99.9-刑事専門弁護士-最終回のあらすじと結末ネタバレ

嵐の松本潤が出演するTBSの弁護士ドラマ「99.9-刑事専門弁護士」の最終回「今夜完結!!チーム斑目が挑む最後の難事件因縁の宿敵…秘めた思い…いざ最終決戦」のあらすじと結末ネタバレです。

■99.9-刑事専門弁護士-最終回のあらすじとネタバレ

東京で女性2人が正面から心臓を一突きされて殺されるという連続殺人事件が発生し、石川陽一が逮捕される。現場から石川陽一の毛髪と血痕が検出されていたが、石川陽一は犯行を否認していた。

検事正・大友修一(奥田瑛二)は東京高検検事長に出世する事が決まっており、事件を担当する検事・丸川貴久(青木崇高)に「分かっているな」と圧力を掛けた。

ある日、石川陽一の父親から依頼が来て、深山大翔(松本潤)が石川陽一の弁護を担当することになった。

石川陽一は犯行を自供していたが、深山大翔(松本潤)が接見すると、石川陽一は「僕は何もやってません」と訴えた。連日連夜の取り調べに疲れ、調書にサインしていまったのだという。

いずれの殺害現場にも、石川陽一の毛髪と血痕という物証が残っていたことから、佐田篤弘(香川照之)は「これを覆すためにはアリバイを証明するしかない」と言い、各員に指示を出した。

しかし、深山大翔(松本潤)は「僕にとっては有罪か無罪かは関係無い。知りたいのは事実なんです」と言い、独自の調査を開始する。

深山大翔(松本潤)は、週刊誌で、静岡で起きた殺人事件の記事を目にする。それは東京で起きた連続殺人事件と同様に、正面から心臓を一突きされて殺された事件で、犯人は逮捕されていなかった。

深山大翔(松本潤)は、週刊誌の記事を書いた記者・清水の元を訪れ、「僕と一緒に居れば、良い記事が書けるかもしれないですよ」と持ちかけ、静岡で起きた事件の事を詳しく聞いた。

静岡の事件は強盗の仕業とされていたが、深山大翔(松本潤)は、被害者は正面から心臓を一突きされて死んでいたことから、犯人は強盗ではなく、知り合いで、殺害した後、強盗に見せかけたのではないかと推理した。

一方、佐田篤弘(香川照之)は石川陽一のアリバイを立証するため、石川陽一の証言から、駅のホームの防犯カメラを検証し、石川陽一を発見する。

そして、防犯カメラの映像から、石川陽一が犯行時間に、犯行現場へ行くことは不可能だったことを立証し、公判前整理で石川陽一のアリバイを主張した。

佐田篤弘(香川照之)は「アリバイが崩せる」と言うが、深山大翔(松本潤)は「アリバイを崩せても物証は崩せない。検察によって事実が曲げられることはよくあることです。静岡の事件が起きたとき、石川陽一は拘留中だったので、石川陽一は静岡で事件を起こす事が出来ない。静岡の事件と東京の事件が同一犯だと証明できれば、石川陽一が犯人ではないという決定的な証拠になります」と告げた。

佐田篤弘(香川照之)は呆れるが、深山大翔(松本潤)は「このままではひっくり返されますよ。何度も繰り返してきた」と告げて独自の調査を続けた。

一方、検察が佐田篤弘(香川照之)の主張を検証した結果、佐田篤弘(香川照之)らが主張するように、駅ビルに居た石川陽一が、犯行時刻に犯行現場に行くこと不可能だった。

ところが、刑事部長・稲葉(小市慢太郎)は、担当検事・丸川貴久(青木崇高)に、「物証がある。犯行時間を22時から24時まで広げろ」と言い、訴因の変更を命じた。

犯行時間を24時まで広げれば、駅に居た石川陽一が犯行時間までに犯行現場へ行くことができるのである。

担当検事・丸川貴久(青木崇高)はえん罪の可能性があると動揺するが、検事正・大友修一(奥田瑛二)は「検察官は処罰を請求するだけだ。間違いだと思えば、裁判官がちゃんと判断してくれる」と命じた。

その後、裁判所が担当検事・丸川貴久(青木崇高)の訴因変更を受け入れ、佐田篤弘(香川照之)は驚く。これで、佐田篤弘(香川照之)が主張したアリバイの立証は崩れてしまった。

佐田篤弘(香川照之)は「お前は検察という国家権力を盾に1人の人間を死刑に追い込むかもしれないんだぞ」と怒るが、担当検事・丸川貴久(青木崇高)は「私は厳選公平、不偏不党を旨として職務を行ったまでです」と答えて立ち去った。

事務所に戻った佐田篤弘(香川照之)は「深山(松本潤)は、こうなることが分かっていたかのような事を言っていた」と話すと、斑目春彦(岸部一徳)は「深山君(松本潤)の父親の事件と似てるんだ。彼の父親も犯行時間にアリバイを証明する人が見つかり、公判で証言してもらった。しかし、検察は今回と同様、犯行時間の訴因変更を行った」と教えた。

その後、佐田篤弘(香川照之)は深山大翔(松本潤)に協力を申し出て、殺害された3人の共通点を探り、3人は5年前の同時期に勢羽総合病院に入院していた事が判明した。

当時の入院名簿から、殺された3人は同室に入院していた事が判明。その部屋にはもう1人・加藤薫が入院していた事も判明する。加藤薫は現在、海外赴任中で、来週、来刻すことになっていた。

加藤薫は海外に居たから、殺されずに済んだのか?

