IQ246-華麗なる事件簿-黒幕13(M)の正体のネタバレ予想

織田裕二が主演するTBSのドラマ「IQ246-華麗なる事件簿」の黒幕・真犯人となる黒幕13(M)の正体のネタバレ予想です。

■黒幕13(M)の正体

ドラマ「IQ246-華麗なる事件簿」の第1話の犯人・早乙女伸(石黒賢)は、メールの指示で事件を起こしていた。そのメールを送った黒幕が「13」を名乗っていた。

そして、法門寺沙羅駆(織田裕二)によると、「13」はアルファベットの13番目の文字を指しており、13は「M」という意味なのだという。

では、黒幕の13こと「M」は誰なのだろうか。

黒幕の13こと「M」の正体は、名前から簡単に推理する事ができる。

探偵役の法門寺沙羅駆(織田裕二)は「しゃらく」で、シャーロック・ホームズをもじっている。

お目付役の和藤奏子(土屋太鳳)は「わとうそうこ」で、ワトソンをもじっている。

こうして、名前から推理すると、黒幕の「M」は、シャーロック・ホームズの敵として登場するモリアーティ教授に相当する可能性が大きい。

では、モリアーティ教授にあたる登場人物は誰かと推理すると、モリアーティ教授役は監察医の森本朋美(中谷美紀)と考えられる。

つまり、13を名乗ってメールで完全犯罪を指図していた黒幕「M」の正体は、森本朋美(中谷美紀)と考えられる。

■黒幕13(M)の目的

黒幕の13(M)こと森本朋美(中谷美紀)は、自分と張り合えるライバルを求めており、これまでにも全国で完全犯罪を指南してきた。

おそらく、昭和51年に起きた完全犯罪「伊勢エビフライ殺人事件」の黒幕も、森本朋美(中谷美紀)もしくは母親が指南した完全犯罪の1つだろう。

森本朋美(中谷美紀)は、刑事・山田次郎(宮尾俊太郎)から、死体を一目見ただけで、自分と同じ推理をした法門寺沙羅駆(織田裕二)の事を聞き、法門寺沙羅駆(織田裕二)に興味を持って、早乙女伸(石黒賢)に完全犯罪の指南をしたのではないか。

■森本朋美(中谷美紀)の正体

森本朋美(中谷美紀)は、法門寺沙羅駆(織田裕二)の異母兄弟、つまり、腹違いの妹だと予想できる。

法門寺家の長男は代々、IQ246という超頭脳を遺伝で引き継ぐが、長男以外も何らかの超能力(スペック)を引き継いでいると考えられる。

たとえば、異母兄弟の法門寺瞳(新川優愛)は、熱い紅茶を平気で飲めるスペック(超能力)を引き継いだのだろう。

おそらく、森本朋美(中谷美紀)も法門寺沙羅駆(織田裕二)の異母兄弟で、完全犯罪のスペック(特殊能力)を引き継いでおり、完全犯罪を指南しているのではないか。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

IQ246-華麗なる事件簿-黒幕13(M)の正体のネタバレ予想へのコメント

多分13=Mって言う織田裕二の台詞はミスリードで1=ひと 3= み で、実は妹の瞳が黒幕でファイナルアンサー。 Mが絡むとしたら、妹は異母兄妹の設定やから母方の名字かも。 登場人物が歴史上の人物から拝借した名字が多いから裏切りのイメージから松永(久秀)か?

  • 投稿者-
  • 俺のとは違うな
  • -2016年11月6日

■俺のとは違うなさんへ
13で「ひとみ」ですか。面白い説ですね。第3話・第4話で名前が登場した「マリア・T」が13(M)に繋がるのか、というのが今後のポイントになりそうな感じです。

  • 投稿者-
  • 管理人
  • -2016年11月7日

「森本が黒幕」説も「瞳が黒幕」説も、実は彼らや視聴者にそう思わせるためのブラフなのでは?という気がする。

だいたいそれらの推理はちょっと考えればすぐに浮かびそうなものばかりで、物語においては一方を奏子、もう一方を賢正の推理として披露するが沙羅駆の到達した推理はそのどれでもなく…

という展開のほうがずっと有り得る気がする。

  • 投稿者-
  • 後藤多彦
  • -2016年11月14日