砂の塔-あらすじとネタバレ

菅野美穂が主演するTBSのドラマ「砂の塔-知りすぎた隣人」の第1話「華やかなタワーマンション妻達を襲う幼児失踪事件…美しき最凶の隣人」のあらすじとネタバレです。

■砂の塔-知りすぎた隣人-あらすじとネタバレ

佐々木弓子(松嶋菜々子)は、赤く染まった浴槽を洗っていた。さらに、赤く染まった子供服が床に落ちている…。

ある日、高野亜紀(菅野美穂)一家は、50階建てタワービルの25階に引っ越してきた。部屋の中や廊下など、至る所にカメラがあり、セキュリティーが万全の超高級タワーマンションだった。

そして、マンションのエントランスを入って左側が2階から24階までのエレベーターで、エントランスを入った右側が25階から50階までのエレベーターだった。

高野亜紀(菅野美穂)らの部屋は25階なので、右側の高層階用のエレベーターに乗って大はしゃぎする。

高野亜紀(菅野美穂)の夫・高野健一(田中直樹)はケータリング会社で働く平のサラリーマンで、お金持ちというわけではなかったが、部屋の持ち主が急に現金が必要になったということで、高野亜紀(菅野美穂)らは幸運にも1500万円も安く部屋を手に入れられたのだ。

長男の高野和樹(佐野勇斗)は高校生で、5歳の長女・高野ソラ(稲垣来泉)は幼稚園という幸せそうな4人家族は、タワーマンションの25階で新生活を始めることになる。

翌朝、高野亜紀(菅野美穂)は長女・高野ソラ(稲垣来泉)を幼稚園バスに乗せるため、1階へ降りていくと、母親達はみんな綺麗な服を着ていた。

高野亜紀(菅野美穂)は慌ててエプロンを外して、「おはようございます。みなさん、しずく幼稚園の方ですか」と挨拶すると、橋口梨乃(堀内敬子)が「しずく幼稚園はアッチですよ。ここは栄西幼稚園です」と教えてくれた。

しずく幼稚園のバスに集まる母親達は地味な格好だったが、栄西幼稚園のバスに集まる母親はみんな綺麗に着飾っていた。

高野亜紀(菅野美穂)が「失礼しました」と頭を下げて、立ち去ろうとすると、阿相寛子(横山めぐみ)が「昨日引っ越してきた方ですよね?ロビーでアレだけ大きな声を出されていれば、嫌でも目立つもの。上野のアメ横でカメラをぶら下げている外国人かと思ったわ。ロビーはスカイグランドタワーのお顔ですから、お気を付けて」と笑った。

さらに、尾野綾香(ホラン千秋)が「上層階って自慢げに言うのはどうなんですか?ウチは主人が高所恐怖症なので、あえて2階にしてるんです」と言い訳をした。

高野亜紀(菅野美穂)は「そういうわけでは」と釈明しようとしたが、尾野綾香(ホラン千秋)は「あら、いやだ、私、忘れ物。こういうときは2階はすぐに戻れるから便利なのよ」と言ってタワーマンションの中に消えていった。

すると、阿相寛子(横山めぐみ)は「なんだかんだ言って、低層階の人ほど気にしてるのよね、私たち、右側の人は全然、気にしてないのよ」と尾野綾香(ホラン千秋)をバカにした。

エントランスを入って左側のエレベーターは2階から24階までなので、低層階の住人を「左側の人」、エントランスを入って右側のエレベーターは25階から50階までなので高層階の住人を「右側の人」と呼ぶのだ。

