昭和天皇の痛い逸話のあらすじとネタバレ

天皇の料理番をつとめた秋山徳蔵の生涯を描いた「実話・天皇の料理番のあらすじとネタバレ」の天皇陛下の逸話集「天皇の料理番-昭和天皇の痛い逸話」です。

■昭和天皇の痛い逸話
昭和天皇は側近にも心配りをする人だったので、側近に対して「痛い」という事を決して言わなかった。

ある日、侍医が昭和天皇を定期拝診(詳しい診察)したとき、侍医が「痛うございませんか?」と訪ねると、昭和天皇は「痛い」と言わない人だったので、「痛いとは、どういうことか」と答えた。

すると、侍医は剛胆な人だったので、ピンセットで昭和天皇の皮膚を摘まんだのである。

昭和天皇は思わず、「痛い」と言ってしまい、シマッタという顔をすると、侍医は「これが痛いということです」と答えた。

その他の昭和天皇の逸話は「実話・天皇の料理番-あらすじとネタバレ」をご覧ください。