ネメシス-磯子(いそご)のドンファンのモデルと犯人ネタバレ

日本テレビのドラマ「ネメシス」に登場する「磯子(いそご)のドンファン」こと渋澤火鬼壱(しぶさわ・ほきいち)のモデルと原作の犯人ネタバレです。

■磯子のドンファンのネタバレ

ドラマ「ネメシス」の原作を読んでいいると、「磯子(いそご)のドンファン」が登場した。

「磯子のドンファン」は本名を渋澤火鬼壱(しぶさわ・ほきいち)と言い、資産数十億円という資産家である。

渋澤火鬼壱はバブル期に不動産で荒稼ぎして、宝石業やアパレル業などに進出した実業家で、第一線から退いているが、未だに道楽で30程の会社を経営しており、最近は健康飲料水「脂肪スッキリ水」で大儲けしている。

渋澤火鬼壱は、女性関係の方も豪快で、これまでに交際してきた女性の数は1000人を超える強者で、「磯子のドンファン」と呼ばれている。おそらく、神奈川県横浜市磯子区に住んでいるのだろう。

スポンサードリンク

■実在のモデル

「磯子のドンファン」ということで、一番に思い浮かべるのは「紀州のドンファン」こと野崎幸助である。

野崎幸助は和歌山県田辺市の出身で、「美人と付き合いたい」という願望から、数々の事業を手がけて莫大な資産を築き、4000人の女性に30億円を貢いだという伝説の資産家である。

50歳年下の愛人に6000万円を騙し取られたことでワイドショーを賑わせた事がある。

この野崎幸助がモデルなのだろうか。

ところで、広瀬すずが主演した朝ドラ「なつぞら」の時に資料を読んで知ったのだが、書店「紀伊國屋」の創業者・田辺茂一も「ドンファン」と呼ばれていたようだ。

田辺茂一は、東京都の出身なのだが、この田辺家は元々、和歌山の人で、和歌山から東京へ出て、備長炭を販売する「紀伊國屋」を経営しており、田辺茂一が書店へと転業した。

だから、私は「ドンファン」と呼ばれる人は、和歌山県に関係する人だと考えている。

おそらく、「紀州のドンファン」こと野崎幸助も、祖先は和歌山県の人だろう。

■犯人のネタバレ

さて、渋澤火鬼壱は6人の恋人と交際しており、遺産は6人の恋人に分配するという遺言を書いていたのだが、誕生パーティーで遺産についての催しを企画した。

このため、犯人は遺産の分配で不利益になると考え、渋澤火鬼壱を殺害した。

これが、「ネメシス」の中で起きる「磯子のドンファン事件」で、犯人は恋人の桜田桃だった。

桜田桃は自分が遺産相続から外されると考えて渋澤火鬼壱を殺害したのだ。

しかし、遺書にはそんな事は書いていなかった。

実は渋澤火鬼壱は、医学の発展のため、臓器提供と献体を決めており、遺書に同封されていたのは、同意書だったのである。

スポンサードリンク

■ネメシス-原作の感想

「ネメシス」の原作を読んでいるが、なかなか面白い。磯子のドンファン殺人事件についても、渋澤火鬼壱が出した遺産の暗号や、殺された渋澤火鬼壱のダイイングメッセージなどもあって、読み応えがあった。

まさか段ボール箱がキーになるとは思わなかった。謎解きが、名探偵コナンのようで面白かった。

殺害された渋澤火鬼壱も、現在の「草食系男子」とは程遠い、肉食系の昭和の男という感じで面白かった。私もいつかは「磯子のドンファン」と呼ばれるようになりたいと思った。

なお、「ネメシス」のネタバレは「ネメシス-原作とあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク