私が恋愛できない理由-第2話のあらすじとネタバレ

吉高由里子が出演するフジテレビの月曜9時ドラマ「私が恋愛できない理由」の第2話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

第1話のあらすじは「『私が恋愛できない理由』のあらすじとネタバレ」をご覧ください。原作と主題歌は「『私が恋愛できない理由』の主題歌と原作」をご覧ください

誕生日に長谷川優(田中圭)から呼びだれていた藤井恵美(香里奈)が自宅へ帰ってきた。藤井恵美は小倉咲(吉高由里子)らに、長谷川優から結婚相手の女性を紹介されたことを明かした。

ある日の夜、白石美鈴(稲森いずみ)が夫の白石拓海(萩原聖人)に図面を差し出す。白石美鈴は家の新築を考えていたが、白石拓海はあまり乗り気ではなかった。

一方、会社の同僚との飲み会を終えた長谷川優(田中圭)は藤井恵美(香里奈)に、婚約者の前田ひかり(倉科カナ)から、今週末に両親と会うように迫られていることを相談する。

長谷川優(田中圭)は田舎に居る両親を呼ぶ計画を何となく考えていたが、前田ひかり(倉科カナ)には何も話していなかった。長谷川優は、前田ひかりが何でも知りたがることに戸惑っていた。

藤井恵美は「男は言わなくても分かると思っても、女は言わなければ分からないよ」とアドバイスすると、長谷川優は「かっこわるくて言えないよ。お前には何でも話せるのにな」と答えた。

ある日、木崎俊哉(中村竜)は半沢真子(AKB48の大島優子)に「この前のことは気にしてないから、会社では避けないでほしい」と頼むと、半沢真子は「処女は重いって私のことですか」と問うた。

そこで、木崎俊哉(中村竜)は同僚に呼ばれる。木崎俊哉は半沢真子の問いには答えず、「明日から普通にしてくれたら助かる」と言い残して去っていった。

帰宅した半沢真子(大島優子)は、小倉咲(吉高由里子)らに木崎俊哉(中村竜)のことを相談する。小倉咲は「友達から始まるなんて、男の言い訳よ。さっさと諦めなさい」とアドバイスする。

さらに、小倉咲は「そんなに悩むのなら、さっさとセックスしちゃいなさいよ」と忠告するが、半沢真子(大島優子)は「遊びでしか恋をしない咲先輩よりはずっといい」と言い返した。

翌日、藤井恵美(香里奈)の後輩・高橋健太(中尾明慶)は、長谷川優(田中圭)に藤井恵美との関係について、「どうしたら付き合いたいと思った女性を2週間でふれるんですか」と尋ねた。

すると、長谷川優(田中圭)は「あれは俺がふったんじゃない。俺がふられたようなもんだ」と意味深長に答えた。

一方、友達の男に呼ばれて、ベッドの上に横たわる小倉咲(吉高由里子)は、覆い被さる男に「私たちは友達?」と尋ねる。男は適当に小倉咲の質問に合わせて答える。

小倉咲は「わかり合えてるから、楽なんじゃなくて、心が無いから楽なんだよね。友達って言っても、友情も無いよね。ごめん。帰る」と言って、何もせずに帰って行った。

他方、半沢真子(AKB48の大島優子)の会社に、妹の半沢桃子(剛力彩芽)がやってきた。

半沢桃子は姉の半沢真子に、飲み会のお金をおねだりするが、半沢真子は「派遣社員にたからないでよ」と断る。

そこへ、木崎俊哉(中村竜)が通りかかると、半沢真子(大島優子)が顔を背けた。姉の行動にピンときた半沢桃子(剛力彩芽)は「好きなんだ」と指摘すると、半沢真子は「友達よ」と答える。

半沢桃子(剛力彩芽)が「かっこいいじゃん。呼んじゃおうか」と言うと、半沢真子(大島優子)は「やめてよ。いくら要るの」と言い、2000円をねだる半沢桃子に1000円だけ渡した。

私が恋愛できない理由-第2話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。