僕のヤバイ妻-第3話のあらすじとネタバレ後編

木村佳乃が恐怖過ぎるフジテレビの僕ヤバドラマ「僕のヤバイ妻」の第3話「魔女の新たな罠」のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「僕のヤバイ妻-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■僕のヤバイ妻-第3話のあらすじとネタバレ後編
さて、望月真理亜(木村佳乃)の携帯電話を壊した北里杏南(相武紗季)は、緒方彰吾(眞島秀和)が必ず望月真理亜(木村佳乃)に接触しに来ると考えていた。

そこで、北里杏南(相武紗季)は、近くに潜伏し、やってきた緒方彰吾(眞島秀和)を尾行して潜伏先を突き止める作戦に出た。

望月幸平(伊藤英明)は指示通り、望月真理亜(木村佳乃)と一緒に車で帰宅したが、望月真理亜(木村佳乃)を下ろして車を車庫に入れ、車庫から出ようとしたところを緒方彰吾(眞島秀和)に襲われてしまう。

望月幸平(伊藤英明)は緒方彰吾(眞島秀和)に刺されそうになるが、異変に気づいて駆けつけた望月真理亜(木村佳乃)が緒方彰吾(眞島秀和)を止めた。

緒方彰吾(眞島秀和)は、望月真理亜(木村佳乃)が望月幸平(伊藤英明)を選んだ事にショックを受け、「真理亜さん(木村佳乃)は僕と一緒の方が幸せになれたはずなんです」と言い残して立ち去った。

さて、殺されそうになった望月幸平(伊藤英明)は「もう一緒に居られない」と激怒して、車庫を出て自宅へと向かった。

望月真理亜(木村佳乃)は「まって。私には2億円があるわ」と言って望月幸平(伊藤英明)を追いかけた。

そして、望月幸平(伊藤英明)と望月真理亜(木村佳乃)が自宅に入ると、突然、クラッカーが鳴った。

望月幸平(伊藤英明)の家族や横路正道(宮迫博之)が、望月真理亜(木村佳乃)の退院祝いのサプライズパーティーを企画していたのだ。

そこへ、向かいに住む鯨井和樹(高橋一生)が「パエリアを焼きすぎた」と言い、パエリアを持ってきた。

やがて、食事が終わり、隣人・鯨井和樹(高橋一生)が帰る。

横路正道(宮迫博之)は、キッチンで一人で飲んでいた望月幸平(伊藤英明)の元へ行き、警察が緒方彰吾(眞島秀和)を犯人とみて捜査している事を教えた。

しかし、横路正道(宮迫博之)は警察の見解とは違い、誘拐事件は浮気している夫・望月幸平(伊藤英明)を苦しめるため、望月真理亜(木村佳乃)が計画した自作自演ではないかという推理していた。

その推理を聞いた望月幸平(伊藤英明)は「面白いですね。夫婦は何でもありですもんね」と平然を装っていると、北里杏南(相武紗季)から電話がかかってきたので、風呂場へ行き、電話に出た。

北里杏南(相武紗季)は緒方彰吾(眞島秀和)が潜伏しているレンタルルームを突き止め、「これで2億円は私たちのものね。場所は後でメールしとくね」と告げると、望月幸平(伊藤英明)は「よっしゃ」と大喜びした。

そのとき、横路正道(宮迫博之)は風呂場の外で盗み聞きをしていた。

さて、退院パーティーが終わってみんなが帰り、望月幸平(伊藤英明)も上機嫌で酔いつぶれて寝込んだ。

すると、望月真理亜(木村佳乃)は、1人で家を出て小暮久雄(佐々木蔵之介)のバーを訪れた。

望月真理亜(木村佳乃)が「予想外だった。緒方君(眞島秀和)があんな滅茶苦茶なことをするなんて」と話すと、小暮久雄(佐々木蔵之介)は「最初から予定通りには行かないと言ったはずだ。もう諦める?」と告げた。

望月真理亜(木村佳乃)が「最期までやり遂げる。N31に誓って」と答えると、小暮久雄(佐々木蔵之介)は「だったら覚悟を決めるしか無い。彼が罪を被ってくれるのなら、好都合だ。・・・俺だったら彼に死んでもらう」と告げた。

それを聞いた望月真理亜(木村佳乃)は動揺したが、バーを出ると、公衆電話から緒方彰吾(眞島秀和)に電話を掛け、「今から会える?」と告げた。

翌朝、望月幸平(伊藤英明)が自宅のソファーで目覚めると、望月真理亜(木村佳乃)の姿はなく、「先にお店に行って焙煎の練習をしています」という望月真理亜(木村佳乃)のメッセージカードが置いてあった。

望月幸平(伊藤英明)は望月真理亜(木村佳乃)が居ないのでチャンスだと思い、緒方彰吾(眞島秀和)が潜伏しているレンタルルームへと向かった。

しかし、緒方彰吾(眞島秀和)は部屋には居らず、部屋には2億円が入ったクーラーボックスが残されていた。

望月幸平(伊藤英明)は「遂に手に入れた。俺の勝ちだ」と喜び、クーラーボックスを開けるが、中にはコーヒー豆が入っており、お金は入っていなかった。・・・どういうことだ?

そのころ、カフェに居る望月真理亜(木村佳乃)は、運送会社からコーヒー豆の入った麻袋を受け取っていた。

実は、望月真理亜(木村佳乃)は市場で緒方彰吾(眞島秀和)に接触したとき、望月幸平(伊藤英明)に尾行されている事に気づいていた。

そこで、望月真理亜(木村佳乃)はクーラーボックスを開け、クーラーボックスに2億円が入っている事を望月幸平(伊藤英明)に見せつけた。

そして、緒方彰吾(眞島秀和)と別れた後、望月幸平(伊藤英明)とバッタリと出会ったようなふりをして、望月幸平(伊藤英明)の尾行を妨害した。

一方、お金の入ったクーラーボックスを持っていた緒方彰吾(眞島秀和)は、市場で麻袋に入ったコーヒー豆を買い、コーヒー豆とクーラーボックスのお金を入れ替え、2億円の入った麻袋をカフェに届けるように、手配していたのである。

さて、カフェには、コーヒー豆を熟成させるため、長期間、保存しているコーヒー豆があった。

望月真理亜(木村佳乃)は望月幸平(伊藤英明)から、何度も熟成中のコーヒー豆の話を聞かされていたので、2億円の隠し場所に最適だと考えていた。

このため、運送会社から2億円の入った麻袋を受け取った望月真理亜(木村佳乃)は、カフェで保存している熟成中のコーヒー豆を捨て、代わりに現金2億円を入れて隠した。

2億円は、計画を成し遂げるために必要であり、望月幸平(伊藤英明)を繋いでおく命綱だった。

一方、望月幸平(伊藤英明)は、緒方彰吾(眞島秀和)が潜伏中のレンタルルームで2億円を必死に探していたが、パトカーのサイレンが聞こえてきたので、慌ててレンタルルームを飛び出した。

すると、レンタルルームの駐車場に人だかりが出来ており、パトカーはそこで止った。

望月幸平(伊藤英明)は気になり、野次馬に混じってパトカーの止った所に行くと、望月真理亜(木村佳乃)の絵を抱えた緒方彰吾(眞島秀和)が血を流して倒れていたのであった。

僕のヤバイ妻-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

僕のヤバイ妻-第3話のあらすじとネタバレ後編へのコメント

ドラマを見逃したのであらすじが読めて良かったです。感謝してます!

  • 投稿者-
  • ミックスナッツ
  • -2016年5月8日