僕のヤバイ妻-最終回と結末と真犯人の予想

木村佳乃が主演するフジテレビの僕ヤバドラマ「僕のヤバイ妻」の最終回と結末と真犯人(ラスボス)の予想です。

久しぶりにTwitterでつぶやいてくれたり、はてブしてくれた人が居たので、少しは需要があるのかと思い、久しぶりに最終回と結末と真犯人を推理してみる。

なお、僕のヤバイ妻のあらすじとネタバレは「僕のヤバイ妻-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■最終回を推理する上でのポイント

ドラマ「僕のヤバイ妻」を観ていると数多くの疑問点に気づく。しかし、単に意味ありげな演出をしているだけで、伏線は回収されないだろうと思う。

そこで、私はドラマ「僕のヤバイ妻」の最終回と結末と真犯人を推理するうえで、重要なことは、怪しい点をスルーする力だと考え、シンプルに最終回と結末を予想してみた。

スポンサードリンク

■僕のヤバイ妻-最終回と結末と真犯人の予想

私は、ドラマ「僕のヤバイ妻」の第1話を観ていて不思議に思った。望月幸平(伊藤英明)のカフェは、それなりに繁盛しているように見えたので、経営が火の車のようには思えなかった。

経営がヤバイほど客が入っていないのであれば、従業員が「このカフェはヤバイ」と思うはずだが、従業員は望月幸平(伊藤英明)のようになりたいと憧れているので、やはり、それなりに店は繁盛していると考えるのだ妥当だろう。

それなのに、カフェの経営が火の車というのは、何か原因があるのではないか。その原因こそが、ドラマ「僕のヤバイ妻」の真相に違いない。

そこで、私が予想するのが、北里杏南(相武紗季)の横領・着服説である。北里杏南(相武紗季)は愛人・シェフという立場を利用し、カフェの金を横領・着服しているのではないか。

望月幸平(伊藤英明)は、コーヒー以外については完全に馬鹿なので、北里杏南(相武紗季)の横領・着服に気づかない。

しかし、望月真理亜(木村佳乃)は、カフェの税理士を通じて、カフェで不正な金の動きがある事を知った。

そこで、望月幸平(伊藤英明)を守るために、北里杏南(相武紗季)の排除に動いたのではないか。

ドラマ「僕のヤバイ妻」の第1話で起きた自作自演の誘拐事件も、全て北里杏南(相武紗季)からカフェと望月幸平(伊藤英明)を守るために計画したに違いない。

真犯人や黒幕というとニュアンスが違ってくるので、「ラスボス」という表現を使うと、ドラマ「僕のヤバイ妻」の最終回でラスボスになるのは愛人・北里杏南(相武紗季)だと予想する。

実話の矢口真里事件やベッキー事件などを見ても不倫する女性側が叩かれているので、最終回は、望月真理亜(木村佳乃)が愛人・北里杏南(相武紗季)を海に沈めて殺すという結末を迎えると予想する。

僕のヤバイ妻-最終回のネタバレ感想文」へ続く。

僕のヤバイ妻-最終回と結末と真犯人の予想へのコメント

北里杏南は、望月真理亜に家の客人に招かれ北里 本人じしんが、先に仕込んで居た毒の調味料で望月真理亜に毒殺されたので、最終回に北里杏南は登場不可能に成ります

  • 投稿者-
  • 匿名
  • -2016年6月5日