ドラマ「Wの悲劇」のあらすじとネタバレ

武井咲がW主演するテレビ朝日の入れ替わりドラマ「Wの悲劇」の第1話「身代わり殺人?2000億アリバイ売る女」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

原作「Wの悲劇」のネタバレは「原作「Wの悲劇」のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

4月22日、倉沢さつき(武井咲)はラブホテルで事を終えたが、売春相手の男は倉沢さつきを突き倒し、約束の3万円を払わずに部屋を出て行ってしまった。倉沢さつきは男の後を追いかけた。

翌朝、大家が倉沢さつき(武井咲)の部屋へやってくる。家賃の催促だった。倉沢さつきはお金の入った封筒を突き付けて、ドアを閉めると、手に付いた血に気づいた。

その日、路上で男性の死体が見つかった。死体は、金を払わずに逃げた男だった。財布からは金が抜き取られていたが、ショーパブ「マスカレード」の会員証が見つかった。

刑事の弓坂圭一郎(桐谷健太)は、ショーパブ「マスカレード」を訪れ、マスカレードでバイトしている倉沢さつき(武井咲)から事情聴取を行った。

刑事は、倉沢さつき(武井咲)が死んだ男性と歩いていたという目撃証言があったと言い、4月22日午後7時から午後11時までのアリバイを追求する。

しかし、倉沢さつき(武井咲)は「アパートで一人暮らし。家族も友人も居ない。毎日、真夜中に帰って昼まで寝てる。どこのどいつが証明してくれるって言うんだよ」と吐き捨てる。

弓坂圭一郎(桐谷健太)は「先に売春容疑で逮捕しても良いんだぞ」と脅すと、倉沢さつき(武井咲)は「これは任意ですよね」と言い、席を立った。

弓坂圭一郎(桐谷健太)は倉沢さつき(武井咲)の前に立ちはだかり、「とっかえひっかえ、恥ずかしくないのか」と蔑むと、倉沢さつきは弓坂圭一郎にキスをした。

翌日、ショーパブ「マスカレード」では、立花綺羅々(福田沙紀)が「ママがその気なら、あの子にダンスを教えて上げても良いわ」と、倉沢さつき(武井咲)の噂をしていた。

すると、出勤してきた倉沢さつきが「あり得ないから、私が踊るなんて。子供の怪我。肩の健が切れちゃって左肩が上がらないから」と答えた。

その日の夜、マスカレードのママ・一条春生(松下由樹)は怪我について尋ねるが、倉沢さつき(武井咲)は「知らない。別に不自由してないし」と素っ気ない。

そのとき、倉沢さつき(武井咲)の携帯電話が鳴る。頻繁に非通知の着信があるが、倉沢さつきが出てると直ぐに電話が切れていたため、電話に出た倉沢さつきは「いい加減にしてくれる」と文句を言った。

すると、電話の相手は「貴女のアリバイを証明してあげる。私にしか出来ない。貴方のことは調べて知ってますから。過去のことも。4月22日のアリバイ、要らないの?」と告げた。

電話を切った倉沢さつき(武井咲)は、尾行していた刑事から逃れ、電話の主に指定されたのホテルの1室を訪れた。

ある日、一条春生(松下由樹)がショーパブ「マスカレード」に出勤してくると、姿をくらませていた倉沢さつき(武井咲)が掃除をしていた。

心配していた一条春生(松下由樹)が「さすがに殺人事件の容疑者はまずくない?」と尋ねると、倉沢さつき(武井咲)は「その件は大丈夫です」と答えた。一条春生は「です」と答えた倉沢さつきに違和を感じた。

翌日、殺人事件を捜査していた刑事の弓坂圭一郎(桐谷健太)は、倉沢さつき(武井咲)のアパートの大家から話を聞く。

大家は「月曜日に珍しく家賃を払ってもらった。そのまま保管していた」と言い、倉沢さつき(武井咲)から受け取った家賃が入った封筒を弓坂圭一郎(桐谷健太)に渡した。

月曜日は殺人事件があった日の翌日だった。弓坂圭一郎(桐谷健太)は直ぐにお金を鑑識へ回した。

一方、ショーパブ「マスカレード」では、記者がダンサーの取材をしていた。そこへ、アルバイトの倉沢さつき(武井咲)が出勤してくる。

記者は「ついでだから君も撮ってあげる」と言い、強引に倉沢さつき(武井咲)をステージに上げた。

一条春生(松下由樹)は「違うの。その子は無理なの」と止めようとするが、倉沢さつきは音楽に合わせて踊り始めた。怪我をして踊れないはずでは…。一条春生は困惑した。

記者が帰ると、ダンサーのレイラ(森田彩華)が倉沢さつき(武井咲)に「どういつもり?馬鹿にしてるの」と詰め寄った。

一条春生(松下由樹)が「腕は何でもないじゃない。踊れるの?」と尋ねると、倉沢さつき(武井咲)は「子供の頃に少しバレーを習ってた」と答えた。

そこへ、刑事の弓坂圭一郎(桐谷健太)が現れた。弓坂圭一郎は「出ちゃった、逮捕状」と言い、倉沢さつき(武井咲)を警察へ連行した。

ドラマ「Wの悲劇」のあらすじとネタバレの後編』へ続く。