瑛太はラッキーセブン

鶴見辰吾が出演するフジテレビの月9ドラマ「ラッキーセブン」の第2話「天才研究員を調査せよ」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。

このページは「ラッキーセブン第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

あるとき、佐々岡光男(リリー・フランキー)が研究室から荷物を持ち出そうとすると、新田輝(瑛太)が立ちはだかり、「そんなにお金が欲しいんですか?いや、貴方はそんな人じゃない」と告げた。

新田輝(瑛太)が佐々岡光男(リリー・フランキー)に事情を訊くと、佐々岡光男はこの研究が世界中の飢餓を救う可能性がある研究であることを明かし、全てを話した。

研究には金も時間もかかるので、峯岸(鶴見辰吾)に相談したところ、峯岸は専務と手を組んで裏切り、研究を完成前に他社に売却してお金に換えようとしていた。

ステラバイオ社の専務は大きな損失を出し、研究を売却したお金で、損失の穴埋めをしようとしていたのだった。

新田輝(瑛太)が佐々岡光男(リリー・フランキー)と別れると、新田輝は複数人の男が佐々岡光男の後をつけていることに気付いた。

新田輝(瑛太)はラッキー探偵社に応援を要請し、応援に駆けつけた時多駿太郎(嵐の松本潤)と合流して、男を追う。

2人は佐々岡光男(リリー・フランキー)から荷物を奪った男から荷物を取り戻すが、格闘の末、荷物を奪われてしまった。荷物を奪うと、男は逃げていく。

打ちのめされた時多駿太郎(嵐の松本潤)は「ここまでやるとは必死だな」と苦痛を浮かべると、新田輝(瑛太)は「まだ何かある。頼みがある」と時多駿太郎に頼み事をした。

翌日、時多駿太郎(嵐の松本潤)は再び妻に会い、「犬の名前はニコでしょ。旦那さんは覚えてましたよ」と告げた。

佐々岡夫婦が初めてデートした日、それが2月5日だから、犬の前は「ニコ」だった。新田輝(瑛太)は犬の名前を佐々岡光男(リリー・フランキー)から聞き出していた。

時多駿太郎(嵐の松本潤)は「佐々岡さんがピンチです。研究が奪われようとしています。教えてください。佐々岡さんと峯岸さん(鶴見辰吾)のことを」と尋ねた。

妻によると、佐々岡と峯岸(鶴見辰吾)の2人は同期の研究員だった。2人は文句を言い合う仲の良い研究員だったが、峯岸が出世してからは、佐々岡は峯岸のことを話さなくなった。

その日の夜、ラッキー探偵社に戻った時多駿太郎(嵐の松本潤)が全てを報告すると、藤崎瞳子(松嶋菜々子)は「貴方たちは、佐々岡光男の表の顔と裏の顔を調べた。表と裏を合わせたのが本当の姿。それを峯岸(鶴見辰吾)に報告したの?」と問うた。

すると、新田輝(瑛太)は何かに気付いたかのようにラッキー探偵社を出た。時多駿太郎(嵐の松本潤)は「面白そうだ」と言い、新田輝に付いて行く。

新田輝(瑛太)は峯岸(鶴見辰吾)に会い、「再調査の結果を報告します。佐々岡光男は全てを失っても、あの研究を完成させたいと言っていた。貴方が手に入れようとしている物は、佐々岡の覚悟と同じ価値がある物ですか」と伝え、立ち去った。

翌日、新田輝(瑛太)は会社を去ろうとする佐々岡光男(リリー・フランキー)に「俺は探偵なんです」と打ち明けた。佐々岡光男は「何となく気付いてた。こっちの人間じゃないって」と答える。

そこへ、峯岸(鶴見辰吾)がやってきた。峯岸は佐々岡光男(リリー・フランキー)「アレを社長に持って行ったら、この研究は政界を救う。この研究を続けるようにって」と伝えた。

佐々岡光男が「専務派のお前はどうする」と尋ねると、峯岸は「どっかへ移ってやり直す。俺が研究者に戻ったら、お前もうかうかしてられないな。ライバル現れるって」と笑った。

そのころ、警視庁北品川警察署では、副署長が桐原由貴(吹石一恵)らにラッキー探偵社について「変わったところはないか」と尋ねていた。

桐原由貴(吹石一恵)は「とくに違法行為はありません。ごく普通の小さな探偵社だと思います」と答えた。

一方、ラッキー探偵社では、筑紫昌義(角野卓造)が社長の藤崎瞳子(松嶋菜々子)に「お父様のことです」と報告していたのであった。

ラッキーセブン第2話の感想と視聴率」へ続く。原作や主題歌は「ラッキーセブンの主題歌や原作」をご覧ください。