神の舌を持つ男-原作とあらすじとネタバレ

向井理が主演するTBSの温泉ドラマ「神の舌を持つ男」の原作やあらすじとネタバレです。

朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演中の向井理が「朝ドラで忙しい」と言って出演を拒否して、TBSが激怒?堤幸彦が20年間、温めていた問題作「神の舌を持つ男」が2016年7月期に放送を開始する!

■神の舌を持つ男-原作と主題歌

神の舌を持つ男
主題歌 坂本冬美の新曲「女は抱かれて鮎になる」
原作 原作は無し。櫻井武晴のオリジナル脚本
放送局枠 TBSの金曜日の夜10時枠
放送開始日 2016年7月

■神の舌を持つ男-出演者とキャスト
朝永蘭丸(向井理)・・・色々な事が分かってしまう神の舌の持ち主で、色々な物をペロペロして事件を解決していく役。

甕棺墓光(木村文乃)・・・2時間ドラマが好きで、事件解決の手がかりになりそうな物を見つけて朝永蘭丸(向井理)にペロペロさせる役。

宮沢寛治(佐藤二朗)・・・2人の暴走を止める沈着冷静な役。

■神の舌を持つ男-あらすじとネタバレ

朝永蘭丸(向井理)は、「大津のヘースケ」と呼ばれる伝説の三助・朝永平助(火野正平)の孫にして弟子だった。

朝永蘭丸(向井理)は、舌で舐めると全ての成分を分析する事が出来る特殊能力があるため、女性とキスしても好きになれなかったが、朝永平助(火野正平)の葬儀でキスした謎の温泉芸者ミヤビ(広末涼子)からは何も成分を感じず、初めての経験をし、ミヤビ(広末涼子)に魅了された。

以降、朝永蘭丸(向井理)は謎の温泉芸者ミヤビ(広末涼子)を探して全国の温泉旅館をめぐる旅に出る。

ある日、朝永蘭丸(向井理)は、ひょんなことから、甕棺墓光(木村文乃)・宮沢寛治(佐藤二朗)と出会い、3人で1台のおんぼろ車に乗り、謎の温泉芸者ミヤビを探して、全国の温泉を旅していた。

そして、朝永蘭丸(向井理)ら3人は、栃木県奥日光にある秘湯「湯西川温泉」の温泉旅館を訪れ、温泉芸者ミヤビを乗せた車と入れ違いになるが、車がカズ欠で温泉芸者ミヤビ(広末涼子)を逃してしまう。

この湯西川温泉で殺人事件が発生し、朝永蘭丸(向井理)ら3人は不審人物として警察に逮捕されそうになるが、朝永蘭丸(向井理)は舐めると全ての成分を分析する能力を使って捜査を開始する。

そして、朝永蘭丸(向井理)の捜査により、温泉旅館の女将・美鈴(片平なぎさ)と夫が逮捕された。

朝永蘭丸(向井理)ら3人は、逮捕された夫から温泉芸者ミヤビ(広末涼子)がテツトモ温泉ナンデダロウへ行ったことを教えられ、テツトモ温泉ナンデダロウを目指した。

こうして、朝永蘭丸(向井理)ら3人は、行く先々の温泉で事件に遭遇。舌で成分を分析して事件を解決し、ミヤビ(広末涼子)の情報を得ながら、旅を続けていった。

やがて、朝永蘭丸(向井理)らは、ある温泉旅館でミヤビ(広末涼子)に追いつくが、ミヤビ(広末涼子)は殺人事件の容疑者となってしまう。

そのようななか、朝永蘭丸(向井理)はミヤビ(広末涼子)に告白するが、ミヤビ(広末涼子)は香典泥棒で、香典を盗んだ所を朝永蘭丸(向井理)に観られたと思い、朝永蘭丸(向井理)にキスした事を明かす。

神の舌を持つ男-最終回のあらすじと結末ネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク