ナオミとカナコ-最終回のあらすじと結末ネタバレ

フジテレビのドラマ「ナオミとカナコ」の原作となる奥田英朗の小説「ナオミとカナコ」のあらすじとネタバレ読書感想文の中編「ナオミとカナコ-最終回のあらすじと結末ネタバレ」です。

このページは「ナオミとカナコ-原作のあらすじとネタバレ」からの続きです。

このページには原作小説「ナオミとカナコ」のあらすじや最終回の結末ネタバレが含まれています。最終回の結末ネタバレを知りたくない人は閲覧にご注意ください。

■ナオミとカナコ-家族会議

小田直美(ナオミ)と服部加奈子(カナコ)は夫・服部達郎の排除(殺害)に成功したが、夫・服部達郎の実家は失踪に納得せず、服部加奈子を呼んで家族会議を開いた。

その家族会議で、夫・服部達郎の妹・陽子は、1000万円なんてエリート銀行員の人生を棒に振る程の額じゃではない、と兄・服部達郎の横領に疑問を感じた。

さらに、妹・陽子は、兄・服部達郎の銀行口座に500万円の預金があるのに、横領した1000万円から200万円だけを引き出して外国へ行くのは不自然だ、と指摘した。

そして、妹・陽子は、興信所を使って兄・服部達郎が失踪した理由を調べれば、何か手がかりが得られるのではないか、と提案した。

■ナオミとカナコ-同僚・山本の指摘

翌日、服部加奈子は夫の同僚・山本から、夫・服部達郎の横領と失踪について不審点を指摘される。

そこで、同僚・山本は、高額の振り込みは支店長がチェックする決まりになっており、銀行員が妻の口座に振り込んで横領するというのはふに落ちない、と話す。

さらに、同僚・山本は、ATMでは100万円までしか下ろせないうえ、防犯カメラに写る危険があるのに、銀行員が横領にATMを使うのは不自然だと話す。

それを聞いた服部加奈子は、完璧だと思っていた自分たちの排除計画が全くの素人考えであったことに驚いてしまう。

その後、同僚・山本は独自の調査でATMの近くにある防犯カメラの映像を確認し、夫・服部達郎の背後に2人の女性の存在を突き止めるが、事件を隠蔽したい支店長に睨まれ、これ以上の調査を断念する。

■ナオミとカナコ-終わりの始まり

ある日、DV夫から解放された服部加奈子は、小田直美の紹介で、李朱美の面接を受け、李朱美の会社で働くことが決まる。

その日、妹・陽子が興信所の調査員を雇ってマンションの防犯カメラを確認しようとしたが、管理人に断られていた事が判明する。

服部加奈子は、防犯カメラの存在を知って驚く。防犯カメラには、大きな鞄を持った田直美と服部加奈子が映っているはずだ。

防犯カメラの確認を断られた妹・陽子は服部加奈子に「管理組合に頼んで欲しい」と頼んだ。調査会社には警察のOBがおり、防犯カメラの確認には警官が立ち会うのだという。

服部加奈子は絶体絶命のピンチに陥るが、幸運にもマンション管理会社は「警察の要請がなければ見せられない」というテンプレート回答であり、妹・陽子は防犯カメラの映像を確認出来なかった。

ある日、中華街にある李朱美の会社で働いていた服部加奈子は、200万円を渡して上海へ帰国させた中国人の林竜輝(リン・リユウキ)を目撃する。

驚いた服部加奈子と小田直美は、中国人・林竜輝を呼び出して問い詰める。

さいわい、中国人・林竜輝は、自分のパスポートを取得して日本に入国していたので、形式的には夫・服部達郎は日本から上海へしたままであった。

小田直美は上海への帰国を迫ったが、中国人・林竜輝は拒否し、家族と一緒に住める大きな家を建てるため、もう1年だけ日本で働かして欲しいと懇願する。

小田直美は、あのパスポートの持ち主はヤクザに命を狙われていると脅し、妥協案として東京以外で働くように告げると、中国人・林竜輝は「これから出稼ぎに来る人に迷惑がかかる」と言い、交代が来るまで3日だけ時間が欲しいと頼んだ。

