好きな人がいること-あらすじとネタバレ後編

桐谷美玲が主演するフジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」の第1話のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「好きな人がいること-あらすじとネタバレ」からの続きです。

■好きな人がいること-あらすじとネタバレ後編

その日の夜、次男・柴崎夏向(山崎賢人)が店へ行くと、櫻井美咲(桐谷美玲)が厨房でケーキを作っていた。

ちょうど、ケーキが出来上がったところで、櫻井美咲(桐谷美玲)は「食べて欲しい」と言ってケーキを持ってきたが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「喰うわけないだろ」と言い、ケーキを払いのけたので、ケーキが床に落ちてグチャグチャになってしまった。

櫻井美咲(桐谷美玲)はもう1度ケーキを作ろうとしたが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「喰わなくても分かる」と吐き捨てた。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「味も見ないで決めつけるなんて、あんた、それでもシェフ?」と激怒すると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は突然、櫻井美咲(桐谷美玲)にキスをした。

櫻井美咲(桐谷美玲)が「何なの?」と動揺すると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「キスがしたかったんだろ?満足したら、さっさと出て行け」と告げた。

怒った櫻井美咲(桐谷美玲)は、次男・柴崎夏向(山崎賢人)にビンタすると、「バカにしないで」と言い、店を飛び出したが、唇に残る感触に困惑してしまう。

その後、長男・柴崎千秋(三浦翔平)が店「Sea Sons」にやってきて、「櫻井(桐谷美玲)は来てないか?」と尋ねると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「出て行ったんだろ。あんな奴、ウチには必要ない」と答えた。

長男・柴崎千秋(三浦翔平)は、グチャグチャになったケーキを見て、何があったかを悟る。

そして、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は、厨房にあった櫻井美咲(桐谷美玲)の研究ノートを読んで、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に「おまえさ、何にも分かってないな」と呆れて、櫻井美咲(桐谷美玲)を追いかけた。

その後、仕込みを終えて帰ろうとした次男・柴崎夏向(山崎賢人)は、櫻井美咲(桐谷美玲)の研究ノートに気づき、ノートを読んで、櫻井美咲(桐谷美玲)が店の看板メニュー「オムバーグ」に合わせてケーキを作った事を知る。

次男・柴崎夏向(山崎賢人)はグチャグチャになったケーキを食べると、自分が間違っていたことに気づき、店を飛び出し、櫻井美咲(桐谷美玲)を探しに向かった。

さて、櫻井美咲(桐谷美玲)は駅に居たが、電車に乗らずにボンヤリしていると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)が「帰ろう。夏向(山崎賢人)なら今頃間違いに気づいているよ」と迎えに来た。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「違うんです。夏向さん(山崎賢人)は悪くないんです」と言い、5つ星ホテルで働いていたのは嘘で、本当は小さいケーキ屋で働いていたが、1ヶ月前にクビになった事を打ち明け、心境を告白した。

ケーキを作るしか取り柄が無いのに、そのケーキすら認められなくて、何も無い自分が情けなくて。長男・柴崎千秋(三浦翔平)に誘われて本当に嬉しくて舞い上がっていた。

そんな気持ちを次男・柴崎夏向(山崎賢人)に見透かされた。全て自業自得なのだ。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「バカみたいですよね、私。何やってるんでしょうね」と言って泣くと、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「俺は分かってるから。櫻井の仕事に情熱とプライドを持ってるところろか。ちょっと不器用なところも。ちゃんと分かってるから。そんな櫻井だからこそ、居て欲しいんだよ」と言い、バイクに乗せて連れて帰った。

櫻井美咲(桐谷美玲)を探していた次男・柴崎夏向(山崎賢人)は、長男・柴崎千秋(三浦翔平)のバイクに乗っている櫻井美咲(桐谷美玲)を見て帰宅する。

その日の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は部屋のベッドで横になりながら、次男・柴崎夏向(山崎賢人)にキスされた唇の感触を思い出していた。

すると、部屋の外で音がしたので、出てみると、廊下に夜食のおにぎりが置いてあった。

櫻井美咲(桐谷美玲)は台所へ行き、しゃがんでいた男性を長男・柴崎千秋(三浦翔平)だと思って、おにぎりを絶賛して礼を言うが、男性が立ち上がると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)だった。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「人違いって気づいてたら言うでしょ。無神経」と罵倒すると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「無神経はお前だろ。抹茶のクレームダマンドが甘すぎる。オムバーグに合わせるなら、もっと神経を使え」とケーキを批判した。

櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)がケーキを食べた事に驚いていると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は櫻井美咲(桐谷美玲)に店の鍵を渡し、オープン前の掃除と閉店後の掃除を命じた。

櫻井美咲(桐谷美玲)は認められたことを喜んだが、「許したわけじゃ無いからね。今度、あんな事(キス)をしたらぶっ飛ばすから」と告げた。

しかし、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「あんな事って?」と言い立ち去った。

翌朝、櫻井美咲(桐谷美玲)は寝坊してしまい、慌てて店に向かうと、既に次男・柴崎夏向(山崎賢人)が厨房に来ていた。

櫻井美咲(桐谷美玲)は直ぐにケーキ作りに取りかかろうとしたが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)から「お前が厨房を使って良いのは、営業前と営業後だけ」と言われ、食材の買い出しを命じられた。

櫻井美咲(桐谷美玲)が買い出しに出た後、西島愛海(大原櫻子)が店「Sea Sons」に尋ねてきた。

次男・柴崎夏向(山崎賢人)が「まだオープン前です」と告げたが、客ではなさそうだったので「何ですか?」と尋ねると、西島愛海(大原櫻子)は「何でも無いです」と言って店を飛び出した。

一方、買い出しに向かっていた櫻井美咲(桐谷美玲)は、長男・柴崎千秋(三浦翔平)が知らない女性・高月楓(菜々緒)と楽しそうに歩いていたので、後を追いかけると、2人は結婚式場へと入ったので、腰を抜かしてしまうのであった。

好きな人がいること-第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク

好きな人がいること-あらすじとネタバレ後編へのコメント

柴崎夏向(山崎賢人)と柴崎冬馬(野村周平)が間違ってますよ
確かSNS観て嫌悪感を抱いたのもケーキをグチャグチャにしたのもキスしたのも柴崎夏向(山崎賢人)だったと思います

  • 投稿者-
  • 通りすがりのドラマ好き
  • -2016年8月9日

ご指摘ありがとうございます。一部で名前が入れ違っていたので訂正しました。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2016年8月9日