柴咲コウが人を殺した過去の予想

柴咲コウが人殺しを告白した日本テレビの契約結婚ドラマ「○○妻(まるまるづま)」の第4話「朝帰り、暴力子作り強要…壊れていく夫に妻が明かした祈りの告白」の感想です。

ドラマ「○○妻(まるまるづま)」第4話のあらすじとネタバレは「○○妻(まるまる妻)-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧下さい。

■柴咲コウが人を殺した過去の予想
○○妻(まるまる妻)の第4話の結末で、契約妻・ひかり(柴咲コウ)が「妻になる資格がない人間なんです。私は昔、人を殺しました。人を殺した犯罪者です」と告白した。契約妻・ひかり(柴咲コウ)はいったい誰を殺したのだろうか?

契約妻・ひかり(柴咲コウ)の過去は、高校生の時に先輩と永遠の愛を誓ったが破局し、看護師をしていた時に久保田正純(東山紀之)と出逢い、契約結婚した、というしか判明していない。

「人を殺した」というのは、大きく分けて、2つのケースが考えられる。1つ目は、ひかり(柴咲コウ)が他人の命を絶ったという直接的なケースで、2つ目は、ひかり(柴咲コウ)が誰を助けられずに見殺しにしたという間接的なケースである。

そして、ひかり(柴咲コウ)が「子供を産みたくない」と言ってるので、「人を殺した」というのは、子供に関する可能性が大きい。

以上のヒントを元に契約妻・ひかり(柴咲コウ)の過去を予想していみると、次のようになる。

■ひかり(柴咲コウ)の過去の予想
ひかり(柴咲コウ)は高校生のとき、一生を誓い合った彼氏の子供を妊娠し、妊娠を切っ掛けに彼氏に結婚を求めた。

しかし、高校生の彼氏には結婚の2文字が重すぎ、結婚を迫られた彼氏は豹変し、ひかり(柴咲コウ)にDVを働き、流産させた。または、ひかり(柴咲コウ)に中絶を迫り、中絶させたのではないか。

ひかり(柴咲コウ)が彼氏と結婚していたのであれば、結婚後に彼氏が豹変し、子供にDVを働いて子供を揺さぶられっ子症候群で死なせてしまったという可能性もある。

久保田正純(東山紀之)が出演している番組「ニュースライフ」のCMに、鈴木福が登場する。鈴木福は死んだ子供は、中絶した子供との対比なのだろう。

ひかり(柴咲コウ)はCMに登場している鈴木福を観て「もし、あの時に出産していれば、今頃、鈴木福と同い年くらいだろういう」と思いながら観ているのではないか。

ちなみに、子役のギャラは子供料金なので、かなり安いそうだ。子役は安いから、色々な番組でも呼ばれてかわいがられるが、何時かは大人料金に切り替えなくてはならない。そして、大人料金に切り替えると、ギャラが高額になるので、急に仕事が無くなるそうだ。

柴咲コウが人を殺した過去の予想へのコメント

柴崎コウに父親役による性的虐待があった、黒木ひとみの行動に精神的にだめになった父 それに耐えられず父親を殺してしまった。柴崎コウ
未成年および、正当防衛による、無罪 しかし東山則之演じる夫は報道アナウンサー、
妻の過去がばれれば、降板はまちがいなく本当は愛している夫に迷惑がかかるので、入籍せずにいる
最終回は世間にばれて、柴崎コウは姿をくらますが東山則之が探し出して、すべてを受け入れる

  • 投稿者-
  • tomoko
  • -2015年2月7日