天皇の料理番-森田梅のモデル

TBSのドラマ「天皇の料理番」のモデル秋山徳蔵の生涯を描く「実話・天皇の料理番」のあらすじとネタバレの登場人物の実在モデル編「天皇の料理番-森田梅(高岡早紀)の実在モデルのネタバレ」です。

実話・天皇の料理番のあらすじとネタバレ目次は「実話・天皇の料理番-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■森田梅(高岡早紀)のモデル
ドラマ「天皇の料理番」に登場する森田梅(高岡早紀)は、原作小説「天皇の料理番」でも森田梅として登場します。

■原作の森田梅
華族会館を飛び出した主人公・秋沢篤蔵(モデルは秋山徳蔵)は、行く当てが無くなって困っていたとき、「シェフ入用」の札を見つけ、町の西洋料理屋「バンザイ軒」で働くようになる。

森田梅は西洋料理屋「バンザイ軒」の女将で、店主(夫)・森田仙之介の妻だが、店主(夫)・森田仙之介は飲む・打つ・買うの揃った遊び人だったので、主人公・秋沢篤蔵に仕事を任せて遊びに出て、2~3日帰らない事も多かった。

そして、店主(夫)・森田仙之介が居ない時に、森田梅は主人公・秋沢篤蔵に「熱があるみたいなんだよ。ちょっと計っておくれ」と言い、布団に連れ込み、肉体関係を持つようになる。

森田梅と主人公・秋沢篤蔵の不倫関係はバレなかったが、主人公・秋沢篤蔵は客と議論をして客を言い負かしたため、店主は主人公・秋沢篤蔵をクビにした。

西洋料理屋「バンザイ軒」は西洋料理店と言っても、カレーライスやコロッケしか作れない学生相手の店だったので、主人公・秋沢篤蔵はバンザイ軒に長居するつもりは無かったが、森田梅との肉体関係が終わる事には未練を感じた。

■森田梅の実在モデル
バンザイ軒の女将・森田梅のモデルを調査したのですが、森田梅のモデルに該当しそうな人物は見つかりませんでした。おそらく、架空の人物です。

ドラマ「天皇の料理番」の登場人物の一覧は「天皇の料理番-実在のモデル」をご覧ください。