「半分、青い。」-あらすじとモデルのネタバレ

2018年前期のNHKの朝ドラ「半分、青い。」(全156話)の実在のモデルとあらすじとネタバレです。

■目次

  1. 「半分、青い。」の実在のモデル
  2. 「半分、青い。」の全体のあらすじとネタバレ
  3. 「半分、青い。」の各週のあらすじとネタバレ

■「半分、青い。」-実在のモデル

NHKの朝ドラ「半分、青い。」に実在のモデルは居ません。脚本家・北川悦吏子におるオリジナル脚本です。

ただ、脚本家・北川悦吏子が突発性難聴で左耳が聞こえなくなっており、脚本家・北川悦吏子自身をモデルにした自伝的朝ドラだと考えれます。

また、主人公の楡野鈴愛(永野芽郁)が開発する扇風機のモデルは、扇風機に革命を起こしたバルミューダの「グリーンファン」ではないかと推定されます。

また、朝ドラ「半分、青い。」に登場する二足歩行ロボットのモデルは、平成8年(1996年)に発表されて世界に衝撃を与えたホンダの二足歩行ロボット「P2」だと考えれます。

■「半分、青い。」-あらすじとネタバレ

楡野鈴愛(すずめ/永野芽郁)は、1971年(昭和46年)7月7日に岐阜県東美濃市梟町という小さな田舎町で、食堂を営む父・楡野宇太郎(滝藤賢一)と母・楡野晴(松雪泰子)の長女として生まれた。

同じ日に同じ病院で近所に住む萩尾律(りつ/佐藤健)が生まれており、楡野鈴愛(永野芽郁)は発明家を目指す萩尾律(佐藤健)といつも一緒だった。

やがて、楡野鈴愛(永野芽郁)は、おたふく風邪のウイルスが耳の中に入って発症するムンプス難聴により、左耳の聴力を失ってしまうが、失敗しても「やってまった」と言い、明るく元気に成長していった。

そして、楡野鈴愛(永野芽郁)は片方の耳を失ったことから、雨の日でも片方の耳にしか雨が聞こえないため、半分は晴れていると考える面白い発想を身につけていったのだった。

さて、楡野鈴愛(永野芽郁)は高校3年生の時に、読んだ秋風羽織(豊川悦司)の漫画「いつもポケットにショパン」に感銘すると、萩尾律(佐藤健)から漫画を書くように勧められた。

そこで、絵の得意な楡野鈴愛(永野芽郁)は漫画を書きはじめ、ひょんなことから、秋風羽織(豊川悦司)の弟子になることができ、バブルに沸く大都会東京で、漫画家のアシスタントとして頑張るのだった。

しかし、楡野鈴愛(永野芽郁)は漫画家のアシスタントという厳しい世界に挫折し、漫画家になるという夢から逃げるようにして結婚してまう。

やがて、楡野鈴愛(永野芽郁)は1人の娘を儲けるが、夫は夢ばかり追いかける無能なダメ夫だったので、家計は火の車だった。挙げ句の果てには夫は夢を追いかけるため、楡野鈴愛(永野芽郁)に離婚を突きつけたのである。

楡野鈴愛(永野芽郁)はシングルマザーとなって故郷の岐阜県・梟町に戻るが、地元の商店街はバブルが崩壊して不況の波に飲み込まれ、更に苦しい生活を送ることになった。

数々の苦難と挫折に見舞われながらも、楡野鈴愛(永野芽郁)は「やってまった」と明るく振る舞っていとき、3Dプリンターに出会う。

楡野鈴愛(永野芽郁)は、片耳が聞こえないこから、様々な発想や面白いアイデアを培っており、病身の母・楡野晴(松雪泰子)のために「そよ風」をプレゼントする事を思いついた。

そこで、楡野鈴愛(永野芽郁)は、幼馴染み・萩尾律(佐藤健)の協力を得て、3Dプリンターを駆使してパーツを作り、「そよ風」と再現する扇風機の開発に成功した。

そして、楡野鈴愛(永野芽郁)は新開発した「そよ風」の扇風機によって家電業界に新たな旋風を巻き起こし、伝説の発明家へと成長するのであった。

■「半分、青い。」-各週のあらすじとネタバレ

  1. 半分、青い。-第1週のあらすじとネタバレ
  2. 半分、青い。-第2週のあらすじとネタバレ
  3. 半分、青い。-第3週のあらすじとネタバレ
  4. 半分、青い。-第4週のあらすじとネタバレ
  5. 半分、青い。-第5週のあらすじとネタバレ
  6. 半分、青い。-第6週のあらすじとネタバレ
  7. 半分、青い。-第7週のあらすじとネタバレ
  8. 半分、青い。-第8週のあらすじとネタバレ
  9. 半分、青い。-第9週のあらすじとネタバレ
  10. 半分、青い。-第10週のあらすじとネタバレ
  11. 半分、青い。-第11週のあらすじとネタバレ
  12. 半分、青い。-第12週のあらすじとネタバレ

■「半分、青い。」の情報

朝ドラ「半分、青い。」
放送日 2018年4月2日から9月29日
放送回数 全156回予定
脚本 北川悦吏子
原作 無し。北川悦吏子のオリジナル脚本
主題歌 星野源の新曲「アイデア」
出演者 永野芽郁・佐藤健・奈緒・矢本悠馬など

スポンサードリンク