毒殺した前科があるので、菅野美穂が持ってきた物には全て毒が入っていそうな気がする。

だから、原田彩(菅野美穂)が持ってきた薬にも毒が入っているのではないか、と疑ってしまう。

薬の中には解熱鎮痛剤が入っているようだった。解熱鎮痛剤は安易に使われがちだが、色々な副作用がある。

やはり、菅野美穂が持ってきた物には、気が許せない。原田彩(菅野美穂)が持ってきた薬は最終回の伏線になっているのかもしれない。

さて、原田彩(菅野美穂)と池澤雅人(ARATA)の2人が、池澤雅人の実家がある牛窓を訪れた時、原田彩がDNAの話しをしていた。

やはり、池澤雅人(ARATA)の出生に秘密があり、森本直子(榮倉奈々)との血縁関係の話しへと発展し、DNAの問題になるのだろうか。

単に、池澤雅人(ARATA)と森本直子(榮倉奈々)との血縁関係ではなく、原田彩(菅野美穂)がDNA鑑定の結果をねつ造して、森本直子を徹底的に追い詰めて欲しい。

さて、池澤雅人(ARATA)はカツラだろう。森本直子(榮倉奈々)もカツラのように思える。ARATAはカツラを被り、榮倉奈々は、ウィッグをしているのだろう。

カツラとカツラということで、ズラつながりの2人は何か秘密がありそうな気がする。ARATAと榮倉奈々とのカツラは、最終回の伏線になってるのかもしれない。

基本的には、原田彩(菅野美穂)と森本直子(榮倉奈々)の対決で進んで欲しいが、頼陽華(木村文乃)や白井かな(西山茉希)らの行動にも注目したい。第3話からの展開に期待したい。「蜜の味-第3話のあらすじとネタバレ」へ続く。

ドラマ「蜜の味」の主題歌と原作は「蜜の味-原作と主題歌」をご覧ください。お薦めの原作は「映画やドラマの原作」をご覧ください。