ナポレオンの村-実在のモデル

唐沢寿明が主演するTBSの限界集落ドラマ「ナポレオンの村」の実在のモデルを紹介します。

■ナポレオンの村-実在のモデル
ドラマ「ナポレオンの村」のモデルは石川県羽咋市神子原町(神子原地区)で、ドラマ「ナポレオンの村」の主人公・浅井栄治(唐沢寿明)のモデルは、羽咋市の高野誠鮮です。

実在モデルの高野誠鮮は、大学在学中にアメリカへ渡り、帰国後はテレビ番組「11PM」などでUFO企画などを手がけ、UFO研究家の矢追純一とも仕事をする。

その後、実家を継いで僧侶になるため、石川県羽咋市に帰郷して、羽咋市の臨時職員になる。

高野誠鮮は羽咋市の羽咋市教育委員会生涯学習課に所属していたとき、UFOを利用した町おこしを企画して、国から52億6000万円を得て石川県羽咋市鶴多町にUFO博物館「コスモアイル羽咋」を建設する。

高野誠鮮は、この功績が認められて羽咋市の正規職員に採用されるが、上司に嫉まれて農林水産課へ左遷され、限界集落の活性化と農産物のブランド化を担当する。

そして、高野誠鮮は石川県羽咋市神子原町(神子原地区)の農家を説得して居住民を受け入れ、ローマ法王に米子原米を献上することに成功する。さらに、高野誠鮮を説得して直売所「神子の里」を設立する。

こうして、羽咋市神子原町(神子原地区)を活性化させた高野誠鮮は、「立ち上がる農山漁村」や「毎日農業記録賞」などに選ばれ、スーパー公務員と呼ばれるようになった。

ドラマ「ナポレオンの村」のモデルとなった高野誠鮮と石川県羽咋市神子原町(神子原地区)のあらすじとネタバレは「ナポレオンの村-実話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ナポレオンの村-実在のモデルへのコメント

いつもドラます!ドラマのモデルが羽咋と知り、尚親近感が沸き
ました。

私の地元からそんなに遠くもなく、しかも神子原米も聞いた事あります。確か…小学校は木造でした。神子原は昔は
卓球も盛んでしたよ。なんか、嬉しかったです!

  • 投稿者-
  • shimoamada
  • -2015年8月7日