ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子-第3話のあらすじとネタバレ

佐々木希が出演するフジテレビのドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の第3話「洋館美女連続殺人…奪われた完全美」のあらすじとネタバレです。

原作のあらすじとネタバレは「ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子-原作のあらすじとネタバレ」ご覧ください。

■ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子-第3話のあらすじとネタバレ

中島保(林遣都)が「貴女はどうしてそれほど策人事件の犯人に興味を抱いてるんですか?」と尋ねると、藤堂比奈子(波瑠)は「自分を知りたいからです。このナイフ、いつもカバンの奥に仕舞ってあるんです。イザという時のために」と答えた。

中島保(林遣都)が「自分の手で殺害したいと?」と尋ねると、藤堂比奈子(波瑠)は「結果的に正当防衛で殺すかもしれないという意味です」と答えた。

中島保(林遣都)が「怖くないんですか?」と尋ねると、藤堂比奈子(波瑠)は「怖いという感情が理解できないので」と答えた。

すると、中島保(林遣都)は「恐怖だけではなく、感情も理解できないと…」と驚いた。

藤堂比奈子(波瑠)が「私のこと、いつから気づいてたんですか?」と尋ねると、中島保(林遣都)は「貴女の同僚が殺された現場でお会いした時からです」と告げた

普通の人を装って演技していた藤堂比奈子(波瑠)は、「上手くなったつもりでしたけど、分かる方には分かるんですね」と答えた。

ある日、幽霊屋敷と呼ばれる廃墟で4体の死体が見つかった。遺体は体の一部が切り取られており、赤いドレスやエプロンやネグリジェなどが着せられていた。

鑑識の結果、赤いドレスは高級ブランドだったが、それ以外はタグが付いておらず、製造元は不明。さらに、衣類は犯人が用意しており、被害者は殺害された後、衣類を着せられたということになる。

それを聞いた藤堂比奈子(波瑠)は「興味深い」とつぶやいた。

さて、捜査に出た藤堂比奈子(波瑠)と倉島敬一郎(要潤)は、虐められていた少女・吉田遙香と出会い、さらに、クリーニングの配達をしていた佐藤都夜(佐々木希)と出会う。

少女・遙香が幽霊屋敷や自宅の近くで雨合羽のお化けを見た事を明かすと、佐藤都夜(佐々木希)は吉田遙香の母・吉田佐和に「ちゃんと警察に相談したの?ストーカーのこと」と尋ねた。

藤堂比奈子(波瑠)は吉田遙香の母・吉田佐和からストーカーについて尋ねると、母・吉田佐和は「私、バレー教室のインストラクターの他に、クラブのホステスをしてて、そこの客で1人ひつ請い客が。でも、店の売り上げになるから、大ごとにしたくなくて」と話した。

さて、幽霊屋敷で起きた殺人事件の犯人の手がかりは赤いドレスしか無く、倉島敬一郎(要潤)は「赤いドレス以外は犯人の手作りの可能性があるのでは」と考えたが、鑑識は「縫製もしっかりしており、個人のレベルとは思えない」と話した。

そこで、藤堂比奈子(波瑠)は「犯人は殺害後に衣類を着せたのですよね?どうして、あんなに体にフィットした服を用意できたのでしょうか?恋人でも正確なサイズなんてわかりませんよ。デザイナーでもないかぎり」と疑問を呈した。

さて、石上妙子(原田美枝子)の司法解剖の結果が出る。石上妙子(原田美枝子)は1人目は絞殺で突発的な殺人だったが、それ以降は作業になっていると話した。

幽霊屋敷連続殺人事件のことを話し終えると、石上妙子(原田美枝子)は藤堂比奈子(波瑠)に、これまでに起きた奇妙な自殺の件で新しい発見があったことを教えた。

自宅で死んでいた強姦殺人犯・宮原、留置所で自殺した大友、東京拘置所で死んだ鮫島の3人は、頭部のMRIを撮影すると、いずれも同じ部分に脳腫瘍が出来ていたのだという。

さて、厚田巌夫(渡部篤郎)は、第2話で起きた冷凍遺体殺人事件の犯人をプロファイリングで的中させたことから、ハヤサカメンタルクリニックの医師・中島保(林遣都)に幽霊屋敷連続殺人事件のプロファイリングを要請した。

さて、幽霊屋敷連続殺人事件で殺された女性の身元の調査も進み、殺された女性がストーカー被害にあっていたことが判明し、ストーカー永山が容疑者に浮上した。

吉田佐和もストーカー永山からストーカー被害を受けていたことから、藤堂比奈子(波瑠)は吉田佐和に被害届を出させ、警察はストーカー永山を取り調べた。

ところが、吉田佐和が急に被害届を取り下げた。ストーカー永山はお金を積んで吉田佐和と示談を成立させ、吉田佐和に被害届を取り下げさせたのだ。

その後、吉田佐和が何者かに襲われて拉致されたため、警察はストーカー永山を追った。

一方、藤堂比奈子(波瑠)は佐藤都夜(佐々木希)に自動車で送ってもらっていたが、佐藤都夜(佐々木希)に睡眠薬を飲まされて眠ってしまう。

さて、警察は、Nシステムの情報を元にストーカー永山を追跡し、幽霊屋敷でストーカー永山を発見したが、既に死んでおり、吉田佐和も居なかった。

ところが、Nシステムの情報は犯行時刻よりも2時間前だと判明。さらに、中島保(林遣都)のプロファイリングでは、犯人は女性で、ごく親しい人間ということだった。

それを知った東海林泰久(横山裕)は、藤堂比奈子(波瑠)が居ない事に気づき、佐藤都夜(佐々木希)が犯人だと気づき、中島保(林遣都)と共に藤堂比奈子(波瑠)を助けに向かう。

一方、藤堂比奈子(波瑠)が目覚めると、手足を縛られていた。何者かに拉致された吉田佐和も縛られていた。

幽霊社式連続殺人事件の犯人は佐藤都夜(佐々木希)で、佐藤都夜(佐々木希)は殺害した女性の体の一部の皮膚を集め、ボディースーツを作ろうとしており、吉田佐和を殺害して背中の皮膚を剥ぎ取り、藤堂比奈子(波瑠)からも顔の皮膚を剥ぎ取ろうとしているのだった。

ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。