とと姉ちゃん 青柳滝子と青柳商店の実在のモデル

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のモデルとなる大橋鎭子(大橋鎮子)の生涯を描く実話「とと姉ちゃん-大橋鎭子(大橋鎮子)と花森安治の生涯」の番外編「青柳滝子と青柳商店のモデル」です。

実話「とと姉ちゃん-大橋鎭子(大橋鎮子)と花森安治の生涯」の目次は「とと姉ちゃん 大橋鎭子(大橋鎮子)と花森安治の生涯」をご覧ください。

■青柳滝子と青柳商店のモデル
ドラマ「とと姉ちゃん」に登場する青柳滝子(大地真央)と青柳商店のモデルは、木材屋の女将・「大橋きん」です。

ドラマ「とと姉ちゃん」に登場する青柳滝子(大地真央)は、小橋君子(木村多江)の母親で、主人公・小橋常子(高畑充希)の祖母にあたります。

青柳滝子(大地真央)は、東京・深川で江戸時代から続く老舗の木材問屋「青柳商店」の女将です。

商売第一だった青柳滝子(大地真央)は、娘の小橋君子(木村多江)とそりが合わず、2人は喧嘩別れしますが、孫の主人公・小橋常子(高畑充希)らには愛情を持って接します。

■モデルとなった大橋きん
ドラマ「とと姉ちゃん」に登場する東京・深川の木材問屋「青柳商店」は、主人公・小橋常子(高畑充希)の母方の実家ですが、実話では大橋鎮子(大橋鎭子)の父方の実家(養子先)です。

大橋鎮子(大橋鎭子)の父・大橋武雄の実家は、岐阜県養老郡時村(現在の岐阜県大垣市)にあります。父・大橋武雄の実家は、名字帯刀が許された名家だったそうです。

しかし、大橋武雄は、早くに父親を結核で亡くし、次男だったこともあり、10歳の時に東京・深川で材木商を営む大橋谷吉・大橋きん夫婦の養子になります。

大橋谷吉・大橋きん夫婦は、大橋武雄の父親の従兄弟です。子供が居なかったので、大橋武雄を養子にもらい、一人息子として大事育てましたが、父・大橋武雄は北海道の学校へと進学してしまいます。

その後、北海道帝国大学を卒業した大橋武雄は東京・深川の実家にもどり、大橋久子(宮原久子)と結婚。結婚後に仕事で北海道へ渡るのですが、北海道で結核に感染してしまい、仕事を辞めて東京の病院に入院します。

大橋きんは、結核で入院した大橋武雄に付き添って看病しましたが、大橋武雄は結核で死んでしまいます。

父・大橋武雄の生涯は「とと姉ちゃん 父・小橋竹蔵のモデルは大橋武雄」をご覧ください。

スポンサードリンク