砂の塔-知りすぎた隣人-地獄のハロウィン事件

岩田剛典が出演するTBSのハーメルン事件ドラマ「砂の塔-知りすぎた隣人」の第3話「ついに犯人現る…ハロウィンにまぎれた仮面の男」のあらすじとネタバレ後編です。

このページは「砂の塔-知りすぎた隣人-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■砂の塔-知りすぎた隣人-第3話のあらすじとネタバレ後編

さて、高野亜紀(菅野美穂)は、居酒屋で酔いつぶれて寝込んでいる生方航平(岩田剛典)を起こして店から連れ出すと、生方航平(岩田剛典)は「優しいね。お礼にこれをあげる」と言い、高野亜紀(菅野美穂)に熊の縫いぐるみを渡した。

生方航平(岩田剛典)は、毎日のように、怪我をした体操教室の女の子の病室へと通い、「信じていれば絶対に治る」と励ましていた。

昨日、その女の子は手術を受けたが、体操はもうできず、女の子は泣きながら生方航平(岩田剛典)に「先生は嘘つきだ。信じていれば治ると言ったのに。希望なんて持たなければ良かった」と言ったのだという。

生方航平(岩田剛典)は「これが俺です。何にも出来ない。誰も救えない。暑苦しいだけのただの酔っ払い」と嘆くと、高野亜紀(菅野美穂)は「私は救ってもらったよ。引っ越してきてから、落ち込んでばかりだったけど、航平君(岩田剛典)が私を救ってくれた」と励ました。

生方航平(岩田剛典)は高野亜紀(菅野美穂)を抱きしめて「なんで結婚しちゃったんだ」と告げると、高野亜紀(菅野美穂)は思わず、生方航平(岩田剛典)を突き放して走り去った。

さて、高野和樹(佐野勇斗)は高野ソラ(稲垣来泉)の元へ向かったが、預かっていた幼稚園のママ友が少し目を離した隙に高野ソラ(稲垣来泉)は居なくなっていた。

高野和樹(佐野勇斗)は高野亜紀(菅野美穂)に電話し、高野ソラ(稲垣来泉)が居なくなった事を告げ、「どこに行ってるんだよ」と怒った。

高野亜紀(菅野美穂)は、急いでハロウィンの会場へと戻り、高野ソラ(稲垣来泉)を探していると、携帯電話に不審じゃ情報が着信した。

覆面をした不審者が幼女に声をかえたという情報だったが、ハロウィンイベントなので覆面をした人だらけだった。

高野亜紀(菅野美穂)は、路上で高野ソラ(稲垣来泉)の縫いぐるみを見つけて動揺し、高野ソラ(稲垣来泉)の名前を呼び続けた。

そのころ、高野ソラ(稲垣来泉)は覆面の男に連れられ、ビルのロッカールームに居た。

覆面の男は高野ソラ(稲垣来泉)に「君はタワマンの子だよね?パパとママはお金持ちだよね?」と言い、大きなトランクを開けた。

そこへ、佐々木弓子(松嶋菜々子)が現れる。佐々木弓子(松嶋菜々子)は覆面の男に「うちの子に何か用でしょうか?」と告げた。

さて、高野亜紀(菅野美穂)はハロウィンの会場で高野ソラ(稲垣来泉)の名前を叫びながら探していると、高野ソラ(稲垣来泉)が「ママー」と言い、駆け寄ってきた。

高野亜紀(菅野美穂)は高野ソラ(稲垣来泉)を抱きしめて「大丈夫?怪我はしてない?」と泣き崩れると、高野ソラ(稲垣来泉)は「弓子(松嶋菜々子)おばちゃんに助けてもらったの」と教えた。

高野亜紀(菅野美穂)が驚いて振り向くと、佐々木弓子(松嶋菜々子)が「ソラちゃん、迷子になっちゃったみたいで、おかしな男に連れ去られそうになってて」と話した。

佐々木弓子(松嶋菜々子)は左腕から血を流しており、高野亜紀(菅野美穂)が驚くと、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「その男に突き飛ばされて。大丈夫よ。大したことは無いから」と話した。

