仰げば尊し-あらすじとネタバレ後編

寺尾聰が主演するTBSの吹奏楽部ドラマ「仰げば尊し」のあらすじとネタバレの後編です。

このページは「仰げば尊し-あらすじとネタバレ」からの続きです。

原作のあらすじとネタバレは「仰げば尊し-原作「ブラバンキッズ」のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■仰げば尊し-あらすじとネタバレ後編

さて、樋熊迎一(寺尾聰)は知り合いの音楽教室に頼み、発表会の最後に美崎高校吹奏楽部も出場できるようにしてもらった。しかも、美崎高校吹奏楽部は最後の大トリだった。

一方、青島裕人(村上虹郎)ら不良グループは、学校で生徒に無理矢理チケットを売りつけ、お金を集めていた。

それを知った樋熊迎一(寺尾聰)は「音楽で稼ぎたいのなら、自分たちで稼いでみろ。もう一度、ステージに上がってみろ。ギターは弾けなくてもサックスなら吹けるぞ」と言い、不良グループの1人1人に適した楽器を教えた。

樋熊迎一(寺尾聰)は「自分でぶちこわした物は、自分じゃなきゃ治せない。俺にはよく分かる。お前達は若いんだから、いくらでもやり直せる。俺と一緒に新しい夢を見てみないか」と言って手を差し出すと、青島裕人(村上虹郎)は「ウゼーな」と言い、チケット販売で集めた金を渡して立ち去った。

さて、吹奏楽部の指導を始めた樋熊迎一(寺尾聰)は、部員に「練習が終わった後に、何でもいいから、感じたことを書いてください」と言い、練習ノートを渡した。

さらに、樋熊迎一(寺尾聰)は練習ノートの表紙に「響け、美崎サウンド」と書き、「合奏で一番難しいのは全員のの音が1つにすること。みんなの音が1つになれば、君たちを見ていてくれる人へ必ず届くはずです。それが、私たちの目指す美崎サウンドです」と話した。

練習ノートを受け取った有馬渚(石井杏奈)は「先生のサックスを聞いてみたい。プロの演奏が聴きたいです」と頼んだが、樋熊迎一(寺尾聰)は「それより、演奏会の曲を考えてきました」と言い、練習を始めた。

練習が進み、発表会の前日、樋熊迎一(寺尾聰)は「君たちは口と指を使って演奏しているが、本当に聞かせたいのは君たちのハートだ。音楽は心で奏でるもの。大丈夫。明日はきっと良い演奏になる」と話した。

しかし、翌日、演奏会に現れたのは部長・有馬渚(石井杏奈)だけだった。他の部員はいつまでたっても現れず、有馬渚(石井杏奈)はみんなを呼びに行った。

結局、美崎高校の演奏時間になっても部員は誰1人現れず、美崎高校吹奏楽部の演奏は中止となった。

夜遅くなって樋熊迎一(寺尾聰)が会場を出ようとすると、部長・有馬渚(石井杏奈)が肩を落として戻ってきた。

樋熊迎一(寺尾聰)が「何があったんだ」と尋ねると、部長・有馬渚(石井杏奈)は昨夜の夜、青島裕人(村上虹郎)ら不良グループに脅された事を明かした。

樋熊迎一(寺尾聰)の経歴を調べた青島裕人(村上虹郎)らは、樋熊迎一(寺尾聰)がプロを辞めた理由はコンクールをドタキャンしたからだと言い、吹奏楽部の部員に「音楽から逃げた。そんな人間に音楽を教わるのか?明日言ったヤツはぶっ殺す」と脅したのだという。

それを聴いた樋熊迎一(寺尾聰)は「私のせいだ」と謝罪すると、部長・有馬渚(石井杏奈)は「私は、ここに来るのが怖かった。どうせ恥をかくだけだって。みんなもきっと、先生を言い訳にしただけで、本当はここに来る勇気が無かったんだと思う。音楽室で吹いているだけで満足してて。本当は誰かに聞いて欲しいのに」と泣いた。

翌日、青島裕人(村上虹郎)ら不良グループは「あのじいさん、どうしてるかな。俺なら恥ずかしくて来られない」と話ながら登校すると、「ただいま吹奏楽部員を募集中です」と言い、樋熊迎一(寺尾聰)の校内放送が聞こえてきた。

さらに、樋熊迎一(寺尾聰)は校内放送で「昨日来なかった部員も音楽室に来るように。もうドタキャンは辞めましょう。それから、青島裕人(村上虹郎)ら5人もくるように」と告げた。

青島裕人(村上虹郎)らが音楽室に入ると、音楽室で樋熊迎一(寺尾聰)がサックスを吹いていた。オーネット・コールマンの曲だった。

樋熊迎一(寺尾聰)は「すまなかったな、。実はお前達と一緒で、音楽から逃げていた。5年前に交通事故に遭って、サックスが思うように吹けなくなった。どうしても納得できなくてステージに立てなくなってしまった」と打ち明けた。

そして、樋熊迎一(寺尾聰)はコールマンについて教えた。オーネット・コールマンは貧しい家庭に育ったが、独学でサックスを学んでフリージャズという独自の分野を切り開いた。

樋熊迎一(寺尾聰)は「コールマンに習って、夢を見ようと思う。今の夢はここに居る全員に夢を持ってもらうこと」と言い、青島裕人(村上虹郎)に入部届を差し出すと、青島裕人(村上虹郎)は拳を握りしめた。

樋熊迎一(寺尾聰)は「殴っても何も変わらんぞ。とことん付き合うから一緒にやってみないか。広い世界に飛び出してみないか。夢中になれる物を見つければ、卒業だって意味があるものになる。俺に面倒を見せさせてくれないか」と頼んだ。

すると、青島裕人(村上虹郎)は「じゃ、その広い世界戸やらを見せてくれよ」と言った。

部長・有馬渚(石井杏奈)はその言葉に喜んだが、青島裕人(村上虹郎)はイスを窓に投げつけてガラスを割り、「入るわけないだろバーカ」と言い立ち去ったのであった。

仰げば尊し-第2話のあらすじとネタバレ」へ続く。