水野絵梨奈は北山詩織にイジメられていた

水野絵梨奈が出演する日本テレビの虐めドラマ「35歳の高校生」の第2話「イジメ?いじられ?ピエロの流す涙の訳」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。

このページは「35歳の高校生-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■35歳の高校生-第2話のあらすじ後編
翌日、馬場亜矢子(米倉涼子)が長谷川里奈(広瀬アリス)に、山下愛(水野絵梨奈)の事を尋ねると、長谷川里奈(広瀬アリス)は「高校デビュー。中学の時はもっと地味な格好をしていた。今は無理してるのかも」と教えた。

そして、長谷川里奈(広瀬アリス)は「それって山下さん(水野絵梨奈)が怪我したことと関係あるの?私、調べてみるよ、馬場ちゃん」と言い、調査を引き受けた。

長谷川里奈(広瀬アリス)は山下愛(水野絵梨奈)を尾行すると、山下愛(水野絵梨奈)は泉優奈(北山詩織)らに使いっ走りにされていた。

さらに、泉優奈(北山詩織)らが、山下愛(水野絵梨奈)に置き引きさせようとしていることも判明する。

長谷川里奈(広瀬アリス)は直ぐに馬場亜矢子(米倉涼子)に電話し、助けを求めた。

その後、山下愛(水野絵梨奈)が病院の待合室で女性が置き忘れたバッグを持って逃げようとすると、馬場亜矢子(米倉涼子)が立ちはだかった。

山下愛(水野絵梨奈)は馬場亜矢子(米倉涼子)に止められたため、バッグを捨てて逃げた。

馬場亜矢子(米倉涼子)はバッグの持ち主に電話しようとしたが、バックの持ち主が現れ、泥棒と間違われて警察に突き出されてしまった。

一方、泉優奈(北山詩織)らは山下愛(水野絵梨奈)に、「アンタがトロイから失敗したんでしょ。悪いと思ってるのなら、誠意を見せて。ウチらは何も期待していないから」と言い、服屋に視線をやると、立ち去った。

その後、馬場亜矢子(米倉涼子)が警察で事情を追求されているとき、山下愛(水野絵梨奈)が服屋で万引きをしたため、補導されてきた。

知らせを受けた父親(宇梶剛士)が駆けつけると、小泉純一(溝端淳平)に「娘の犯罪がクラスメイトに悪影響を与えてはいけない。明日、謝罪する時間を作ってください」と頼んだ。

山下愛(水野絵梨奈)は「そこまでする必要は無いよ、お父さん」と懇願するが、父親(宇梶剛士)は「お前は何も分かってないんだ。黙ってろ」と叱り飛ばした。

一方、馬場亜矢子(米倉涼子)は、持ち主に電話をかけようとする馬場亜矢子(米倉涼子)の様子が病院の防犯カメラに映っていたため、釈放されたが、小泉純一(溝端淳平)は自宅謹慎を命じた。

その日の夜、馬場亜矢子(米倉涼子)は阿佐田幸信(渡哲也)に電話で「自宅謹慎になりました。申し訳ありません」と報告する。

阿佐田幸信(渡哲也)が「何か問題でも起こしたのか?」と尋ねたが、馬場亜矢子(米倉涼子)は何も答えなかった。

すると、阿佐田幸信(渡哲也)は「言っても何も変らない、そう思っているのか。言わないのが悪いのか、それとも、何も言わせない状況を作っている私が悪いのか。どちらなんだろうな」と話した。

翌日、父親(宇梶剛士)がクラスメイトに謝罪をするため、山下愛(水野絵梨奈)を連れて3年A組へやって来た。すると、馬場亜矢子(米倉涼子)も教室に現れた。

馬場亜矢子(米倉涼子)は、目安箱に「助けて」という紙が入っていた件がまだ終わっていないと言い、山下愛(水野絵梨奈)に「貴女なんでしょ。指紋が一致した。知らないの?薄力粉とセロハンテープで指紋がとれるのよ」と告げた。

山下愛(水野絵梨奈)は「おばさん、どうかしたの?」と笑うと、馬場亜矢子(米倉涼子)は山下愛(水野絵梨奈)が万引きしたときの防犯カメラの映像を再生した。

馬場亜矢子(米倉涼子)は「わざわざ店員の目の前で万引きして、捕まりたいから万引きしている様に見えるわよ」と指摘した。

山下愛(水野絵梨奈)がボロボロと泣き出すと、父親(宇梶剛士)がクラスメイトに向かって「誰なんだ。イジメテるのは。答えろ」と告げると、馬場亜矢子(米倉涼子)は「貴方です」と答えた。

馬場亜矢子(米倉涼子)は「イジメの定義は」と促すと、小泉純一(溝端淳平)は「当該児童生徒が一定の人間関係のある者から、心理的・物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの」と答えた。

馬場亜矢子(米倉涼子)が「貴方も立派なイジメ犯の1人です」と指摘すると、父親(宇梶剛士)は「下らん。お前が言っている事は詭弁だ。私が愛(水野絵梨奈)を一番、理解しているんだ」と吐き捨てた。

馬場亜矢子(米倉涼子)は「貴方のそういう態度が、この子を追い詰めてるのよ。今のイジメは誰にもいえないのよ。バレたらドンドン酷くなるから。だから、自分にも嘘をつくの。虐められてるんじゃない。いじられてるだけだって。それで笑顔を作るの。自分が虐められてるって認めたら、地獄だから」と話した。

すると、山下愛(水野絵梨奈)は涙を流しながら、「私、ずっと前から虐められてた。でも、大丈夫だから」と言って笑った。

数日後、謹慎が解けて登校した山下愛(水野絵梨奈)は、ケバい化粧も止め、髪も下ろしていた。

泉優奈(北山詩織)らイジメグループが山下愛(水野絵梨奈)の事を「全然、いけてない」と話していると、工藤美月(新川優愛)が「誰の話をしてるの?愛(水野絵梨奈)?それ、誰?」と吐き捨てた。

その日の昼、ひったくり犯の誤解だとわかり、謹慎処分が解けて登校した馬場亜矢子(米倉涼子)が、屋上で長谷川里奈(広瀬アリス)とパンを食べていると、山下愛(水野絵梨奈)がジュースを買ってきた。

馬場亜矢子(米倉涼子)が「その使いっ走り癖を直したら」と呆れると、山下愛(水野絵梨奈)は「せっかく買ってきてあげたのに」と笑う。

山下愛(水野絵梨奈)は馬場亜矢子(米倉涼子)に、「ありがとうね。あの後、お父さんが謝ってくれたの。あの頑固オヤジが。びっくらこいたわ」とお礼を言った。

そして、山下愛(水野絵梨奈)は「聞いてもらいたいことがあってさ。自殺じゃ無いんだ。階段から落ちたとき、確かに死んでも良いって思ったけどさ。誰かが押したの、誰かが」と打ち明けたのであった。

ドラマ「35歳の高校生」の第3話のあらすじとネタバレは「35歳の高校生-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「35歳の高校生」の原作と主題歌は「35歳の高校生-原作と主題歌」をご覧ください。