天皇の料理番-フランソワーズの実在のモデル

TBSのドラマ「天皇の料理番」の主人公となる・秋山徳蔵の生涯を実話で描いた「実話・天皇の料理番」の番外編「天皇の料理番-フランソワーズの実在のモデル」です。

実話・天皇の料理番のあらすじとネタバレは「実話・天皇の料理番-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■原作のフランソワーズのあらすじとネタバレ
(注釈:佐藤健が主演する「天皇の料理番」に登場するフランソワーズは歌手ですが、原作小説「天皇の料理番」に登場するフランソワーズは娼婦です。)

パリの高級レストランで働く秋沢篤蔵は、画家を目指してパリにやってきた華族会館時代の元同僚・矢島新太郎とパリで再会した。

そして、秋沢篤蔵と矢島新太郎はパリのバーへと出かけ、娼婦フランソワーズと出会い、秋沢篤蔵は娼婦フランソワーズと良い仲になる。

やがて、秋沢篤蔵は念願が叶ってニースにある「ホテル・マジェステック」で働けることになり、ニースへと引っ越す。

ところが、ニースの「ホテル・マジェステック」で働いていた秋沢篤蔵は、フランスの日本大使館から、大正天皇の即位式に出す料理の準備を頼まれ、帰国することになる。

秋沢篤蔵は帰国する前に娼婦フランソワーズに会いに行くのだが、フランソワーズは引っ越しており、行方が分からなかった。秋沢篤蔵はフランソワーズに後ろ髪を惹かれながらも帰国する。

帰国した秋沢篤蔵は、下宿先の娘・秋山敏子と結婚した後、正式に宮内省に採用され、天皇の料理番となる。

やがて、皇太子(後の昭和天皇)がヨーロッパに外遊することになり、秋沢篤蔵は一足先にフランスへと渡る。

秋沢篤蔵は秋山敏子と結婚していたが、フラソワーズの事が忘れられず、パリで娼婦フランソワーズを探した。しかし、フランソワーズは見つからなかった。

その後、秋沢篤蔵は、フランスで画家をしている元同僚・新太郎のアパートを元を訪れ、晋太郎と再会し、新太郎がフランソワーズと結婚していたことを知る。

秋沢篤蔵が天皇の料理番への就任要請を受けて帰国した後、新太郎はフランソワーズと結婚した。

新太郎は第1次大戦の時に帰国しようと思ったが、フランソワーズが日本の生活に馴染めないだろうと思い、1人で帰国しようとしたが、フランソワーズが何日も泣くので、フランスに残った。

戦時下で絵が売れなくなり、生活が苦しくなると、フランソワーズは再び娼婦として働こうとしたが、新太郎はそれを禁じ、金のためには何でもするようになった。

しかし、食べる物にも困るようになり、フランソワーズは疲労と栄養不足で1年前に死に、新太郎も没落した生活を送っていた。

新太郎から話を聞いた秋沢篤蔵は、フランソワーズと良い仲だったことを明かさす、新太郎と別れた。

■フランソワーズの実在のモデル
原作に登場するフランソワーズについて色々と調べてみたのですが、娼婦ということで何の文献にも登場しませんでした。おそらく、原作小説のオリジナル(架空)の登場人物です。

なお、その他の登場人物の実在のモデルについては「天皇の料理番-実在のモデル」をご覧ください。