大橋知美(佐津川愛美)の告白

中井貴一が出演するフジテレビのフジテレビの木曜日10時ドラマ「最後から二番目の恋」の第3話「大人の青春を笑うな」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。

このページは『「最後から二番目の恋」の第3話のあらすじとネタバレ』からの続きです。

翌日、吉野千明(小泉今日子)が会社で仕事をしていると、呼び出しがあった。隣人の長倉和平(中井貴一)が受付に来ているということだった。

吉野千明(小泉今日子)が受付へ下りていくと、長倉和平(中井貴一)は「ちゃんとお詫びがしたくて、妹と亭主がご迷惑を掛けまして」と謝罪して、手土産を差し出した。

すると、吉野千明(小泉今日子)は長倉和平(中井貴一)をお茶に誘った。2人が席に着くと、吉野千明が「あれからどうなりました」と尋ねた。

長倉和平(中井貴一)によると、長倉真璃子(内田有紀)はケロッとしており、水谷典子(飯島直子)は自宅に帰らずに喫茶店に居座っているということだった。

吉野千明(小泉今日子)は謝罪する長倉和平(中井貴一)に、「もう気にしてません。元を取りましたから。一連のネタを全て使わせてもらいました」と笑った。

長倉和平(中井貴一)は「強いなあ、切り替えが早いというか。男は駄目ですね。ウジウジして」と言うと、吉野千明(小泉今日子)は「何かあったんですか。パーッと言っちゃいましょう」と促した。

お見合いの話を聞いた吉野千明(小泉今日子)は大笑いして、「何で断っちゃったんですか。親子でお見合いだなんて。してみれば良かったんですよ。何にもないよりも良いですよ」と話した。

翌朝、長倉和平(中井貴一)が自宅前の道路で自転車に空気を入れていると、「おはようございます」と声を掛けられた。振り返ると、部下の大橋知美(佐津川愛美)だった。

長倉和平(中井貴一)がお見合いを断ったことを謝罪すると、大橋知美(佐津川愛美)は「嬉しかったです。軽い気持ちでそういうことが出来ない人なんだって。好きになっちゃいました」と告白して立ち去った。

その後、長倉和平(中井貴一)は朝市で買い物をして帰ろうとすると、女性に声を掛けられた。女性はお見合いをする予定だった大橋秀子(美保純)だった。

長倉和平(中井貴一)が断ったことを謝罪すると、大橋秀子(美保純)は「私も再婚する気持ちは無いんです。ただ、恋愛ぽいことをしてみたいかなって。待ち合わせしたり、お洒落したり…、お洒落な店って入りにくいじゃないですか、だから男性と一緒に入ったり」と話した。

今着ている服もお見合いのために購入したものだと明かすと、長倉和平(中井貴一)は「お洒落な店はどこですか?行ってみませんか…違うんです。腹が減ったというか…」と誘った。

大橋秀子(美保純)が「それを持ってですか?」と笑う。長倉和平(中井貴一)のぶら下げていた袋には、トイレの詰まりを直すスッポンが入っていた。

大橋秀子(美保純)が「行きましょう。持ちますよ」と言って、袋を持つ。長倉和平(中井貴一)は自転車を押して、お洒落なお店を目指した。

一方、電車に乗っていた吉野千明(小泉今日子)は、電車の窓から、ボランティアの彼氏・長倉真平(坂口憲二)が他の女性と道を歩いている様子を目撃してしまうのだった。

最後から二番目の恋-第3話の感想」へ続く。ドラマ「最後から二番目の恋」の原作や主題歌は『「最後から二番目の恋」の原作や主題歌』をご覧ください。