嘘の戦争-原作とあらすじとネタバレ

草なぎ剛が主演するフジテレビの詐欺ドラマ「嘘の戦争」の原作とあらすじとネタバレです。

■嘘の戦争-原作と主題歌

嘘の戦争-原作と主題歌
主題歌 無し
原作 後藤法子のオリジナル脚本
放送局枠 フジテレビの火曜9時枠(関テレ枠)
放送開始日 2017年1月10日

今作「嘘の戦争」は、2015年1月期にフジテレビ火曜日10時枠(関テレ枠)で放送したドラマ「銭の戦争」の脚本を手がけた後藤法子のオリジナル脚本で、「~の戦争」シリーズの第2作となる。

また、草なぎ剛はスマップ解散後の初主演ドラマとなる。

■嘘の戦争-あらすじとネタバレ

30年前、千葉陽一(草なぎ剛)は9歳のとき、両親と弟が2人組みの男に殺害された。

千葉陽一(草なぎ剛)は何度も「犯人を見た」と証言したが、警察は「父親は一家心中を図って自殺した」と言い、千葉陽一(草なぎ剛)を嘘つき呼ばわりした。

千葉陽一(草なぎ剛)は、警察が用意した嘘を認めるまで退院できず、みんなから嘘つき呼ばわりされて地獄のような日々を過ごした。

そして、ついに千葉陽一(草なぎ剛)は警察が用意した嘘を認め、泣きながら「どうせ嘘ばかりの世界なら、騙す方になってやろう。騙して騙して騙し抜く」と誓ったのであった。

その後、成長した千葉陽一(草なぎ剛)は、タイのバンコクへと渡り、一ノ瀬浩一(草なぎ剛)という偽名で日本人を騙す詐欺師として活躍していた。

そのようななか、新たなカモを探していた一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は、タイの空港で左腕に痣のある五十嵐久司(甲本雅裕)を目撃する。

その痣は、30年前に両親を弟を殺害した犯人と同じだった。一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は両親と弟を殺害した犯人に出会ったのだ。

一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は全てを捨ててタイへと渡っていたが、両親と弟を殺された恨みは忘れて居らず、犯人・五十嵐久司(甲本雅裕)に復讐するため、日本へと帰国したのであった。

さて、父を殺害した犯人・五十嵐久司(甲本雅裕)は、慶明医科大学の准教授で、父の同僚だった。

そして、犯人・五十嵐久司(甲本雅裕)の背後には、医療機器メーカー「ニシナコーポレーション」の会長・二科興三(市村正親)が存在していた事が判明する。

一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は、犯人・五十嵐久司(甲本雅裕)を追い詰め、事件の真相を聞き出す。

父は知ってはいけないことを知り、警察に行こうとしたのだが、警察に行かれては、みんなは都合が悪いため、会長・二科興三(市村正親)の命令で犯人・五十嵐久司(甲本雅裕)が父を殺害したのだった。

しかし、犯人・五十嵐久司(甲本雅裕)は単なる実行犯に過ぎず、父が何を知り、警察へ行こうとしていたかまでは知らなかった。

一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は、会長・二科興三(市村正親)に近づくため、タイ時代の詐欺の相棒・十倉ハルカ(水原希子)を日本に呼び寄せ、ニシナコーポレーションに潜入させた。

会長・二科興三(市村正親)はガードが堅く、会う事は難しかったので、会長・二科興三(市村正親)の子供に接触することにした。

次男の二科隆(藤木直人)は優秀で、ニシナコーポレーションの社長を務めていた。

長男の二科晃(安田顕)は、バカで、次男・二科隆(藤木直人)によってニシナコーポレーションの子会社に飛ばされており、次男・二科隆(藤木直人)と確執があった。

長女の二科楓(山本美月)は、兄2人とは母親が違い、慶明医科大学で医師として働いていた。

一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は、怪我を装って医師の長女・二科楓(山本美月)に近づく一方で、ハーバード大学の経営コンサルタントとして長男・二科晃(安田顕)に近づき、長男・二科晃(安田顕)の信頼を勝ち取っていた。

しかし、ニシナコーポレーションの社長を務める次男・二科隆(藤木直人)は、非常に用心深く、一ノ瀬浩一(草なぎ剛)を信用しなかった。

一ノ瀬浩一(草なぎ剛)は、バカな長男・二科晃(安田顕)をおだて上げ、ニシナコーポレーションのパーティーで、会長・二科興三(市村正親)に面会する事に成功するのであった。

嘘の戦争-あらすじとネタバレ

スポンサードリンク

コメントを投稿する