恋仲-第4話のあらすじとネタバレ

本田翼が出演するフジテレビの恋仲ドラマ「恋仲」の第4話「裏切り」のあらすじとネタバレです。

恋仲-第3話のあらすじとネタバレは「恋仲-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■恋仲-第4話のあらすじとネタバレ
芹沢あかり(本田翼)は、蒼井翔太(野村周平)の部屋で、三浦葵(福士蒼汰)に返したはずの漫画「ワンピース」51巻を見つけた。

ワンピース51巻には、芹沢あかり(本田翼)が三浦葵(福士蒼汰)に書いた手紙が挟まっており、芹沢あかり(本田翼)は激しく動揺する。

芹沢あかり(本田翼)は高校3年生のとき、父親が借金をして造船工場が倒産したため、皆の前から消えた。

そのとき、芹沢あかり(本田翼)は漫画「ワンピース」51巻に「葵へ。ずっと好きでした。来年の花火大会、同じ場所で待ってます。あかり」と書いた手紙を挟み、学校の教室の三浦葵(福士蒼汰)の机に入れた。

しかし、約束の日、三浦葵(福士蒼汰)は現れなかった。振られたと思い、落ち込んで帰ろうとした芹沢あかり(本田翼)を呼び止めたのが、蒼井翔太(野村周平)だった。

芹沢あかり(本田翼)は三浦葵(福士蒼汰)に振られたと思っていたのに、どうして、漫画「ワンピース」51巻が蒼井翔太(野村周平)の部屋に・・・。あのとき、蒼井翔太(野村周平)と出会ったのは偶然だったのか・・・。

さて、居候の金沢公平(太賀)は、三浦葵(福士蒼汰)の妹・三浦七海(大原櫻子)に恋をしたと騒ぎ出す。

三浦葵(福士蒼汰)が「絶対に無い。ちょっとは七海(大原櫻子)の気持ちを考えろ」と呆れると、アドバイスだと勘違いした金沢公平(太賀)は就職活動で疲れている妹・三浦七海(大原櫻子)の為にバーベキューを計画する。

翌日、蒼井翔太(野村周平)が芹沢寛利(小林薫)に50万円を渡した所を目撃した女医・沢田一葉(新川優愛)は、蒼井翔太(野村周平)に「昨日、駐車場で会ってた人、誰?どうしてお金を渡してたの?なんか変なことに巻き込まれてるんじゃない?」と心配したが、蒼井翔太(野村周平)は「沢田(新川優愛)には関係ないだろ」と答えて立ち去った。

心配した沢田一葉(新川優愛)は、病院の受付で名簿を確認し、お金を受け取っていた男性は芹沢寛利(小林薫)だと知る。

一方、三浦葵(福士蒼汰)は設計事務所の先輩・磯原新一(永井大)から、冴木瑠衣子(市川由衣)は三浦葵(福士蒼汰)と別れたことを後悔しており、よりを戻したがっている事を教えられる。

その日の夜、ルームメイトの高梨恵里香(馬場園梓)は、芹沢あかり(本田翼)を心配して事情を尋ねると、芹沢あかり(本田翼)は全てを話し、蒼井翔太(野村周平)が手紙を取ったのではないかと相談した。

すると、高梨恵里香(馬場園梓)は、三浦葵(福士蒼汰)に手紙のことを聞くように助言した。三浦葵(福士蒼汰)が手紙を読んでいたのなら、蒼井翔太(野村周平)が手紙を盗ったというのは誤解だと判明する。

一方、金沢公平(太賀)は妹・三浦七海(大原櫻子)をバーベキューに誘うが、妹・三浦七海(大原櫻子)は即答で断った。

金沢公平(太賀)は食い下がるが、妹・三浦七海(大原櫻子)は「電車だと疲れる」と断る。

そこで、三浦葵(福士蒼汰)が助け船を出し、元カノの冴木瑠衣子(市川由衣)に車を出してもらうことにすると、妹・三浦七海(大原櫻子)は渋々ながらバーベキューを承諾した。

すると、喜んだ金沢公平(太賀)は乗りで「あかり(本田翼)と翔太(野村周平)も誘おうよ」と言ってしまったので妹・三浦七海(大原櫻子)は呆れ果て、金沢公平(太賀)を白い目で見る。

しかし、三浦葵(福士蒼汰)は「もう吹っ切れたよ」といい、2人を誘うことに賛成したので、金沢公平(太賀)は芹沢あかり(本田翼)に電話してバーベキューに誘い、蒼井翔太(野村周平)にも伝えて欲しいと頼んだ。

バーベキューの当日、芹沢あかり(本田翼)は蒼井翔太(野村周平)にバーベキューの事を話していなかったが、「やっぱり、翔太(野村周平)は仕事で来られないって」と言い、1人でバーベキューに参加した。

芹沢あかり(本田翼)はバーベキューの後で三浦葵(福士蒼汰)と2人切りになると、「手紙のこと、覚えてる?机に入れておいたんだけど」と尋ねたが、三浦葵(福士蒼汰)は「そんなの無かったよ」と答えた。

三浦葵(福士蒼汰)が「手紙、書いたの?何て書いたの?」と尋ねると、芹沢あかり(本田翼)は途中で言葉を飲んで、「来年の・・・。来年の受験、本番前に牛乳飲むなって。ほら、高校受験の時も大変だったでしょ。本番前にお腹を壊して」と誤魔化した。

