天皇の料理番・秋山徳蔵の年表

ドラマ・原作小説「天皇の料理番」の主人公となる秋山徳蔵の生涯をあらすじとネタバレで描く「天皇の料理番・秋山徳蔵のあらすじとネタバレ」の年表編「天皇の料理番・秋山徳蔵の年表のネタバレ」です。

天皇の料理番・秋山徳蔵のあらすじとネタバレの目次は「天皇の料理番・秋山徳蔵のあらすじとネタバレ」です。

注釈:このページはパソコン用に最適化されています。スマートフォンや携帯電話での閲覧は、表示が崩れる場合があります。

天皇の料理番・秋山徳蔵の年表
年号 西暦 年齢 あらすじ
明治21年8月30日 1888年 0歳 高森徳蔵(後の秋山徳蔵)は福井県南条郡武生町で、料理屋の次男として生まれる。
数え10歳 高森徳蔵は寺に入り小坊主となるが、開祖以来の住職の墓を倒し、破門される。
野糞をしている乞食の金玉を竹の棒で突き、乞食に追い回される。
明治30年頃 高森徳蔵が福井県南条郡武生町橘にある八屋で奉公する。
明治32年3月 1899年 11歳 高森徳蔵が武生町の尋常小学校を卒業する。
高等1年生 高森徳蔵は米屋になるために大阪へ出るが、父親に連れ戻される。
明治35年3月 1902年 14歳 高森徳蔵が武生町の尋常高等小学校を卒業する。
不明 高森徳蔵は鯖江36連隊で始めて西洋料理と出逢い、西洋料理人を志す。
明治37年8月 1904年 16歳 高森徳蔵が華族会館の調理部に就職する。
明治38年12月 1905年 17歳 高森徳蔵が築地精養軒に就職する。
高森徳蔵は駐日ブラジル公使館に就職していたらしい。詳細は不明。
明治40年11月 1907年 19歳 高森徳蔵が三田東洋軒の4代目料理長に就任する
明治42年5月 1909年 20歳 高森徳蔵がシベリア鉄道でドイツに渡り、ベルリンへにあるホテル・アドロンに就職する。
明治43年6月 1910年 21歳 高森徳蔵がフランス・パリの「オテル・マジェスティック」に就職する。
明治45年7月 1912年 23歳 高森徳蔵がフランスの高級レストラン「キャフェ・ド・パリ」に就職する。
明治45年7月 1912年 23歳 明治天皇が崩御し、大正天皇が即位する。
明治45年=大正元年 1912年 23歳 高森徳蔵が南フランスのニースにあるオテル・マジェスティックに就職する。
大正2年3月 1913年 24歳 高森徳蔵が日本大使館の要請を受けて帰国する。
大正2年4月 1913年 24歳 高森徳蔵が東京倶楽部に料理部長として就職する。
大正2年6月 1913年 24歳 高森徳蔵が翻訳本「仏蘭西料理全書」を出版する。
大正2年7月 1913年 24歳 高森徳蔵が下宿していた秋山家の一人娘・秋山俊子と結婚し、秋山家に養子に入り、秋山徳蔵となる。
大正2年10月 1913年 25歳 秋山徳蔵が宮内省大膳寮に就職する。
大正2年11月 1913年 25歳 秋山徳蔵が宮内省大膳寮司厨長に任命される。
大正3年1月 1914年 26歳 妻・秋山俊子が長男の秋山匡を出産する。
大正4年11月 1915年 27歳 秋山徳蔵が大正天皇の御大礼の料理を取り仕切り、成功させる。
大正5年3月 1916年 28歳 妻・秋山俊子が長女の秋山栄子を出産する。
大正8年 1918年 31歳 尊敬する大膳頭・福羽逸人が辞職し、秋山徳蔵も辞職しようとするが、大膳頭・福羽逸人に辞職を止められる。
大正9年5月 1919年 31歳 妻・秋山俊子が次男の秋山鉄蔵を出産する。
大正9年9月 1919年 32歳 料理研究のためヨーロッパへ出張し、皇太子・裕仁親王(後の昭和天皇)のヨーロッパ外遊に参加する。その後、アメリカで料理研究をして帰国する。
大正15年12月 1926年 38歳 大正天皇が崩御し、昭和天皇が即位する。
昭和3年1月 1928年 39歳 妻・秋山俊子が死去する。
昭和4年2月 1929年 40歳 岸本きくと再婚する。
昭和4年11月 1929年 41歳 後妻・岸本きくが三男・秋山三郎(蜂谷三郎としてNHKの歴史秘話ヒストリアに出演した人)を出産する。
昭和11年8月 1936年 48歳 後妻・岸本きくが四男・秋山四郎を出産する。
昭和16年12月 1941年 53歳 日本が真珠湾攻撃を行ない、第2次世界大戦に突入する。
昭和20年8月 1945年 57歳 日本が降伏する。
秋山徳蔵は天皇家を存続させるため、GHQの要人を接待に奔走する。(料理外交)
昭和26年9月 1951年 63歳 日本がサンフランシスコ講和条約に署名し、秋山徳蔵の料理外交も終了する。
昭和30年3月 1955年 66歳 著書「味」を出版する。
昭和31年3月 1956年 67歳 著書「味の散歩」を出版する。
昭和34年3月 1959年 70歳 著書「料理のコツ」を出版する。
昭和38年5月 1963年 74歳 著書「テーブル・マナーのすべて」を出版する。
昭和46年2月 1971年 82歳 フランス料理アカデミー名誉会員に選ばれる。
昭和47年10月 1972年 84歳 秋山徳蔵が宮内省大膳職主厨長を退職し、引退する。
昭和48年4月 1973年 84歳 秋山徳蔵が勲三等に叙せられ、瑞宝章を受ける。
昭和49年7月14日 1974年 85歳 秋山徳蔵が死去し、従四位・正四位を贈られる。