しかし、本当は、佐々木弓子(松嶋菜々子)は自ら覆面の男にナイフで右腕を切りつけられ、負傷していたのだ。

さて、覆面の男は警察に逮捕された。花屋に花を買いに来ていたのは、この覆面の男だったが、これまでのハーメルン事件については容疑を否認した。覆面の男はハーメルン事件の犯人に憧れて犯行に及んだのだという。

さて、高野亜紀(菅野美穂)は、ママ友集団から「どこに行っての?」と責められて答えに困っていると、佐々木弓子(松嶋菜々子)が「イベント用の映像を作ってたんでしょ?編集の仕上げをしてたんじゃないの?ギリギリだと言ってたわよね?みなさん、亜紀さん(菅野美穂)はイベントのために頑張ってたんです。どうか責めないでください」と助け船を出した。

幹事の橋口梨乃(堀内敬子)は「なら仕方ないわよね」と言い、その場を取りなした。

その後、タワーマンションで、バーベキューが行われる。

高野亜紀(菅野美穂)が「どうして、庇ってくれたのですか?なんであんな嘘を?」と尋ねると、佐々木弓子(松嶋菜々子)は「貴女を信じてるから。亜紀さん(菅野美穂)は立派な母親だもの」と答えた。

そのとき、高野亜紀(菅野美穂)が作った子供達を撮影したビデオ映像が流れた。映像の子供達は母親に「ママ大好き」と語りかけており、ママ友の評判も上々だった。

橋口梨乃(堀内敬子)が高野亜紀(菅野美穂)を中央に呼ぶと、みんなが高野亜紀(菅野美穂)に賞賛の拍手を送った。

そのとき、終わったはずのビデオ映像に、続きの映像が流れた。

映像の中で、夫は橋口梨乃(堀内敬子)に「ハーバードってどういうこと?なんでそんな嘘を付くんだ」と呆れると、橋口梨乃(堀内敬子)は「そんな嘘くらい、どうってことないじゃない。夫婦揃ってハーバード大卒ってことにしてるの」と答えた。

夫は「お前はオープンキャンパスに行っただけでしょ?」と呆れるが、橋口梨乃(堀内敬子)は「そんなの誰も分からないわよ」と吐きすてた。

ビデオ映像で嘘を暴露された橋口梨乃(堀内敬子)は、高野亜紀(菅野美穂)に「何なの?これ。隠し撮り?」と怒り立ち去った。

阿相寛子(横山めぐみ)は雑誌の取材を受けており、記者が同伴していたので、高野亜紀(菅野美穂)に顔を潰されたことに怒るが、高野亜紀(菅野美穂)は「違うです。私じゃありません。昨日、編集が終わった時には今の映像はありませんでした。誰かが今日になって手を加えて」と釈明した。

阿相寛子(横山めぐみ)は「よくもそんな嘘を。編集はさっき終わったと言ったじゃない」と指摘すると、高野亜紀(菅野美穂)は「違うんです。あれは…」と言葉に詰まった。

たしかに、娘を誘拐されそうになって責められていた高野亜紀(菅野美穂)は、佐々木弓子(松嶋菜々子)の助け船を受けて、さっきまで映像の編集をしていたことになっていたのだ。

阿相寛子(横山めぐみ)は高野亜紀(菅野美穂)に、「嘘つきは何の始まり?あなたの言う事は、もう誰も信じないわ」と告げた。

一方、警察の調べにより、覆面の男のアリバイが証明され、ハーメルン事件とは関係の無いただの愉快犯だと判明した。では、ハーメルン事件の犯人は誰なのか…。

そのようななか、幼女が行方不明になる事件が発生した。タワーマンション33階に住む3歳の女児で、女児が行方不明になる時の様子が防犯カメラに残っていた。

防犯カメラの映像を見た荒又秀美(光石研)は、「誘拐されたとしたら、考えもつかない手口だ。子供も騒がず、誰にも気付かれない手口だ」と驚いた。

さて、高野ソラ(稲垣来泉)は覆面の男から助けてもらった事を切っ掛けに、佐々木弓子(松嶋菜々子)に心を開いており、佐々木弓子(松嶋菜々子)が手をさしのべると、高野ソラ(稲垣来泉)は笑顔で佐々木弓子(松嶋菜々子)の手を握り、佐々木弓子(松嶋菜々子)と廊下を歩いて行ったのだった。

砂の塔-知りすぎた隣人-第4話のあらすじとネタバレ」へ続く。

スポンサードリンク