はじめまして、愛しています-原作とあらすじとネタバレ

尾野真千子と江口洋介が出演するテレビ朝日の養子縁組ドラマ「はじめまして、愛しています。」の原作とあらすじとネタバレです。

■はじめまして、愛しています。-原作と主題歌

はじめまして、愛しています。-原作と主題歌
主題歌 槇原敬之の新曲「理由」
原作 原作は無し。遊川和彦のオリジナル脚本
放送局枠 テレビ朝日の木曜日の夜9時枠
放送開始日 2016年7月14日

■はじめまして、愛しています-あらすじとネタバレ

梅田美奈(尾野真千子)は有名な指揮者の娘で、自宅でピアノ教室を開いていた。

ある母は、子供を梅田美奈(尾野真千子)の音楽教室に入学させるが、子供は音楽に興味を待っていなかった。それを悟った梅田美奈(尾野真千子)は「無理に音楽をやらせても上達しない」と言い、アッサリとレッスンを修了してしまう。

怒った母親は梅田美奈(尾野真千子)に罵声を浴びせて帰って行った。すると、梅田美奈(尾野真千子)はトイレに駆け込み、便器に向かって怒りをぶちまけた。

ある日、梅田美奈(尾野真千子)は夫・梅田信次(江口洋介)から、近所のゴミ箱を荒らす不審者が出没するという話を聞かされる。

梅田美奈(尾野真千子)はコンクールの事で頭がいっぱいだったので、気にもしていなかったが、ある日、ピアノのレッスンをしてると、何者かが庭に入ってきた。夫の言っていた不審者か?

梅田美奈(尾野真千子)が恐る恐る様子を見に行くと、なんと、薄汚れた5歳の子供が立っていた。

少年は虐待を受けていたうえ、親が現れないことから養護施設に入ることになったが、数日後、なぜか梅田美奈(尾野真千子)の前に再び現れる。

運命を感じた夫・梅田信次(江口洋介)は、子供を引き取れないかと思い、養子縁組について調べ始まるのだった。

はじめまして、愛しています-あらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク