ごちそうさん-第27話のあらすじとネタバレ

杏が出演するNHK連続テレビ小説ドラマ「ごちそうさん」の第5週・第27話「フォンとうの気持ち」のあらすじとネタバレです。

ドラマ「ごちそうさん」のあらすじのまとめは「ごちそうさん-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ごちそうさん-第27話のあらすじとネタバレ
卯野め以子(杏)を呼び止めた西門悠太郎(東出昌大)は、「夢を見てたんです。山登りをしていたら、沼に落ちて。そこが、納豆の沼なんです。もがけば、もがくほど、沈んでいき、もうあかん、と思ったとき、貴女がやってくるんです。とても長い鉄の棒を持ってくるんです。それを沼に下ろしてくれて、僕は鉄の棒を伝って上っていこうとするんですけ、貴女はわざわざ降りてくるんです。降りてきて、もう大丈夫だからと言って、納豆全て吸い上げるんです。妖怪みたいに。そこで、笑って目が覚めて。目が覚めたら、貴女が居たんです。僕を助けてくれた貴女が居たんです」と告げた。

妖怪呼ばわりされたうえ、考えても意味の分からない話をされた卯野め以子(杏)は「だから、あんなにビックリしてたんですか。別に取って食ったりしませんよ。お粥は適当に食べてください」と呆れ、部屋を出ようとする。

すると、西門悠太郎(東出昌大)は「アホなんか本当に。貴女と居たら、どんな所でも平気だ、いつでも笑っていられる。そういう話しをしてるんだ。貴女と居たら、納豆の沼だって抜け出せる。そういう話をしてたんだ。でも、助けてくれというのは、そこに貴女を引きずり込むことになるから、辛い目に遭わせることになるかもしれないから、それでも良いかと聞いてるんです」と告げた。

卯野め以子(杏)は「それって、私と一緒になりたいって事ですか?」と尋ねると、西門悠太郎(東出昌大)は「大好きなんです。貴女が食べている姿が。だから、貴女を一生食べさせる権利を僕にください」と言って頭を下げた。

すると、卯野め以子(杏)は涙を流しながら、「よろしくお願いします」と言って頭を下げた。

その後、卯野め以子(杏)はお粥を渡し、西門悠太郎(東出昌大)に「就職はどうするんですか?」と尋ねると、西門悠太郎(東出昌大)は「大阪の市役所を考えてたんですけど。公共の建物に関われるし、待ちを整備するのは市役所やし」と答えた。

西門悠太郎(東出昌大)が「でも、東京を離れるのは寂しいですよね」と尋ねると、卯野め以子(杏)は「大丈夫です」と答えた。

その日の夜、卯野め以子(杏)は一人で笑ったり、ホッペタをたたいたりしながら、ぬか床をかき混ぜた。

それを見た卯野大五(原田泰造)は「早く良い相手を見つけてやらないと。袖にされたショックで頭がおかしくなりかけている」と言い、知り合いに卯野め以子(杏)の縁談を頼んだ。

翌日、卯野め以子(杏)が開明軒に賄いを取りに来ると、西門悠太郎(東出昌大)がやってきて、卯野大五(原田泰造)に「お嬢さんを僕にください」と言って頭を下げた。

すると、卯野大五(原田泰造)は西門悠太郎(東出昌大)を殴り飛ばし、「ふざけるんじゃない。テメー、この前、要らないって言っただろうが」と激怒する。

西門悠太郎(東出昌大)は立ち上がり、「僕の家は複雑で、僕は今まで家庭の幸せを諦めてたんです。でも、この家に来て、こんな家が良いなって。食事して楽しくなれる家って良いなって。こんな僕でも、お嬢さん(杏)と居られれば、幸せになれる気がするんです」と話した。

すると、卯野大五(原田泰造)は「テメーを幸せにするために、め以子(杏)を育てたんじゃない。テメーはめ以子(杏)を幸せにするために何するんだって話しだよ」と激怒し、西門悠太郎(東出昌大)を追い出した。

卯野め以子(杏)は「西門さん(東出昌大)の家は人間関係が複雑なんだって。だから、私を思って断ってくれてたの」と説得するが、卯野大五(原田泰造)は玄関に塩をまきながら「幸せにして欲しいってどういう神経してるんだ。出来ようが、出来まいが、幸せにしますって言うんだよ」と激怒した。

翌日、卯野め以子(杏)は女学校へ行くが、西門悠太郎(東出昌大)に会わないよう、卯野大五(原田泰造)の監視がついていた。

卯野め以子(杏)が「西門さん(東出昌大)と、どうやって連絡を取ろう」と相談すると、堀之端桜子(前田亜季)と野川民子(宮嶋麻衣)が「手紙を書きなよ。伝書鳩をしてあげる」と買って出た。

その日、女学校が終わると、堀之端桜子(前田亜季)と野川民子(宮嶋麻衣)の2人は、文士・室井幸斎(山中崇)の部屋を訪れ、室井幸斎(山中崇)に「西門さん(東出昌大)に渡して欲しい」と手紙を渡した。

しかし、室井幸斎(山中崇)は卯野大五(原田泰造)から「西門悠太郎(東出昌大)をかくまえば、賄いを食べさせない」と圧力を受け、西門悠太郎(東出昌大)を部屋から追い出していた。

堀之端桜子(前田亜季)と野川民子(宮嶋麻衣)から報告を受けた卯野め以子(杏)は、開明軒の厨房へ行き、卯野大五(原田泰造)に「何でそこまで反対するの?お父ちゃんだって西門さん(東出昌大)の事を気に入ってたじゃない。階段を直してもらって、ありがたい、ありがたいって言ってたじゃない」と激怒する。

卯野大五(原田泰造)が「別に頼んだわけじゃないよ」と吐き捨てると、卯野め以子(杏)は「あー、そう」と怒って立ち去った。

その日の夜、卯野め以子(杏)が賄いを取りに来ないため、卯野イク(財前直見)が卯野め以子(杏)の部屋まで賄いを運んでやるが、部屋には卯野め以子(杏)が居らず、「探さないでください」という書き置きが残っていた。

一方、部屋を追い出された西門悠太郎(東出昌大)は、教授の計らいで東京帝国大学の教室に泊まっていた。

西門悠太郎(東出昌大)が「どうしたものか」と思案していると、卯野め以子(杏)が外から教室の窓を叩いた。

西門悠太郎(東出昌大)が「どうしたんですか?」と驚いて窓を開けると、卯野め以子(杏)は「駆け落ちしましょう」と告げたのであった。

ごちそうさん-第5週・第28話のあらすじとネタバレ」へ続く。