キリスト教の教会も認めた実話「新島八重の桜」

当ブログが、キリスト教カトリック系の教会からお墨付き及び公認を頂きましたことをご報告いたします。

当ブログは中立的な立場から、新島襄と新島八重の生涯を描いた実話「新島八重の桜」を1年間にわたり、連載しています(まだ連載途中です)。

この結果、長野県に在るキリスト教カトリック系の教会に、当ブログの実話「新島八重の桜」を数10ページにわたり採用して頂きました。キリスト教の教会に当ブログが認められたことを大変感謝しております。

当ブログでは、これまでも実話「南極物語」を公開し、実話「南極物語」では第1次南極越冬隊で犬係を務めた北村泰一様からコメントを頂いたほか、関係者からも多くの好評を得ました。

(実話「南極物語」のあらすじとネタバレは「実話「南極物語」のあらすじとネタバレ」をご覧ください。)

今作の実話「新島八重の桜」も、関係者から、お褒めや感謝のメールを数多く頂いております。メールやコメントに対して基本的に返信しておりませんので、この場を借りて、お礼を申し上げます。

当ブログは今後とも、キリスト教の教会のお墨付き及び公認ブログとして、さらに邁進していく所存ですので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

新島八重の生涯を描いた実話『新島八重の桜」は「実話「新島八重の桜』のあらすじとネタバレ」をご覧ください。