僕のヤバイ妻-N31の意味と考察と疑義とネタバレ

木村佳乃が恐怖過ぎるフジテレビのドラマ「僕のヤバイ妻」に登場する「N31」の意味と考察と疑義とネタバレです。

僕のヤバイ妻のあらすじとネタバレは「僕のヤバイ妻-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■N31の意味のネタバレ

バーのマスター小暮久雄(佐々木蔵之介)は、7年前、「November31(ノーベンバー31)」というバーを経営していた。

November31は11月31日を意味しており、11月に31日は存在しないが、小暮久雄(佐々木蔵之介)は11月30日から翌日に変わる瞬間に、妻聡子にプロポーズしていたため、それを記念してNovember31と名付けていた。

しかし、7年前に妻サトコが死んだため、小暮久雄(佐々木蔵之介)はバー「November31」を閉めることにした。

望月真理亜(木村佳乃)は小暮久雄(佐々木蔵之介)を励まし、死んだサトコの分まで幸せになると言い、望月幸平(伊藤英明)を連れてバー「November31」を訪れた。

望月真理亜(木村佳乃)と望月幸平(伊藤英明)が、November31の最後の客だった。

そこで、望月真理亜(木村佳乃)と望月幸平(伊藤英明)は「死が二人を別つまで一生離れない」と誓い、バー「November31」のコースターでワインの血判状を作った。

つまり、N31は「November31」の略であり、N31の誓いという意味は、November31で「死が二人を別つまで一生離れない」と誓い合った事を意味する。

しかし、N31には、もう1つの意味が隠されていた。

■N31に隠された本当の意味

バーのマスター小暮久雄(佐々木蔵之介)は、望月真理亜(木村佳乃)の家庭教師だったが、突如として家庭教師を解雇されていた。

しかし、解雇理由は望月真理亜(木村佳乃)と恋愛関係に発展したからではなく、両親の反対を押し切って望月真理亜(木村佳乃)を海外留学させたからだった。

箱入り娘として育ててきた両親は、望月真理亜(木村佳乃)の海外留学を心配し、イギリスの誘拐保険に加入させた。

誘拐保険の受取人は望月真理亜(木村佳乃)の両親だったが、両親が死んだだめ、契約が変更され、新条項が加わり、望月幸平(伊藤英明)が受取人となっていた。

そして、望月幸平(伊藤英明)が受取人に指定するために追加された新条項のナンバーが「N31」だった。

その結果、最終回で望月幸平(伊藤英明)は誘拐保険の保険金16億円を受け取っている。

つまり、N31は誘拐保険で追加された新条項「N31」のことであり、望月幸平(伊藤英明)は保険金を受け取るのに必要だったということになる。

なお、僕のヤバイ妻-最終回のあらすじと結末ネタバレは「僕のヤバイ妻-最終回のあらすじと結末ネタバレ」をご覧ください。