偽装の夫婦-第8話のあらすじとネタバレ

内田有紀が出演する日本テレビの偽装結婚ドラマ「偽装の夫婦」の第8話「驚愕の再会!変わり果てた夫に妻は・・・」のあらすじとネタバレです。

第1話からのあらすじとネタバレは「偽装の夫婦-原作とあらすじとネタバレ」をご覧ください。

偽装の夫婦-第7話のあらすじとネタバレは「偽装の夫婦-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■偽装の夫婦-第8話のあらすじとネタバレ
母親の夢を見ていた嘉門ヒロ(天海祐希)が目覚めると、そこはレズビアン・水森しおり(内田有紀)の部屋だった。

嘉門ヒロ(天海祐希)はレズビアン・水森しおり(内田有紀)に連れられて部屋に来たてからも泣き続け、そのうち寝てしまったのだという。

レズビアン・水森しおり(内田有紀)は「よかったらしばらくウチに居ませんか?いきなり出てきたんじゃ、泊る場所がないのでは」と誘ったが、誰とも話したくない嘉門ヒロ(天海祐希)は誘いを断った。

レズビアン・水森しおり(内田有紀)の部屋を出た嘉門ヒロ(天海祐希)は、結婚指輪を返していないことに気づき、ゲイ・陽村超治(沢村一樹)の部屋の郵便受けに指輪を入れようとすると、陽村超治(沢村一樹)の部屋から出てきた義母・陽村華苗(富司純子)と出会った。

嘉門ヒロ(天海祐希)は義母・陽村華苗(富司純子)に結婚指輪の返却を頼むが、陽村華苗(富司純子)は「親子の縁を切った」と言い、断った。

陽村華苗(富司純子)は、陽村超治(沢村一樹)が嘉門ヒロ(天海祐希)に偽装結婚を頼んだ事を許せないのだという。

陽村超治(沢村一樹)が部屋から出てきて追いかけてきたが、陽村華苗(富司純子)は富山に帰ってしまった。

嘉門ヒロ(天海祐希)は陽村超治(沢村一樹)に見つからないように身を隠したので、結婚指輪を返し損ねた。

その後、嘉門ヒロ(天海祐希)が両親の墓参りに行くと、郷田天人(佐藤二朗)が待っていた。郷田天人(佐藤二朗)は、嘉門ヒロ(天海祐希)は行くところが無いので、墓に来るだろうと思って、ずっと待っていたのである。

郷田天人(佐藤二朗)は「こういう時はウチに来るといいかもしんれない。一緒に帰ろう。子供の時みたいに」と言って手を差し出すと、嘉門ヒロ(天海祐希)はその手を握った。

さて、郷田家を訪れた嘉門ヒロ(天海祐希)は、郷田照乃(キムラ緑子)と名波八重子(坂井真紀)の喧嘩を傍観する。

郷田天人(佐藤二朗)が嘉門ヒロ(天海祐希)に助けを求めると、嘉門ヒロ(天海祐希)は「私はどうせ家族じゃないし、自分の事でいっぱいいっぱいなんで、どうでもいいし、おめえらのことは」と心の声を漏らしてしまった。

郷田天人(佐藤二朗)と名波八重子(坂井真紀)が「今の何?凄いこと言ったけど」と驚くと、嘉門ヒロ(天海祐希)は「あー、心の声が出ちまったぜ、また」と心の声を漏らした。

それを聞いた郷田照乃(キムラ緑子)は「面白いわね。やっと、ヒロの心の声が聞けた。良い機会だから、言いたいことを言えば?どうせ私の事を、死ねクソババアとでも思ってるんでしょ」と喜んだ。

嘉門ヒロ(天海祐希)は、郷田照乃(キムラ緑子)が自分の事を嫌っていると言い、今まで思っていた事を郷田照乃(キムラ緑子)にぶちまけた。

しかし、郷田天人(佐藤二朗)は、郷田照乃(キムラ緑子)は嘉門ヒロ(天海祐希)の事が大好きだと言い、ネタバレをした。

名波八重子(坂井真紀)は子供のころ、郷田照乃(キムラ緑子)によく絵本を読んでもらっていたが、名波八重子(坂井真紀)はいつも1ページ目で寝てしまっていた。

しかし、郷田照乃(キムラ緑子)は絵本を読むことを止めず、最後まで読んだ。郷田照乃(キムラ緑子)は、ドアの外で嘉門ヒロ(天海祐希)が絵本を聞いていたのをしっていたからである。

それに今も、郷田照乃(キムラ緑子)は家政婦を図書館へ行かせ、嘉門ヒロ(天海祐希)の様子を探らせていたのだ。

それを聞いた名波八重子(坂井真紀)は、郷田天人(佐藤二朗)に「こうなったら、ヒロちゃんのご両親がなんで亡くなったのか言った方がいいよ。お兄ちゃん、お母さんを押さえて。こうなったら、アレを見せた方が早い」と提案した。

郷田照乃(キムラ緑子)は「それを言ったら、親子の縁を切るよ」と怒ったが、郷田天人(佐藤二朗)と名波八重子(坂井真紀)は郷田照乃(キムラ緑子)を壁に押さえつけて服をめくり、郷田照乃(キムラ緑子)の背中を嘉門ヒロ(天海祐希)に見せた。

すると、郷田照乃(キムラ緑子)の背中には大きな火傷の跡があった。

名波八重子(坂井真紀)は「ヒロちゃん(天海祐希)のご両親が家事で死んだのは、事故じゃなくて、ヒロちゃんのお母さんが火を付けたからなの。お父さんが浮気しているのを知って。そのとき。燃える家の中から、ママ(キムラ緑子)がヒロちゃんを助けたの。ママ、そのとき、背中に大やけどを負った。でも、そのことを知ったらヒロちゃんが傷つくから、一生隠すことを決めたの、ママは」と教えた。

