ようこそ、わが家へ-第5話のあらすじとネタバレ

相葉雅紀が出演するフジテレビのストーカードラマ「ようこそ、わが家へ」の第5話「犠牲者発生!最弱のヒーローが遂に動き出す」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。

ようこそ、わが家へ-第4話のあらすじとネタバレは「ようこそ、わが家へ-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作「ようこそ、わが家へ」のあらすじとネタバレは「ようこそ、我が家へ-原作のあらすじと犯人ネタバレ」をご覧ください。

■ようこそ、わが家へ-第5話のあらすじとネタバレ
倉田健太(相葉雅紀)が部屋で、リビングに仕掛けていた防犯カメラの映像を確認しいていると、倉田珪子(南果歩)が来て「お金が見つかったの」と教えた。

別の引き出しに入れてあったのを、倉田七菜(有村架純)が見つけてくれたのだという。

驚いた倉田健太(相葉雅紀)は、倉田七菜(有村架純)を部屋に連れ込み、「お前、お金に困ってるのか?」と尋ねた。

倉田七菜(有村架純)が「何?気持ち悪い」と怪訝がると、倉田健太(相葉雅紀)は「実は、見ちゃったんだよ」と言い、防犯カメラの動画を見せた。

すると、そこには、倉田七菜(有村架純)がキッチンの引き出しから倉田珪子(南果歩)のお金を盗む様子が映っていた。

倉田健太(相葉雅紀)が「どうしてこんな事をしたんだよ」と追求すると、倉田七菜(有村架純)は「こんなメールが届いてたの。家の5万円を盗め」と告白した。

倉田七菜(有村架純)は辻本正輝(藤井流星)と付き合っていた頃にベッドシーンを撮影しており、盗まれた携帯電話に画像を保存していた。

そのメールに、倉田七菜(有村架純)と元彼・辻本正輝(藤井流星)とベッドシーン画像が添付されていたので、倉田七菜(有村架純)は怖くなり、メールの指示に従って5万円を盗んだが、倉田太一(寺尾聰)が警察に連絡しようとしたので、怖くなってお金を戻したのだという。

そして、メールはフリーアドレスで、メールの送り主は分からなかった。

そこへ、倉田健太(相葉雅紀)の携帯電話に蟹江秀太朗(佐藤二朗)から電話がかかってくる。

神取明日香(沢尻エリカ)が歩道橋の階段から、誰かに突き落とされ、怪我をして病院に運ばれたのだという。

倉田健太(相葉雅紀)が直ぐに病院へ駆けつけると、神取明日香(沢尻エリカ)は頭に包帯をしていたが、元気にしており、明日、精密検査を受けて異常が無ければ、退院するのだという。

倉田健太(相葉雅紀)が「犯人は名無しさんじゃないですか?ウチで古い携帯電話が無くなってた事を言い当てたし?」と心配すると、神取明日香(沢尻エリカ)は「それを盗聴されてたってこと?可能性はありますね」と答えた。

神取明日香(沢尻エリカ)が「防犯カメラの方はどうでした?」と尋ねると、倉田健太(相葉雅紀)は「それが、ちょっと、ややこしいことになってまして」と言い、メールの事を相談した。

翌朝、倉田健太(相葉雅紀)が「画像のことを明日香さん(沢尻エリカ)に相談したんだ。気にするなって。中を見なければ、脅されることも無いって」と話した。

倉田七菜(有村架純)が「アドレスとかも変えなくて良いって事?」と尋ねると、倉田健太(相葉雅紀)は「アクセスを遮断すると、逆に危険だって。ネットに画像をばらまかれたりするからって」と答えた。

倉田健太(相葉雅紀)が「とにかく、何かあったら、直ぐに俺に言え」と告げると、倉田七菜(有村架純)は「明日香さん(沢尻エリカ)のメアドを教えて。お礼をしときたいから」と答えた。

一方、倉田太一(寺尾聰)が出勤すると、西沢摂子(山口紗弥加)が「3000万円の在庫が合わないんです」と報告した。在庫が合わないのは、プリント基盤で使う小型のドリルで、倉庫や配送センターに確認したが、ドリルは無いのだという。

西沢摂子(山口紗弥加)が「相手は相模ドリルで、担当者は真瀬部長(竹中直人)です。放って置くわけにはいきませんよね」と告げると、倉田太一(寺尾聰)は「私から話を聞いてみる」と引き受けた。

