陸王の登場人物の実在のモデル一覧のネタバレ

池井戸潤の原作小説「陸王」の登場人物の実在のモデル一覧です。モデルの紹介は原作ベースです。

原作小説「陸王」のあらすじとネタバレは「陸王-原作のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■陸王の登場人物の実在のモデル

原作者・池井戸潤は小説「陸王」のモデルについて、「基本的に、モデルになる人やモノはありません。そういうものがあると、逆に書くのが難しい」「モデルがなくても書けるのが作家です」とコメントしている。

ここで紹介する登場人物のモデルは、あくまでも当サイト「あらすじと最終回ネタバレ」のオリジナル解釈です。

陸王の実在のモデル
ドラマ キャスト モデル 登場人物の備考
宮沢紘一 役所広司 埼玉県行田市の足袋製造会社「こはぜ屋」の3代目社長
宮沢大地 社長・宮沢紘一の息子。就職活動をしながら、「こはぜ屋」で働いている。
宮沢美枝子 社長・宮沢紘一の妻。
宮沢茜 社長・宮沢紘一の娘。父・宮沢紘一に靴を買いに行かせる。
富島玄三 「こはぜ屋」の経理担当で、陸王プロジェクトには反対する
安田利充 「こはぜ屋」の係長。宮沢大地をソール開発に推薦する
家長亨 埼玉中央銀行の支店長。過去の実績しか評価しない。
坂本太郎 埼玉中央銀行の融資担当。中小企業を大切にしている
大橋浩 埼玉中央銀行の融資担当。「こはぜ屋」にタチバナラッセルを紹介する。
城戸明宏 ダイワ食品・陸上競技部の監督。
茂木裕人 ダイワ食品・陸上競技部の選手。シューズフィッター村野尊彦の勧めにより、「陸王」を履く。
平瀬孝夫 ダイワ食品・陸上競技部の選手。
立原隼斗 ダイワ食品・陸上競技部の選手。
毛塚直之 毛塚直之はアジア工業・陸上競技部の選手で、ダイワ食品の茂木裕人のライバル

陸王のモデルは金栗四三の金栗足袋と黒坂辛作

スポンサードリンク