アイムホーム・原作のあらすじとネタバレ

木村拓哉(通称キムタク)が主演するテレビ朝日のドラマ「アイムホーム」の原作となる石坂啓の漫画「アイムホーム」のあらすじと結末ネタバレ感想文のあらすじとネタバレ編です。

このページには原作「アイムホーム」のあらすじ・ネタバレ・結末ネタバレなどが含まれています。原作「アイムホーム」のあらすじ・ネタバレ・結末ネタバレなどを知りたくない人は閲覧にご注意ください。

■アイムホーム・原作のあらすじとネタバレ
銀行員・家路久は単身赴任していた時に七輪で餅を焼き、一酸化炭素中毒になり、過去5年間の記憶を失った。

家路久は5年前に前妻カオルと離婚し、妻ヨシコと再婚していたが、妻ヨシコと息子ヨシオの顔が仮面に見え、喜んでいるのか、悲しんでいるのかも分からない。

しかし、なぜか、家路久は前妻カオルと娘スバルが気になってしかたがない。どうして前妻カオルと離婚したのかも、今の妻ヨシコと再婚したのかも分からない。

仮面の顔をした妻ヨシコと息子ヨシオが居る自宅に戻っても、宅には自分の居場所が無い。家路久は未だに前妻カオルを愛しているのではないだろうか。

そう感じる家路久は、自分が持っていた身に覚えの無い鍵の束をヒントに過去の自分を探し始めた。

■アイムホーム-自分探しの旅
家路久は鍵の束は、愛人や実家などの鍵だった。家路久は鍵を切っ掛けに、過去の自分を知る人物と会って行き、学生時代の親友・山野辺と再開する。

そして、親友・山野辺から、妻ヨシコは親友・山野辺の元彼女で、家路久が親友・山野辺から妻ヨシコを奪って結婚したことを教えられる。

さらに、家路久は妻ヨシコから、息子ヨシオは家路久の子供では無いと教えられる。

■アイムホーム-前妻カオルとの関係
一方・前妻カオルは再婚していたが、娘スバルは新しい父親に馴染めず、家を出て行った家路久と交流を持った。

そのようななか、前妻カオルが癌で入院する。娘スバルは家路久と前妻カオルを会わせようとしたが、前妻カオルは家路久と会うことを拒否する。前妻カオルにとって、家路久は最低な夫だったのだ。

■アイムホーム-離婚届の真相
やがて、家路久は単身赴任した時の荷物の中から離婚届を発見し、一酸化炭素中毒になる前の自分が妻と離婚を考えていた事を知り、困惑する。

一方、家路久は会社から、関連会社を精算するための残務処理でバーレーン行きを命じられる。あからさまな左遷だった。

そして、苦悩する家路久を見た妻ヨシコは、「私もずっと貴方のことが分かりませんでした。ずっと仮面を付けた人と暮らしている気がしました」といい、過去について話し始めた。

妻ヨシコは、交際していた山野辺の紹介で家路久と知り合った。記憶をなくす前の家路久は野心家の銀行員で、親友・山野辺と妻ヨシコが付き合っていたことを知っていたが、妻ヨシコに手を出し、親友・山野辺から妻ヨシコを奪って、妻ヨシコと結婚した。

しかし、家路久が妻ヨシコと結婚したのは、妻ヨシコが資産家の娘だったからだった。家路久は個人的な投資で失敗し、多額の借金を抱えていたのだ。

妻ヨシコが家路久の借金を知ったのは、結婚した後だった。結婚後、後悔の連続だった。妻ヨシコは離婚を考えたが、息子ヨシオと2人でやっていけるか心配だった。

そのようななか、家路久が単身赴任する。そして、妻ヨシコは息子ヨシオとの2人で暮らしを経験し、夫・家路久が居なくてもやっていける考え、単身赴任中の家路久へ離婚届を送った。

すると、家路久は単身赴任先から「君を失いたくない」という電話をかけてくるようになった。

妻ヨシコは、夫・家路久が一酸化炭素中毒になって病院に運ばれたという連絡を受け、初めて家路久を失う恐ろしさを実感したのであった。

その告白を聞いた家路久は、仕事でバーレーン行きになることを明かし、妻ヨシコに「もう待っててくれとは言えない」と告げた。

■アイムホーム-最終回の結末
ある日、家路久の自宅が火事になる。家路久は、燃えさかる自宅に飛び込み、妻ヨシコと息子ヨシオを助けだしたが、煙を吸って意識を失ってしまい病院へと搬送される。

煙を吸った家路久は、一酸化炭素中毒になった時の自分と再会し、過去の自分から、自分なりに妻ヨシコの事を考えており、「ただ家に帰りたかった」と思っていた事を教えられる。

ある日、意識を取り戻した家路久は、病院を抜け出し、鍵を使って火事で燃えた自宅へ入る。そして、焼け落ちた部屋を見ていると、妻ヨシコと息子ヨシオが探しに来た。

家路久が「会いたかった。ここへ帰りたかったんだ」と言って妻ヨシコを抱くと、妻ヨシコは「おかえりなさい」と答えたのであった。

アイムホーム・原作の結末ネタバレ感想文」へ続く。