ラスト・シンデレラ-第7話のあらすじとネタバレ

藤木直人が出演するフジテレビのオヤジ女子ドラマ「ラスト・シンデレラ」第7話「イケナイkiss」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」第6話のあらすじとネタバレは「ラスト・シンデレラ-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の原作や主題歌は「ラスト・シンデレラの原作と主題歌」をご覧ください。

■ラスト・シンデレラ-第7話のあらすじ
ある日の夜、遠山桜(篠原涼子)は立花凛太郎(藤木直人)の部屋を訪れ、部屋を物色し始めた。

立花凛太郎(藤木直人)は「何してるんだ」と呆れると、遠山桜(篠原涼子)は「アダルトビデオを探してるの。私たち、何もしてなかったんだって」と言い、話した。

遠山桜(篠原涼子)が佐伯広斗(三浦春馬)と初めて会った日、遠山桜(篠原涼子)が酔っ払って何も覚えていなかった。この時、2人がホテルでエッチしたというのは、佐伯広斗(三浦春馬)の嘘だったのだ。

遠山桜(篠原涼子)は立花凛太郎(藤木直人)に、「私に会いたいから、嘘までついてくれたんだよ。嬉しいじゃないの。それで、まだ、エッチしてなかったから、思いで作りのために旅行しようってことになったの」と話した。

遠山桜(篠原涼子)はエッチの仕方を忘れたのでアダルトビデオを見て勉強するのだという。立花凛太郎(藤木直人)は「持っていない」と呆れた。

一方、武内美樹(大塚寧々)は、家族に「短期だけどね、パートが決まったの。不動産屋の事務。そういうことだから、お母様(野川由美子)、明日から、日中の家事はお願いします」と話した。

すると。義母・武内節子(野川由美子)は「いいですよ、ご自由に。その代わり、家庭が無茶苦茶になっても知りませんよ」と嫌味を言った。

その後、遠山桜(篠原涼子)と佐伯広斗(三浦春馬)の2人は、バー「SOBAR」で待ち合わせて合流する。

2人は旅行の話しで盛り上がっていると、佐伯広斗(三浦春馬)が「そろそろ、合い鍵が欲しいな。でも、気が進まないのならいいよ。ここで待ち合わせれば済むことだし」と頼んだ。

合い鍵が欲しいと言われてメロメロになった遠山桜(篠原涼子)は、「分かりました。家に帰ったらありますので、直ぐ渡します」と答えた。

翌日、武内美樹(大塚寧々)はホスト・将臣(山本裕典)のマンショへ行き、アルバイトを始めるが、将臣(山本裕典)は特に説明もせず、「パソコンの画面を見てて、株価の値動きが激しくなったら起こしてください」と言い、寝てしまった。

6時間後、将臣(山本裕典)が起きると、部屋が綺麗になり、食事まで出来ていた。

武内美樹(大塚寧々)は「ごめんなさい、勝手に。手持ち無沙汰だったので」と謝るが、将臣(山本裕典)は武内美樹(大塚寧々)が作った親子丼を見ると、「僕は親子丼が好きなです」と喜んだ。

そして、将臣(山本裕典)は「今日の給料です。時給2000円だから、1万2000円。部屋も綺麗にしてくれたし、もっとお支払いしたいくらいです」と言い、給料を渡した。

マンションを出た武内美樹(大塚寧々)は初めての給料に喜ぶが、部屋の中に居る将臣(山本裕典)は武内美樹(大塚寧々)が作った親子丼を食べなかった。

その後、武内美樹(大塚寧々)は遠山桜(篠原涼子)らと一緒に室内プールへ行く。以前に家族で水族館へ行った時に室内プールを発見し、ずっと気になっていたのだという。

武内美樹(大塚寧々)は「自分のお金で来られて良かった。本当は2人に引け目を感じてたの。2人がものおうじせずに生きてるのは、仕事をしてるからだと思ってたの。私もいつか自信が持てるようになりたいな」と話した。

長谷川志麻(飯島直子)も「私も男が欲しい。お金や家は1人で手に入れられるけど、1人で幸せになるのは至難よ。贅沢は言わないから、私を理解してくれる人に側に居て欲しいな」と話した。

その後、長谷川志麻(飯島直子)が室内プールを出でお土産を買っていると、元旦那と出会い、簡単な挨拶をした。元旦那は妻と子供を連れていた。元旦那は再婚し、子供も出来て幸せに暮らしているのだという。

長谷川志麻(飯島直子)は、新しい家族を作って幸せそうにしている元旦那を見て落ち込んだ。

ある日の夜、美容室「HAPPY-GO-LUCKY」吉祥寺店が閉店すると、遠山桜(篠原涼子)は帰ろうとする若い従業員に頼み込んでアダルトビデオを借り、事務所のノートパソコンで見た。

そこへ、立花凛太郎(藤木直人)が入ってくる。立花凛太郎(藤木直人)はAVを見ている「変態。ヘッドフォンをしろ」と呆れ、仕事を始める。

しかし、遠山桜(篠原涼子)がAVを見て興奮し、「やっぱり、私が年上なんだから、リードしなきゃダメよね」と相談すると、立花凛太郎(藤木直人)は「それでAVを見てたのか」と呆れる。

そして、立花凛太郎(藤木直人)が「相手の方が経験豊富なんだから、任せておけよ。まぁ、マグロは困るけど」と忠告すると、遠山桜(篠原涼子)が「マグロって何?」と尋ねた。

立花凛太郎(藤木直人)は気まずくなって帰ろうとすると、遠山桜(篠原涼子)がヘッドフォンをしたまま、「マグロって何よ」と迫ってきた。

遠山桜(篠原涼子)がヘッドフォンをしたまま立花凛太郎(藤木直人)に迫ったため、ノートパソコンがヘッドフォンのコードに引っ張られ、机からノートパソコンが落ちそうになる。

立花凛太郎(藤木直人)は慌ててノートパソコンを助けようと机に向かった拍子に、遠山桜(篠原涼子)とぶつかり、キスしてしまった。…ごめん。…ああ。立花凛太郎(藤木直人)は気まずそうに帰って行く。

ラスト・シンデレラ-第7話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。