すると、郷田照乃(キムラ緑子)は「アンタの母親が大嫌いだった。妹の私より何倍も綺麗で、親の言う事は聞くし、誰に対しても笑顔を振りまいているくせに、平気で嘘をついて周りに迷惑を掛けるし。貴方はそんな姉にどんどん似てきて、いつまでも母親を美化しているから、腹が立って仕方がなかった。本当の事をぶちまけたくなるのを必死で我慢して。だから、アンタとまともに向き合うことから逃げて、優しいことも言えなくなった。でもね、私はアンタをひとりぼっちにするつもりはなかったんだよ。今更、何を言ってんだって感じだけどね、許してもらおうとは思わないから、怨みたければ、怨めば?」と告げた。

すると、名波八重子(坂井真紀)は郷田照乃(キムラ緑子)のモノマネをして「アンタの家族はここに居るよ。アンタさえ良ければ、いつでも帰りを待ってるよ」と告げた。

嘉門ヒロ(天海祐希)は「ごめんね、天ちゃん、ごめんね、八重ちゃん。ごめんなさい、おばさん。私の事を傷つけないように、守っててくれたのに、皆のことを信じないで家族とも思わなくて、本当に私って馬鹿なのね」と言って泣いた。

その後、嘉門ヒロ(天海祐希)は無断欠勤していた図書館に復帰し、心の声でつぶやく事を止めて、ハッキリと口に出して言うことにした。

そのようななか、弟子丸保(工藤阿須加)が図書館に本を返却に来る。

弟子丸保(工藤阿須加)が「離婚するんですって。僕のせいですか?」と尋ねると、嘉門ヒロ(天海祐希)は「私が彼を好きになっちゃったの。だから辛いの。彼が私を好きになる事なんてないし」と離婚の理由を打ち明けた。

嘉門ヒロ(天海祐希)が「彼の家に置いてきた本を送ってもらえないかな。叔母の家にやっかいになることにしたので」と頼むと、弟子丸保(工藤阿須加)は「いいですよ。でも、その前に超治さん(沢村一樹)に会ってくれませんか?ヒロさが居なくなってから、家から一歩も出てないんです。すっかり別人になってしまって。それに、まだ出してないんです、離婚届」と頼んだ。

翌日、嘉門ヒロ(天海祐希)が陽村超治(沢村一樹)の部屋を訪れると、陽村超治(沢村一樹)は嘉門ヒロ(天海祐希)が何を考えていたのかを知るため、嘉門ヒロ(天海祐希)の本を全部、読もうとしてるところだった。

そして、陽村超治(沢村一樹)はすっかり変わり果て、以前の嘉門ヒロ(天海祐希)のように、偽りの笑顔を浮かべるようになっていた。

嘉門ヒロ(天海祐希)は、そんな陽村超治(沢村一樹)に「現実から目を背けて本の世界に逃げ込んで、『アナ雪』のエルザになったつもり?これから50、60、70、80、ずーっと氷の城で1人、生きていくの?私が居たら、周りを不幸にするとか、自分で呪いを掛けてるんじゃないわよ。そんなの、私の好きな陽村超治(沢村一樹)じゃない」と言い放った。

陽村超治(沢村一樹)が「おまえ、それって」と驚くと、嘉門ヒロ(天海祐希)は「25年ぶりに再開して、初めて私に言ってくれた言葉です。早く、私の好きだった貴方に戻ってください。超治(沢村一樹)だから引き受けたんだよ、偽装結婚」と告げた。

その言葉を聞いて立ち直った陽村超治(沢村一樹)は、嘉門ヒロ(天海祐希)と一緒に区役所へ行き、離婚届を提出した。

その後、嘉門ヒロ(天海祐希)と陽村超治(沢村一樹)は、銀杏並木の下に立っていた。

嘉門ヒロ(天海祐希)は「忘れるところだった」と言い、結婚指輪を返すと、陽村超治(沢村一樹)は「考えて見れば、あっという間だったな、結婚生活」と言い、結婚指輪を握りしめた。

嘉門ヒロ(天海祐希)が「これからどうするんですか?」と尋ねると、陽村超治(沢村一樹)は「しばらく旅に出ると思う25年前みたいに」と答えた。

陽村超治(沢村一樹)が「お前は?」と尋ねると、嘉門ヒロ(天海祐希)は「図書館で働きます。できるだけ、長く。色んな人に愛されていたことも分かったし、今までみたいに1人で生きていくみたいなことはしないから」と答えた。

陽村超治(沢村一樹)が「俺に何か出来る事があったら。いつでも連絡をくれよ。いつでも駆けつけるから」と告げると、嘉門ヒロ(天海祐希)は陽村超治(沢村一樹)にハグして「ハグしていいか?ってもうしてるけど。・・・ありがとう、超治(沢村一樹)。自分を愛することを教えてくれて」と礼を言った。

すると、陽村超治(沢村一樹)は「良いこと思いついた。もし、1年後、お互いに付き合っている人が居たら、また、ここで会わない?同じ時間に。それで恋人を紹介し合おう」と提案すると、嘉門ヒロ(天海祐希)は「分かった」と答えた。

そして、陽村超治(沢村一樹)と嘉門ヒロ(天海祐希)は、フランス語で別れを交わすと、それぞれの方向に歩んでいった。

それから1年後、同じ日、同じ時間、同じ場所で、陽村超治(沢村一樹)と嘉門ヒロ(天海祐希)は再開するのであった。

偽装の夫婦-第9話のあらすじとネタバレ」へ続く。