好きな人がいること-最終回のあらすじと結末ネタバレ

桐谷美玲が出演するフジテレビの月9ドラマ「好きな人がいること」の最終回(第10話)のあらすじと結末ネタバレです。

第9話のあらすじとネタバレは「好きな人がいること-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■好きな人がいること-最終回のあらすじと結末ネタバレ

櫻井美咲(桐谷美玲)は、長男・柴崎千秋(三浦翔平)と次男・柴崎夏向(山崎賢人)の2人から告白された。

しかし、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は、櫻井美咲(桐谷美玲)と次男・柴崎夏向(山崎賢人)の絆を感じとり、身を引いて櫻井美咲(桐谷美玲)を応援した。

その日の夜、櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)に交際をOKを告げたが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に「俺はもう、お前の事が好きじゃ無くなった」と言われてしまった。

翌日、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はコラボイベント「ダイニングアウト」を成功させたことから、雑誌の取材を受ける事になる。さに、有名な料理評論家の渡瀬健一がレストラン「Sea Sons」に来ることになった。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「私何か気に障ることをした?理由を聞かせてくれないかな?」と尋ねるが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「気が変わった。忙しいんだ、仕事に集中さえてくれ」と言って立ち去った。

その日の夜、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は櫻井美咲(桐谷美玲)から振られた事を打ち明けられる。

すると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)の元を訪れ、「美咲(桐谷美玲)から聞いた。俺に気を遣ってるのなら…」と言ったが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「そんなんじゃない」と会話を打ち切った。

翌日、次男・柴崎夏向(山崎賢人)が雑誌の取材を受けていると、櫻井美咲(桐谷美玲)の電話が鳴った。コラボイベント「ダイニングアウト」を担当していた敏腕プロデューサー大橋尚美(池端レイナ)からの電話だった。

櫻井美咲(桐谷美玲)は大橋尚美(池端レイナ)に呼び出されて会いに行くと、大橋尚美(池端レイナ)からと言われ、ニューヨークの老舗パテスリーで働かないかと持ちかけられた。

大橋尚美(池端レイナ)は、コラボイベント「ダイニングアウト」で櫻井美咲(桐谷美玲)のデザートを認めたのだ。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「これからもSea Sonsで働く」と断ったが、大橋は「今後のキャリアになる」と言い、考えるように告げた。

その後、櫻井美咲(桐谷美玲)がレストラン「Sea Sons」に戻ると、パテシエの面接に来たという女性が居た。

次男・柴崎夏向(山崎賢人)は新しいパテシエを雇うのだといい、女性の面接を始めたため、櫻井美咲(桐谷美玲)はショックを受ける。

長男・柴崎千秋(三浦翔平)は何も聞いていないと驚くが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)の意思は堅そうだった。

その後、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は大橋尚美(池端レイナ)から、櫻井美咲(桐谷美玲)にニューヨーク行きを勧めたが、「これからもSea Sonsで働きたい」と断られた事を教えられる。

そして、大橋尚美(池端レイナ)は長男・柴崎千秋(三浦翔平)に「櫻井さん(桐谷美玲)の成長を考えると良い機会だと思うんです。夏向さん(山崎賢人)に相談したら賛成してくれました。あと、新しいパテシエを紹介して欲しいと頼まれました」と話した。

一方、櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)に「ちゃんと説明して。新しいパテシエのこと。仕事のことと恋愛は別でしょ。仕事に感情を持ち込まないで」と詰め寄るが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「勘違いするな。店のために優秀なパテシエを雇っただけだ」と言われてしまう。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「今まで一緒にやってきたのに、なんで」と驚くと、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「仕事に個人的な感情を持ち込むなっていったのはお前だろ」と答えて立ち去った。

ショックを受けた櫻井美咲(桐谷美玲)は翌日、長男・柴崎千秋(三浦翔平)に「大橋さんからニューヨーク行きを勧められてるんです。夏が終わってからもシーンズで働きたかったんですが、力不足だと言われたんです。だから、目の前にチャンスがあるなら、挑戦してみたいんです」と言い、退職を願い出た。

その後、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)に会いに行き、「本当に不器用だな。お前らしいけど。行かせていいのか?」と告げると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は素っ気なく「別にいいだろ」と答えた。

事情を知った三男・柴崎冬真(野村周平)は「行かせていいのか?」と憤慨するが、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「誰かのために、必死に自分の気持ちを我慢してる夏向(山崎賢人)なんて見た事無い。尊重してやるべきだ」と話した。

こうして、櫻井美咲(桐谷美玲)はニューヨーク行きを決意し、手続きをした。

ある日、レストラン「Sea Sons」に東村了(吉田鋼太郎)が現れ、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に、「櫻井美咲(桐谷美玲)が明日、ニューヨークに発つそうですね。実は君の料理と彼女のデザートに魅了されましてね。この店だけじゃ無く、君達2人も欲しくなりましてね、今、彼女に居なくなられると困ってしまう。君が成長できたのは彼女のおかげ。君にとっても大きな損失になる。今すぐ引き留めろ。失ってから公開しても遅いんですよ」と告げた。

その日の夜、柴崎家で櫻井美咲(桐谷美玲)の送別会を行う。次男・柴崎夏向(山崎賢人)は盛り上げようとするが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は何も言わずにジュースを飲んでいた。

三男・柴崎冬真(野村周平)は「顔に思いっきり寂しいって書いてあるよ。美咲ちゃん(桐谷美玲)に言いたいことはないの?」と促すが、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「明日の仕込みがある」と言い、レストラン「Sea Sons」へ行ってしまった。