深山大翔(松本潤)らは帰国した加藤薫から話を聞くと、加藤薫は病室であった事件を教えた。

加藤薫の病室で院長・高山が入院中の田中の体を触る事件があり、田中は院長・高山を訴えると言ったのだが、結局、事件は示談になったのだという。

そして、その院長・高山というのが現在の高山都知事で、体を触られた田中は高山都知事の選挙スタップをしていた。そして、何者かに殺害された。

さらに、連続殺人事件の犯人として逮捕された石川陽一も、3ヶ月前に人間ドックで勢羽総合病院に入院していたことが判明する。

深山大翔(松本潤)は勢羽総合病院を訪れ、看護婦から、3ヶ月前に院長が石川陽一から採血した血液を盗んだ事を聞き出す。

その後、深山大翔(松本潤)は高山都知事の元を訪れ、5年前に入院中の田中にわいせつな行為をしようとしたと指摘し、その証人として加藤薫を連れてきた。

さらに、深山大翔(松本潤)は週刊誌の記者・清水に情報を流しており、高山都知事のわいせつ事件の記事が週刊誌に掲載されることになっていた。

佐田篤弘(香川照之)も、田中は選挙スタッフとして高山都知事に近づき、「病室に居た人が証言する」と言い、金を要求したたため、高山都知事が田中かを殺害したのではないかと指摘した。

高山都知事は「現場に犯人の毛髪と血液があったんだろ」と反論するが、深山大翔(松本潤)は「髪の毛と血液を入手できる人間が1人居る。石川陽一の人間ドックを担当した貴方です」と言い、「貴方が血液を盗んだ所を見た看護師がいました」と指摘した。

すると、高山都知事は崩れ落ちた。

その後、裁判は進み、深山大翔(松本潤)は最後の裁判で「この事件は既に真犯人が捕まり、その罪を全て認めているため、石川陽一が無実なのは明らかです。ですが、石川陽一の無罪が確定しても生活が元通りになるわけではありません。何もなかった平穏な日々。過ぎ去った時間を取り戻すことはできません。今回の事件は刑事裁判で最も大きな罪とされるえん罪事件です。えん罪事件は多くの人を不幸にします」と話した。

そして「日本の裁判における有罪率は99.9%です。なぜ、このような高い有罪率が出るのでしょうか?それは、国家権力である検察が起訴を決めたら、誰もが疑わないからです。本当にそうでしょうか?我々はそこに隠されているかもしれない本当の事実を見逃してはならない」と指摘した。

その後、裁判官は石川陽一に無罪を言い渡し、無罪を勝ち取った石川陽一は泣き崩れた。

裁判の後、深山大翔(松本潤)は検事正・大友修一(奥田瑛二)に「事実が見つけられず。真犯人が捕まっていなかったら、石川さんは貴方たちにころされていたかもしれない」と告げる。

しかし、大友修一(奥田瑛二)は「我々、検察は被告人の犯罪を証明する立場だ。我々の努力の結果、有罪になったら、裁判所が判断したということだ。我々が殺したなどとは聞き捨てならない。心外だよ」と答えた。

深山大翔(松本潤)は「裁判所の判断に大きなバイアスを描けるのは貴女たちだ」と告げると、大友修一(奥田瑛二)は「君は勘違いをしている。我々は被害者のために犯罪を犯した人間を許すことは出来ない。この社会の正義を全うする使命がある」と答えた。

深山大翔(松本潤)は「正義とか使命とか、100人居たら100通りの考えがあるようなものは僕は信じないですよ。ある日突然、僕は父を奪われた。その日を堺に、全てが一変した。アンタのその歪んだ正義とやらで何人の人生を狂わせるんだよ。えん罪被害で加害者にされた人間も犯罪の被害者なんだよ。僕はその立場に立って、ずっと弁護を続ける、貴方が貴方の正義を貫くのであれば、僕は事実だけを信じ、貴方の前に立ち続けます」と告げた。

深山大翔(松本潤)の父親をえん罪に追い込んだ検事が大友修一(奥田瑛二)だったのである。

ある日、東京地検は、石川陽一を誤認逮捕した事を謝罪する。大友修一(奥田瑛二)は東京高検検事長に内定していたが、今回の一件で内定が取り消されてしまったのであった。