上層階ほど部屋の値段が高くなるので、ある程度の生活水準が分かる。だから、部屋の階数が名刺代わりになっているのだという。

45階の橋口梨乃(堀内敬子)が「上手くやってね。ママが嫌われると子供もお友達が出来ないからね」と教えると、高野亜紀(菅野美穂)は肝に銘じた。

さて、世間では幼児3人が失踪するという事件が起きていた。現場には、人型に広げられた衣服と黄色いカーネーションが残されており、同一犯人による事件と考えれていた。

公開捜査に切替えて捜査を開始したが、犯人から身代金の要求もない。一連の事件はネット上で「ハーメルン事件」と呼ばれ、話題になっていた。

ハーメルンとは、笛吹きの男が子供を町から消してしまうと言う童話で、子供が次々と失踪したことから、その童話に準えて、ハーメルン事件と呼ばれていたのだ。

ハーメルン事件を捜査する刑事・荒又秀美(光石研)は、「でも、なんで黄色なんだ。カーネーションと言えば赤だろ」と疑問を持っていた。

さて、高野亜紀(菅野美穂)が1階のロビーへ降りていくと、佐々木弓子(松嶋菜々子)から「すみません、ちょっと手を貸して貰えませんか」と声を掛けられた。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は両手に一杯の花を持っており、落ちた一輪の華が拾えずに困っていたのだ。

高野亜紀(菅野美穂)は落ちていた一輪の華を拾って渡し、「ずいぶん、沢山のお花ですね」と驚くと、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「自宅でフラワーアレンジメントをやってるの」と教えた、

佐々木弓子(松嶋菜々子)が「1ヶ月前に引っ越してきたの。よろしくね」と挨拶すると、高野亜紀(菅野美穂)は「私も昨日、引っ越してきたんです」と驚いた。

佐々木弓子(松嶋菜々子)には子供は居なかったが、2人は子供の話をして意気投合した。

その後、ママ友たちはキッズルームで談笑する。商店街の仮装イベントに子供達を参加させ、その後、バーベキューをするのが恒例なのだという。

明日、みんなでランチをしながら、ハロウィンパーティーの打ち合わせをするということで、高野亜紀(菅野美穂)もランチに誘われた。

そこへ、配達に来た運送会社の「二の腕君」が通りかかり、「二の腕君」が挨拶すると、阿相寛子(横山めぐみ)らは「二の腕君」を観てキャーキャーと喜んだ。

「二の腕君」は、イケメンで上腕二頭筋が汗で輝いており、タワーマンションに住むママ友の間で人気なのだという。

阿相寛子(横山めぐみ)らが「二の腕君」の事でキャーキャーと騒ぐなか、尾野綾香(ホラン千秋)は下を向いて、ほくそ笑んでいた。

一方、隣のキッズルームでおやつを食べていた子供達の間にも、階層のヒエラルキーが存在しており、50階に住む阿相寛子(横山めぐみ)の息子が幅を利かせていた。

その後、高野亜紀(菅野美穂)は高野ソラ(稲垣来泉)を連れて買物に出たとき、2階の尾野綾香(ホラン千秋)がトラックの中で「二の腕君」とイチャイチャしているのを目撃してしまう。

高野亜紀(菅野美穂)は、見てはいけない物を見てしまったと思い、コッソリと立ち去ろうとしたが、高野ソラ(稲垣来泉)が尾野綾香(ホラン千秋)に声をかけてしてしまった。

翌日、高野亜紀(菅野美穂)がランチ会に参加すると、オーガニック専門のケータリングという豪華なランチだった。高野亜紀(菅野美穂)はランチ会に参加したが、会費が5400円だと教えられ、慌てて財布を確認する。

そのとき、高野亜紀(菅野美穂)は、尾野綾香(ホラン千秋)から声を掛けられた。

尾野綾香(ホラン千秋)は「この前の事、内緒にしてくれる?言わないよね?友達でしょ」と詰め寄り、高野亜紀(菅野美穂)は思わず、「うん」と約束した。

さて、ランチが始まり、みんなの自慢話が続くなか、佐々木弓子(松嶋菜々子)が遅れてやってきた。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は子供は居ないが、ニューヨーク生まれなので、ハロウィンをアメリカ式の飾り付けるように頼まれていたのだ。

