リスクの神様-第4話のあらすじとネタバレ

小日向文世が出演するフジテレビの危機管理ドラマ「リスクの神様」の第4話「汚染から海を救え!危機対策に潜む罠」のあらすじとネタバレです。

リスクの神様-第3話のあらすじとネタバレは「リスクの神様-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■リスクの神様-第4話のあらすじとネタバレ
ある日、サンライズ物産のグループ企業「波丘樹脂」の工業薬品倉庫で火災が発生し、専務・白川誠一郎(小日向文世)はサンライズ物産の危機管理対策室を派遣する。

波丘樹脂の塚原社長(浅野和之)は産の危機管理対策室の西行寺智(堤真一)らを歓迎したが、工業薬品は専門知識を必要とすることから、危機管理対策室に「我々にお任せください」と言い、塚原社長(浅野和之)自らマスコミ対応に当たることを告げた。

波丘樹脂の塚原社長(浅野和之)は、専務時代に起きた波丘樹脂の不祥事を乗り切り、波丘樹脂の不正体質を脱却させ、社長へと上り詰めた危機対策のプロなのである。

さて、消防署の検証の結果、火災の原因はタバコの火の不始末だと判明した。塗装工事の準備で火気厳禁の看板が外れていたため、出入り業者の誰かがタバコを吸ったのだという。

塚原社長(浅野和之)は「残念ながら、責任の一端は我が社にある」と言い、直ぐに記者会見を開いた。

工場火災により、工業薬品が海に流出した可能性があるため、塚原社長(浅野和之)は記者会見で、全てのデータをマスコミに公表し、「水質検査」「プランクトンによる除染」「遊泳禁止」「漁業の停止」などの対応策を発表する。

塚原社長(浅野和之)のマスコミ対策は危機対策管理室から見ても完璧で、普通は揉める漁師との補償交渉も順調に終わり、集まっていたマスコミは何のトラブルも起きないため、帰ってしまった。

そのようななか、西行寺智(堤真一)らは、遊泳禁止の海で貝を捕ってバーベキューをしていた少年らの1人・有田剛(藤本哉汰)が倒れているのを発見し、直ぐに救急車を呼んだ。

しかし、検査の結果、有田剛(藤本哉汰)が倒れたのは流出した化学薬品とは関係無く、有田剛(藤本哉汰)は食中毒と診断されて入院することになった。

神狩かおり(戸田恵梨香)は、駆けつけた母・有田水江(西尾まり)との雑談で、この町の住人は1家に1人は波丘樹脂で働いており、この町があるのは波丘樹脂のおかげだということを知る。

漁師との補償交渉が順調に終わったのも、みんなの生活が波丘樹脂にかかっているからのようだ。

さて、塚原社長(浅野和之)は、波丘大学の研究チームによる水質調査を行い、水質調査の結果を全て公表する。

水質調査でも貝から化学薬品は検出されず、波丘市保健所の調査でも貝から薬品は検出されなかったが、塚原社長(浅野和之)は、念のため、3ヶ月の漁業停止とプランクトンによる除染を発表した。

地元紙は小さく記事にしただけで、大手5紙はどこも波丘樹脂の流出寺家子をニュースを報じていなかった。

塚原社長(浅野和之)の危機対策がマスコミを完全に封じ込めた結果になったが、西行寺智(堤真一)は何もかもが上手くいきすぎていることに違和感を覚え、独自の調査を開始した。

危機管理対策室の結城実(森田剛)は東京科学大学の調査チームを率いて密かに波丘市の水質検査を行っていたが、東京科学大学に圧力がかかったらしく、東京科学大学から検査の中止を通告されてしまった。

一方、神狩かおり(戸田恵梨香)は入院している有田剛(藤本哉汰)を東京に転院させて検査するため、母・有田水江(西尾まり)の説得を試みるが、協力を得られなかった。

さて、西行寺智(堤真一)は、波丘樹脂を育てた専務・白川誠一郎(小日向文世)に面会し、波丘樹脂に隠蔽の可能性がある事を報告し、調査の許可を求めた。

西行寺智(堤真一)は白川誠一郎(小日向文世)にも被害が及ぶ可能性がある事を告げたが、白川誠一郎(小日向文世)は「私も経営者の端くれだ。責任を取る覚悟くらいはあるよ」と言って許可した。

さて、入院している有田剛(藤本哉汰)はいっこうに良くならず、母・有田水江(西尾まり)は不安になって転院させようと思っていたが、夫や義父から「この町にはこの町のやり方がある。この町で生きて行くには、余計な波風を立てないでくれ」と反対されていた。

そのようななか、サンライズ物産について調べていた種子島敏夫(古田新太)が、30年前のある事件の記事を入手して西行寺智(堤真一)に渡す。

ロシアの天然ガス入札に関する贈賄事件で、サンライズ物産は大きな危機に直面した。逮捕されたのは当時の資源開発部長・関口孝雄(田中泯)だった。

謝罪会見を行った当時のエネルギー部長・天童徳馬(平幹二朗)は、副社長を経て今もサンライズ物産で顧問役員をしている。

当時、関口孝雄(田中泯)の部下だった坂手光輝(吉田鋼太郎)はサンライズ物産の社長、白川誠一郎(小日向文世)は専務になり、社内を2分する勢力争いをしている。

さて、種子島敏夫(古田新太)は波丘樹脂の薬品倉庫の火災で報告書を書いた消防員が火災直後に消防署を辞めていた事を掴んでおり、西行寺智(堤真一)は辞めた消防員に会い、真実を話すように求めた。

一方、結城実(森田剛)は看護婦と仲良くなり、有田剛(藤本哉汰)が飲んでいる薬を入手して成分を分析する。また、結城実(森田剛)は波丘樹脂の工場に潜伏して情報を集めた。

ある日、全ての情報を集めた西行寺智(堤真一)は、波丘樹脂の塚原社長(浅野和之)に真相を突きつけた。

波丘樹脂はろ過装置を通して工業廃水を川に流していたが、火災の10日前にろ過装置の故障が判明した。修理をしたが、既に5種類の化学薬品が河に流出していた。

10日後、ろ過装置の故障による化学薬品の自然発火により、火災が起こる。

塚原社長(浅野和之)は、タバコの不始末で火災が起きたことにして、ろ過装置の故障による化学薬品の流出を隠蔽すため、この火災を利用したのだ。

西行寺智(堤真一)は「貴方にとって危機対策は自分の地位を上げるための手段でしかなかった。その場をやり過ごすだけでは、企業の危機は何も解決しない。貴方は決して危機対策のプロではありません」と告げた、全ての経緯をマスコミに公表した。

波丘樹脂を育ててきた専務・白川誠一郎(小日向文世)は、社長・種子島敏夫(古田新太)に今回の一件を謝罪し、波丘樹脂を立て直すため、自分の右腕である科学事業本部長の景浦を波丘樹脂の新社長に送り込む事を報告する。

すると、社長・種子島敏夫(古田新太)は「それはいい。貴方の片腕ともいうべき有能な人物です。では、後任の科学本部長は私の方で決めるとしよう。反省しているんですよ。貴方が優秀だから、ついつい大きな負担をかけてしまった。このさい、科学事業本部担当は他の役員に譲って、身軽になってはどうですか?これからも頼りにしてますよ。何しろ、あの事件のどん底からサンライズ物産をここまで立て直した同士じゃないですか」と告げた。