一方、妹・陽子は服部加奈子の居ない間に、マンションの管理組合にゴリ押しして、防犯カメラの映像を確認していた。

さらに、妹・陽子は調査会社や盗聴器を使い、認知症の斎藤夫人の存在や、服部加奈子と小田直美が親友であることまで突き止めていた。

服部加奈子と小田直美は、中国人・林竜輝の存在だけは隠し通そうとしたが、興信所の調査員に中国人・林竜輝の存在を知られてしまう。

ある日、服部加奈子の妊娠が発覚する。服部加奈子はピルを飲んでいたのだが、夫・服部達郎のDVで顔が腫れ、病院に行けずに、ピルを切らしていた時期があった。その時に妊娠してしまったのだ。

そのようななか、妹・陽子が服部加奈子の部屋を訪れる。

妹・陽子は、中国人・林竜輝の存在や防犯カメラの映像から、小田直美と服部加奈子の殺人計画にたどり着いており、「私のお兄ちゃんを殺したでしょ。自殺させてあげる。もうすぐ警察が来て、あんた、捕まるよ」と言い、服部加奈子に自殺を勧告した。

しかし、服部加奈子はあくまでも夫・服部達郎を殺していないと言い張り、2人の話し合いは決裂した。

翌日、服部加奈子は小田直美に電話して昨夜の出来事を報告すると、パスポートと現金を持ち歩き、警察に任意同行を求められた時は空メールで合図を送ることを決めた。

その日、服部加奈子が仕事から帰宅すると、マンションの前で刑事に声を掛けられ、任意同行を求められる。

服部加奈子は半ば強制的に警察署へと連行されるが、打ち合わせ通りに小田直美に空メールを送る。

刑事は全ての状況証拠を揃えて事件の真相にたどり着いていたが、夫・服部達郎の死体は見つけておらず、逮捕までは出来なかった。

服部加奈子は取り調べに対して「銀行から、夫・服部達郎は上海へ行ったと聞いている」と言い、あくまでもシラを切り続けた。

任意同行なので、時間が来れば解放して貰えると思っていたが、刑事は服部加奈子を帰そうとはせず、服部加奈子はピンチに陥る。

そこへ、弁護士が来て警察に服部加奈子の解放を要求する。服部加奈子からの空メールを受けた小田直美が李朱美に相談して弁護士を紹介してもらったのだ。

弁護士は「明日、改めて出頭させる」と警察に約束し、服部加奈子を解放させると、服部加奈子を小田直美の所まで送り届けた。

すると、弁護士は「後のことは知らない。明日の午前9時に再出頭することになってるけど、警察に聞かれても、夕べのうちに解任されたと言うから」と言い、報酬50万円を受け取ると立ち去った。

自由な時間は明日の午前9時まで。それを過ぎると警察が動くかもしれない。服部加奈子と小田直美は、上海へ逃げる事を決め、それぞれに帰宅し、荷物をまとめて明日の朝に合流することにした。

■ナオミとカナコ-最終回の結末ネタバレ

翌朝、小田直美は服部加奈子を迎えに行くと、服部加奈子の部屋の前で、妹・陽子と興信所の調査員が見張っていた。妹・陽子は警察から釈放の連絡を受け、逃げるに決まっていると思い、服部加奈子を見張っていたのだ。

小田直美と服部加奈子はタクシーで逃げたが、妹・陽子がどこまでも追いかけてくるので、小田直美はタクシーを降りて電車に乗り、服部加奈子と別れて再び東京駅で合流した。

ところが、小田直美と服部加奈子の前に、振り切ったはずの妹・陽子が現れた。

不思議に思った服部加奈子は、スマートフォンにGPSアプリがインストールされていることに気づき、スマートフォンを成田空港行きのバスにあった知らない人のカバンの中に入れた。

これで姉・陽子は、スマートフォンを追いかけて成田空港へ向かうだろう。

しかし、こんな小細工は直ぐにバレる。姉・陽子が警察に通報すれば、小田直美と服部加奈子は羽田空港で警察に捕まるかもしれない。

その後、羽田空港に到着した小田直美と服部加奈子は、警察の影に怯えながらも、ゲートに向かい、無事に出国の手続きを終えたのであった。

ナオミとカナコ-最終回の結末ネタバレ読書感想文」へ続く。