その日、倉田健太(相葉雅紀)が神取明日香(沢尻エリカ)の代わりに方々を取材して、円タウン出版社に戻ると、蟹江秀太朗(佐藤二朗)が「シルビアちゃんがお店を止めちゃった。倉田君のお父さんはシルビアちゃんの知り合いなんだよね?合コンをセッティングしてよ」と頼んだ。

倉田健太(相葉雅紀)は呆れて、「嫌ですよ。オヤジに合コンを頼む息子なんて居ませんよ」と拒否した。

さて、倉田太一(寺尾聰)が真瀬博樹(竹中直人)に「真瀬さん(竹中直人)が仕入れたドリルがないんです」とドリルの件を尋ねに行くと、真瀬博樹(竹中直人)は「後で確認するよ」と答えた。

倉田太一(寺尾聰)が「3000万円分おドリルがないんですよ?もう少し慌てた方が良いのでは?」と催促すると、真瀬博樹(竹中直人)は「帳簿が間違っている可能性は確かめたのか?」と尋ねた。

倉田太一(寺尾聰)が「帳簿、そのものが正しいのかどうかは、まだ・・・」と口ごもると、真瀬博樹(竹中直人)は「こっちは忙しいんだ。調べるべきものを調べてから来てくれよ。それと、アンタが俺の代わりに営業してくれるっていうのなら別だが」と嫌みを言い、営業に向かった。

そのころ、倉田七菜(有村架純)は大学で親友の保原万里江(足立梨花)に、名無しさんから送られてきたメールと画像の事を相談していた。

保原万里江(足立梨花)が「ダメだよ。女子アナを目指してるんなら。こういうの一杯撮ってたの?」と呆れると、倉田七菜(有村架純)は「盗まれた携帯電話にはこれだけ」と答えた。

保原万里江(足立梨花)が「他にもあるってこと?」と呆れると、倉田七菜(有村架純)は「旅行に行った時は色々、撮ったけど。パソコンに保存してあるかな。たぶん」と教えた。

保原万里江(足立梨花)が「そういえば、面接はどうだった?」と尋ねると、倉田七菜(有村架純)は「さっき、連絡があったの。5次、通ったって。次が最終。あっそうだ。健康診断の診断書を撮ってこなきゃいけないんだ。ちょっと、行ってくるね」と言い、席を立った。

その日の夜、倉田健太(相葉雅紀)は、神取明日香(沢尻エリカ)が突き落とされた歩道橋へ行き、犯人が逃げたという方向へ歩いて行くと、イメージクラブに防犯カメラが設置されているのに気づいた。

その後、倉田健太(相葉雅紀)が帰宅すると、なぜか神取明日香(沢尻エリカ)が食事をしていた。倉田珪子(南果歩)が食事に招き、話の流れで、神取明日香(沢尻エリカ)は泊まることになっていた。

倉田太一(寺尾聰)が「どうしてジャーナリストを目指したんですか?」と尋ねると、神取明日香(沢尻エリカ)は「父が報道カメラマンをやってたんです。小さい頃、父が撮った写真に、いつか私が記事を書くって約束したんです」と答えた。

倉田太一(寺尾聰)が「うん、うん。そりゃ、お父さん、喜ぶわ」と感心すると、神取明日香(沢尻エリカ)は「私が小学校5年生の時に死んじゃいましたけど」と教えた。

家族の空気が凍り付くと、神取明日香(沢尻エリカ)は「そんなわけないじゃないですか。ごめんなさい。いつも言ってる冗談です。父は普通にサラリーマンをしてます。ジャーナリストは、かっこいいからなったんです」と話した。

その後、神取明日香(沢尻エリカ)は「名無しさんは七菜ちゃん(有村架純)にメールで指示してきたんですよね?だったら、家の中の混乱を盗聴して楽しんだはずです」と言い、倉田健太(相葉雅紀)の部屋で、家の外に向けて設置した防犯カメラの動画をチェックした。

防犯カメラには人影が映っていた。男性のようだが、顔を確認することは出来なかった。

神取明日香(沢尻エリカ)が「辻本くん(藤井流星)かもしれないな。辻本くんがリベンジポルノで送ってきただけかもしれませんね。それか、名無しさんの正体が辻本くんなのか」と告げると、倉田健太(相葉雅紀)は「アイツが全部やってたんですか」と驚いた。

神取明日香(沢尻エリカ)が眠った後、倉田健太(相葉雅紀)は神取明日香(沢尻エリカ)のカバンを倒してしまい、カバンの中から落ちた写真を拾うと、それは少女とカメラを持った男性が写った写真だった。これって・・・。

ようこそ、わが家へ-第5話のあらすじとネタバレ後半」へ続く。

スポンサードリンク