高野亜紀(菅野美穂)が「ニューヨーク生まれ?凄いなー」と羨ましがると、阿相寛子(横山めぐみ)が「そういえば、亜紀さん(菅野美穂)は、お生まれは?」と尋ねた。

高野亜紀(菅野美穂)が口ごもって困っていると、佐々木弓子(松嶋菜々子)が「そうだ。亜紀さん(菅野美穂)、フロントにお客様が来ていたわよ」と助け船を出した。

高野亜紀(菅野美穂)はフロントに行くと、母・三田久美(烏丸せつこ)が「三田久美(烏丸せつこ)がこのマンションに住んでるでしょ。どうして教えられないの」とフロントで騒いでいた。

高野亜紀(菅野美穂)は慌てて母・三田久美(烏丸せつこ)を連れ出すと、「何しに来たの」と怒った。

母・三田久美(烏丸せつこ)は「まだ怒ってるの?お父さんが死んだ後、アンタを置いて男と逃げた。でも、しょうが無かったの。借金取りから逃げるためだったんだから」と釈明した。

高野亜紀(菅野美穂)はお金を差し、「これが欲しいんでしょ。もう私たちに関わらないで。二度と来ないでください。お願いします」と頭を下げると、母・三田久美(烏丸せつこ)はお金を受け取り、「また来るよ」と言って立ち去った。

さて、子供3人が連続で行方不明になったハーメルン事件は、1件目の母親はネグレストで夜遊び三昧、2件目の母親はギャンブル依存症、3件目の母親は男と浮気をしており、母親に問題があるという共通点が浮かび上がった。

ハーメルン事件の共通点に気付いた刑事・荒又秀美(光石研)は、「黄色いカーネーションの花言葉は『軽蔑』。犯人の目的は軽蔑すべき母親を罰すること」と推理した。

さて、高野亜紀(菅野美穂)が高野ソラ(稲垣来泉)を連れて上の部屋に引っ越しの挨拶に行くと、偶然にも真上の部屋に住んでいたのは佐々木弓子(松嶋菜々子)だった。

佐々木弓子(松嶋菜々子)の部屋には手作りのプリザーブドフラワーがあり、佐々木弓子(松嶋菜々子)はプリザーブドフラワーをプレゼンしようとしたが、高野亜紀(菅野美穂)は「こんな高価な物を」と遠慮した。

佐々木弓子(松嶋菜々子)はフラワーアレンジメント教室を開いており、夫が海外赴任中で時間があるのため、キッズのアレンジ教室も開いているのだという。

高野亜紀(菅野美穂)は「凄いわ」と感心するが、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「そんなことないわ。ちゃんと子育てしてるお母さんの方がずっと凄い」と答えた。

そして、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「タワーマンションには何千人の人が住んでるでしょ。住み心地はとても良いけれど、何時も見られているような気がして。でも、逆に言えば、それだけ沢山の人に見守られているってことだから、あんな事件が起きる心配が無いわ」と話した。

高野亜紀(菅野美穂)が「ハーメルン事件のことですか。本当に怖いですね」と答えると、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「大丈夫よ。母親がちゃんと見守って、ちゃんと子育てしていれば」と告げた。

さて、阿相寛子(横山めぐみ)らママ友は子供を体操教室に通わせており、高野亜紀(菅野美穂)も長女・高野ソラ(稲垣来泉)を連れて見学に行く。

ママ友は、体操教室のイケメンコーチ生方航平(岩田剛典)が目当てなのだという。

しかし、高野亜紀(菅野美穂)はコーチ生方航平(岩田剛典)を見て驚き、急に用事を思い出したと言い、体操教室を出た。

高野亜紀(菅野美穂)に気付いたコーチ生方航平(岩田剛典)が追いかけてきて、「もしかして、蒲田クリーニングの亜紀さんですか?」と呼び止めたが、高野亜紀(菅野美穂)は「人違いじゃないですか」と言い、立ち去った。

砂の塔-知りすぎた隣人-あらすじとネタバレ後編」へ続く。

スポンサードリンク

コメントを投稿する