広末涼子が福士蒼汰の調教を開始

広末涼子が出演するフジテレビの宇宙人ドラマ「スターマン・この星の恋」の第3話「全部ウソでした…失踪夫戻る」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。

このページは「スターマン・この星の恋-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■スターマン・この星の恋-第3話のあらすじ後編
その後、宇野佐和子(広末涼子)は、星男(福士蒼汰)と生活することに決めた、スーパーの同僚に星男(福士蒼汰)を紹介する。

すると、臼井祥子(有村架純)が星男(福士蒼汰)に「私を迎えに来て、間違って佐和子さん(広末涼子)の所へ行ったなんて事は無いよね?」と尋ねると、星男(福士蒼汰)が「なんですか、それは」と困惑した。

次に、重田信三(國村隼)は宇野佐和子(広末涼子)に「1分だけ貸してくれ」と言い、星男(福士蒼汰)を連れ出すと、廊下で星男(福士蒼汰)を見つめて抱きついた。

その様子を目撃した宇野佐和子(広末涼子)が驚くと、重田信三(國村隼)は「頑張れって言う意味だ。彼は普通の人間だ。…俺もだ」と釈明した。

宇野佐和子(広末涼子)は「ノーマルっていうこと?」と動揺する。一方、臼井祥子(有村架純)はその様子を盗み見していた。

その日、帰宅した臼井祥子(有村架純)は、部屋で河口湖に落ちたUFOの記事を見た後、パソコンでメールをチェックした。

メールには「あの瓶は飲んじゃ駄目だよ。飲んだら確実に死ぬよ」と書いてあった。臼井祥子(有村架純)は、ボートで見つけた瓶を手に取り、「ふーん」と笑った。

一方、星男(福士蒼汰)が公園で星を眺めていると、宇野佐和子(広末涼子)がやってきた。

星男(福士蒼汰)が「本当の俺は最低な男だったみたいで、もし、思い出して本性が出るっていうか、そんな風になったらゴメン」と謝る。

すると、宇野佐和子(広末涼子)は「信じられないよ。悪い星男なんて。一度、死んだと思えば良いじゃん。これから始まるんだよ、星男の自人生は。私が育てちゃう」と答えた。

そして、宇野佐和子(広末涼子)は「思い出したら、その時はその時よ。私が守る。思い出したとしても、元には戻さない。星はこんなに綺麗だったかな。綺麗に見えるのかもね。恋が始まった時には」と話した。

宇野佐和子(広末涼子)は星男(福士蒼汰)に「覚えといて、この顔はキスがしたいなって顔だから」と告げると、星男(福士蒼汰)は「了解しました」と言い、宇野佐和子(広末涼子)にキスをした。

一方、ミチル(木南晴夏)は携帯電話で、電話相手に「見つからなかったよ。死んだんじゃないの?星になったっていうやつ」と話した。

その後、宇野佐和子(広末涼子)は星男(福士蒼汰)を連れて、須多節(小池栄子)が経営している飲み屋「スター」を訪れた。

須多節(小池栄子)は星男(福士蒼汰)を見て驚き、宇野佐和子(広末涼子)に「どういう設定になっているの?」と尋ねた。

宇野佐和子(広末涼子)が「星男は、自分が星男だって事は嘘だって分かってる。でも、星男に成ってくれるんだって」と教えると、須多節(小池栄子)は「全然、分からない。アンタ、私のことを忘れてたでしょ」と怒った。

その後、宇野佐和子(広末涼子)がカウンターで須多節(小池栄子)に経緯を説明していると、須多節(小池栄子)は「アンタ、キスしたね。でも、まだ、キス止まりね」と言い当てた。

須多節(小池栄子)は「夢みたいな話しね。続くと良いね。ちょっと嫉妬してるわ」と、宇野佐和子(広末涼子)の幸せを喜んだ。

そこへ、男性が入ってきた。店内の客は、入ってきた男性を見て静まりかえった。男性は、宇野佐和子(広末涼子)の元夫・宇野光一(安田顕)だった。

宇野佐和子(広末涼子)が元夫・宇野光一(安田顕)に「悪いんだけど出直してくれる?」と告げると、元夫・宇野光一(安田顕)は「いつならいい?」と尋ねた。

すると、宇野佐和子(広末涼子)は「100年後くらい」と言い、元夫・宇野光一(安田顕)を店から追い出し、「どうして、こうなるのかな」と落ち込んだ。

店から追い出された元夫・宇野光一(安田顕)が「ええ、ええ?」と驚くので、宇野佐和子(広末涼子)らが店から出てみると、道に鹿の群れが居た。

みんなで、鹿を眺めて和んでいると、トラックが通りかかった。トラックは鹿の群れに驚いて急ハンドルを切ったため、宇野佐和子(広末涼子)らを目がけて突っ込んできた。

その瞬間、店の中から飛んできた星男(福士蒼汰)が、片手でトラックを止めた。宇野佐和子(広末涼子)は星男(福士蒼汰)に驚き、「星男って、もしかして…」とつぶやいたのであった。

ドラマ「スターマン・この星の恋」の原作と主題歌は「スターマン・この星の恋-原作と主題歌」をご覧ください。