天皇の料理番-森田仙之介のモデル

TBSのドラマ「天皇の料理番」のモデル秋山徳蔵の生涯を描く「実話・天皇の料理番」のあらすじとネタバレの登場人物の実在モデル編「天皇の料理番-森田仙之介(佐藤蛾次郎)のモデルのネタバレ」です。

実話・天皇の料理番のあらすじとネタバレ目次は「実話・天皇の料理番-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■森田仙之介のモデル
ドラマ「天皇の料理番」に登場する森田仙之介(佐藤蛾次郎)は、原作小説「天皇の料理番」に森田仙之介として登場します。

■原作の森田仙之介
森田仙之介は町の西洋料理店「バンザイ軒」の主人である。バンザイ軒は西洋料理店と言っても、学生相手の小さな食堂で、カレー・カツレツ・エビフライなど数品しかメニューに無かった。

バンザイ軒は「コック入用」の札を出しており、華族会館を飛び出して宿無しになった主人公・秋沢篤蔵(モデルは秋山徳蔵)が「コック入用」を見て店に飛び込んできたので、森田仙之介は秋沢篤蔵を雇った。

バンザイ軒はそれなりに流行っていたが、森田仙之介は飲む・打つ・買うの三拍子がそろっており、金を持ち出してしまうため、店の内装はボロボロだった。

妻・森田梅は美人だったが、森田仙之介は仕事を秋沢篤蔵(モデルは秋山徳蔵)に任せて遊びに出ると、2~3日も帰ってこない事が多かったので、妻・森田梅はコックの秋沢篤蔵を寝室に連れ込み、不倫をしていた。

ある日、バンザイ軒の客が議論を始めたので、主人公・秋沢篤蔵が口を挟むと、客が激怒する。しかし、主人公・秋沢篤蔵が理路整然と論破すると、客は主人公・秋沢篤蔵に謝罪した。

それを見た、バンザイ軒の亭主・森田仙之介は「客に謝罪させるような奴はおいておけない」と言い、主人公・秋沢篤蔵をクビにした。

主人公・秋沢篤蔵は、バンザイ軒では料理の修業にならないため、バンザイ軒に長居をする気は無かったが、人妻・森田梅との肉体関係が終わることは少し残念に思った。

■森田仙之介(佐藤蛾次郎)の実在モデル
森田仙之介(佐藤蛾次郎)に実在するモデルについて調査したのですが、森田仙之介(佐藤蛾次郎)に相当する人物は見つかりませんでした。おそらく、森田仙之介(佐藤蛾次郎)は架空の人物です。

ドラマ「天皇の料理番」の登場人物の一覧は「天皇の料理番-実在のモデル」をご覧ください。