有名な料理評論家の渡瀬健一がレストラン「Sea Sons」に来ることになっており、次男・柴崎夏向(山崎賢人)にとっても明日は大事な日だった。

このため、櫻井美咲(桐谷美玲)は笑顔で次男・柴崎夏向(山崎賢人)を送り出したが、送別会が終わって部屋で1人になると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)と一緒に撮った思い出の写真を見て、次男・柴崎夏向(山崎賢人)と過ごした楽しい日々のことを思い出した。

翌日の早朝、櫻井美咲(桐谷美玲)は何も言わずに出て行こうとしたが、長男・柴崎千秋(三浦翔平)と三男・柴崎冬真(野村周平)が見送りに来てくれた。

三男・柴崎冬真(野村周平)が「夏向(山崎賢人)は?」と尋ねると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「部屋を見たけど居なかった」と教えた。

そのころ、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はサーフボードを抱えて浜辺を歩いており、浜辺で写真を撮影してる女性見て、初めて櫻井美咲(桐谷美玲)と出会った時の事を思い出していた。

さて、櫻井美咲(桐谷美玲)は最後にレストラン「Sea Sons」へ行き、厨房で次男・柴崎夏向(山崎賢人)のことを思い出した後、空港へと向かっていると、サーフィンを終えた次男・柴崎夏向(山崎賢人)と出会う。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「サーフィンしてたんだ。元気でね」と別れを告げると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「ああ」と答えた。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「ああ、しか言えないの?私、ニューヨークへ行くんだよ。もう一生会えないかもしれないんだよ。贈る言葉的なのはないの?」と呆れると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「別に無い」と答えた。

櫻井美咲(桐谷美玲)は「あんたって最後の最後まで冷たい人だね。これまで、何度も口の中にガビョウを入れてやろうかと思った」と呆れたが、最後は「でも、アンタのおかげで、ありえないくらい楽しい夏だった。こんな夏はさ、もう2度と過ごせないよね、きっと。バイバイ」と言って笑顔で立ち去った。

次男・柴崎夏向(山崎賢人)は、ただ、無言で立ち去る櫻井美咲(桐谷美玲)を見送った。

その日、有名な料理評論家の渡瀬健一がレストラン「Sea Sons」にやってきた。次男・柴崎夏向(山崎賢人)は店の威信を背負い、オムバーガーを作り始めた。

そのとき、次男・柴崎夏向(山崎賢人)が皿を取ると、皿の下から、「ありがとう。直接、言えなくてゴメン」と書いたメモとレストラン「Sea Sons」の鍵で出て来た。櫻井美咲(桐谷美玲)が残していったメモだ。

長男・柴崎千秋(三浦翔平)が異変に気づき、「どうした?」と尋ねると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「兄貴、ゴメン。俺…」と告げた。

全てを察した長男・柴崎千秋(三浦翔平)は、次男・柴崎夏向(山崎賢人)に1枚の紙を差し出し、「急げば間に合うんじゃない?後のことは心配するな。後は任せろ。いいから行け。」と笑顔で告げた。

紙には櫻井美咲(桐谷美玲)が乗る飛行機の便が書いてあり、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「ゴメン」と謝ると、店を飛び出した。

三男・柴崎冬真(野村周平)が「で、どうするの?兄ちゃんのことだから、何か考えがるんでしょ?」と尋ねると、長男・柴崎千秋(三浦翔平)は「ノープラン」と言って笑った。

その頃、櫻井美咲(桐谷美玲)は空港のラウンジで、次男・柴崎夏向(山崎賢人)を取材した雑誌の記事を見ていたが、時間が来たため、搭乗ゲートに向かおうとしていた。

さて、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はタクシーに飛び乗って空港に駆けつけるとが、櫻井美咲(桐谷美玲)の姿は見当たらなかった。走って、走って走り回っていると、櫻井美咲(桐谷美玲)を発見する。

櫻井美咲(桐谷美玲)は次男・柴崎夏向(山崎賢人)を見て「今日は大事な日なのに、なんでここに居るの?馬鹿じゃないのアンタ?」と驚くと、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「馬鹿はお前だ。なんだ、その服は」と言って呆れた。

櫻井美咲(桐谷美玲)は、搭乗ゲートに向かっていたが、ソフトクリームをもった子供がぶつかってきて、ソフトクリームで服が汚れたため、いったんロビーの方に引き返していたのだ。

しかし、そのとき、飛行機の搭乗検査締め切りのアナウンスが流れ、櫻井美咲(桐谷美玲)は未練を感じながらも、「私、行かなきゃ」と言い、搭乗ゲートへと向かおうとした。

次男・柴崎夏向(山崎賢人)は櫻井美咲(桐谷美玲)を抱きしめ「お前が好きだ。俺がずっと側に居てやる」と告げた。

櫻井美咲(桐谷美玲)が「でも、私、今からニューヨークに…」と告げると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はキスで口を塞ぎ、「お前がどこに居ようと関係無い。俺が側に居てやるって言ってるんだ。だから、お前もずっと側に居ろ」と言って再び抱きしめた。

すると、櫻井美咲(桐谷美玲)は「側に居る。ずっと側に居る」と言って次男・柴崎夏向(山崎賢人)を抱き返した。

次男・柴崎夏向(山崎賢人)は再び、櫻井美咲(桐谷美玲)にキスをして抱きしめた。

その年のクリスマス、次男・柴崎夏向(山崎賢人)はニューヨークに居る櫻井美咲(桐谷美玲)に会いに行く。

櫻井美咲(桐谷美玲)が「店は上手くいってる?」と尋ねると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は「ああ」と答えた。

櫻井美咲(桐谷美玲)が「久しぶりに会ったんだから、なんか話すことがあるんでしょ?」と呆れると、次男・柴崎夏向(山崎賢人)は櫻井美咲(桐谷美玲)の手を取り、「つべこべ言わずに付いてこい」と言って歩き出したのであった。

スポンサードリンク