芹沢あかり(本田翼)の疑惑は確信に変わった。私は三浦葵(福士蒼汰)に振られていなかった。蒼井翔太(野村周平)と再会したのは偶然じゃなかった。

そして、芹沢あかり(本田翼)は、蒼井翔太(野村周平)と話をする事を決意する。

一方、同僚の女医・沢田一葉(新川優愛)は、蒼井翔太(野村周平)が担当する入院患者・山城心音(大友花恋)から、蒼井翔太(野村周平)が芹沢あかり(本田翼)と付き合っている事を教えられ、蒼井翔太(野村周平)に彼女が居る事を知って動揺する。

蒼井翔太(野村周平)がお金を渡していた芹沢寛利(小林薫)は、彼女・芹沢あかり(本田翼)の父親だった。それを知った女医・沢田一葉(新川優愛)は・・・。

翌日、バーベキューで良い感じになった冴木瑠衣子(市川由衣)は、蒼井翔太(野村周平)に「やり直したいの。考えておいて」と告白した。

一方、芹沢あかり(本田翼)は蒼井翔太(野村周平)と話すため、病院を訪れると、女医・沢田一葉(新川優愛)に呼び止められた。

女医・沢田一葉(新川優愛)は芹沢あかり(本田翼)を地下の駐車場へ連れて行くと、「どういうつもりで、お付き合いされてるんですか?調べさせてもらいました、貴女のこと。ご実家の造船所、借金を抱えて倒産したそうですね。お金目当てなんですよね」と告げた。

芹沢あかり(本田翼)は「違います」と否定したが、女医・沢田一葉(新川優愛)は「じゃー、あの50万は何なんですか?私、見たんです。貴女のお父さんが、蒼井先生(野村周平)からお金を受け取るところ。お父さんと一緒に騙そうとしてるんですよね?これ以上、彼に近づかないでください」と告げて立ち去った。

その日の夜、蒼井翔太(野村周平)が帰宅すると、部屋で芹沢あかり(本田翼)が待っていた。

芹沢あかり(本田翼)は「お父さんに会ったんでしょ?同僚の沢田さん(新川優愛)に聞いた。会ったんでしょ?どういうことなの?答えてよ。」と尋ねると、蒼井翔太(野村周平)は「葵(福士蒼汰)が仕事先でお父さんに偶然、会ったんだ。それで、東京にいることを知った」と答えた。

芹沢あかり(本田翼)が「どうして教えてくれなかったの?どうしてお金なんか渡したの?お金を渡して、もう私には会うなって言った。どうして?私、ずっとお父さんに会いたかったんだよ」と不満をぶつけた。

さらに、芹沢あかり(本田翼)は「あの夏、富山で再会したのも。葵(福士蒼汰)に返したはずの漫画、なんで翔太(野村周平)が持ってるの?葵(福士蒼汰)に書いたはずの手紙、どうしてそこに入ってるの?手紙を読んで知ってたんだよね?私が富山に戻ってくるって。私が葵(福士蒼汰)に会いに戻ってくるって」と言って泣いた。

蒼井翔太(野村周平)は「ごめん、好きだったんだ。あかり(本田翼)の事が。葵(福士蒼汰)と会わせたくなかった。けど、そんなことしか出来ない自分が苦しかった。あかり(本田翼)と付き合うようになってからも、ずっと不安でたまらなかった。あかり(本田翼)の心の中には葵(福士蒼汰)が居るんじゃないかって。だから、葵(福士蒼汰)が東京にいるって分かったとき、あかり(本田翼)に会わせようと思ったんだ。葵(福士蒼汰)に会わせても、俺を選んでくれると信じて」と謝罪した。

芹沢あかり(本田翼)は「ずっと私のことを疑ってたってこと?私は翔太(野村周平)の事が好きだよ。翔太(野村周平)の彼女になれて幸せだよ。あの日、翔太(野村周平)に会えて良かったとずっと思ってた。なのに信じてくれてなかったの?」と泣く。

すると、蒼井翔太(野村周平)は「じゃー、聞くけどさ。葵(福士蒼汰)に会って、少しも気持ちが揺らがなかったって言い切れる?手紙を見つけたときに思わなかった?ちゃんと葵(福士蒼汰)に届いていれば、運命が変わっていたかもしれないのにって」と指摘した。

本心を指摘された芹沢あかり(本田翼)は「最低」と言い、蒼井翔太(野村周平)の部屋を飛び出した。

翌日、三浦葵(福士蒼汰)は元カノ・冴木瑠衣子(市川由衣)とよりを戻す事を決め、冴木瑠衣子(市川由衣)に会う連絡をする。

そのようななか、三浦葵(福士蒼汰)は高梨恵里香(馬場園梓)から電話を受ける。

芹沢あかり(本田翼)が昨日から帰ってこず、連絡が付かないのだという。蒼井翔太(野村周平)に連絡してみたら、蒼井翔太(野村周平)の様子がおかしいので心配なのだという。

急いで蒼井翔太(野村周平)の部屋を訪れた三浦葵(福士蒼汰)は、蒼井翔太(野村周平)に「あかり(本田翼)と何かあったのかよ」と尋ねると、蒼井翔太(野村周平)は力なく「終わった。もう終わったんだよ、俺たち」と答えたのであった。

恋仲-第5話のあらすじとネタバレ」へ続く。